2009/11/12

◎日本時間、8日夜から9日朝にかけて磁場の南北成分の南寄りが続き、中規模のオーロラ活動が連続的に発生して地球磁気圏に影響したが、その後の宇宙天気は静穏。15日ころからコロナホールによる磁場変化があれば、地球ダイナミズムはまた活発化する。(磁場の南北成分が北寄りでなく、南寄りの磁場の時だけ、地球磁気圏に影響が出てくる) 宇宙天気ニュースに注視しましょう。                -08:57-