2010/01/06

◎昨年、11月から黒点群の出現が活発化し、それに伴い太陽フレアも多くなってきている。
そして、太陽活動の活発化に伴い、世界の火山は目覚めたように噴火活動を始めた。

昨年から、警戒レベルが「4」に引き上げられたフィリピン・アルバイ州の<マヨン山>、年明け1日午後、溶岩が噴出した、インド洋にあるレユニオン島の<フルネーズ火山>、2日早朝噴火した、アフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部ゴマ近郊にある火山<ニャムラギラ山>、2日夜噴火した、南米コロンビア南西部にある活火山<ガレラス>、そして日本では、年明け後も、鹿児島・桜島の爆発的噴火が続いており、24年ぶりの記録更新となる。噴火・寒波と、暮れから年明けに大きな地球ダイナミズムが現われている。

2010/1/6  09:05 更新 宇宙天気ニュースより→新年早々、小型の彗星が太陽に接近し、……動画にしていますのでご覧ください。

◎彗星が太陽に接近すると、CME(コロナガスの噴出現象)と同じような現象(規模は小さくても)が確認できます。彗星近日点が、太陽フレアやCMEと同じように地球に影響を与えると考えています。 毎日の太陽風や、より強いそれらの現象により、太陽から供給されるエネルギーの強弱が地球ダイナミズムの強弱となると考えているのです。寒波・噴火・地震・トルネードなどの地象、気象のエネルギーの源は、太陽から供給されるエネルギーによると考えるのです。そのエネルギーが直接トリガーになったり、高気圧や引力などをトリガーとして解放されてきます。
明日は、下弦。  低気圧が発達している北海道、日本海北部。そして桜島近辺も地震に注意しましょう。          -12:09-

<結果>
★1/6  16:22  浦河沖 M3.1 震度1(道南)
★1/7  05:39  浦河沖 M4.1 震度2(道南、青森)
★1/8  07:59  宮崎県南部山沿い M2.6 震度1