2009/12/19

◎太陽活動は、12/13日から南北磁場の強い南向きが続き、14日には1035黒点群が出現した。黒点群の出現に伴って、16日からは中小規模の太陽フレアが数回発生し、CME現象も起きた。15日は彗星近日点、16日は新月のビックトリガーと、厳しい環境を背景に、18日には北関東で震度4の地震が起きた。伊豆半島東方沖では17日から群発地震が発生。今朝も震度3の地震が数回続いている。   太陽活動の活発化-彗星近日点-新月と、地殻に影響を与える条件があり、空には顕著な前兆が観測された。  明日、20日はMF。引き続き、宇宙天気ニュースをみて、太陽活動に注視しましょう。太陽環境との繋がりのなかで、日々の空の観察をしましょう。       -10:29-