2010/01/05

2010 1/4 09:58 更新 宇宙天気ニュースより→磁場の南北成分は、昨日のニュースの後、半日ほどずっと南向きになっていました。…
◎磁場の南北成分が、南向き磁場のときに地球に影響があります。昨日の南太平洋M7.2の地震は、特異日・ビックトリガー・太陽フレアに加えて、南向きの磁場が長く続いた事も影響しています。地球ダイナミズムは続いています。北京やソウルでは、3日から4日にかけて寒波に見舞われている。中国北部の大寒波で、国家気象センターは、北京の最低気温は5日、マイナス16度に下がるとして、警報を出している。ソウルでは、4日午後2時ごろに積雪が25.8センチとなり、1937年に積雪の観測が始まって以来、最高となった。
◎2009年、11月・12月に、無黒点日数がグンと減ってきました。
2010 1/5 10:35 更新 宇宙天気ニュースより→無黒点日数が10日台前半にまで下がったのは、2年ぶりのことです。
◎太陽の黒点群が続いて現われて来るようになり、火山活動の活発化が目だってきています。7日は下弦。                    -11:49-