2009/07/29

◎関東甲信越の梅雨明け発表は7月14日だったが、明けてからの方が梅雨らしく雨が降っている。今日も沖縄を除く日本列島全域に傘マークだ。梅雨明けが8月にずれ込み記録的な遅さになる可能性もある。

この原因として、・太平洋高気圧は平年並みの強さだが、九州付近上空に気圧の谷がとどまり、北からの寒気が流れ込んでいる為、前線が北上できない ・今年は太平洋高気圧の勢力が弱く、大陸から寒気を伴った気圧の谷が南下しやすい状態で不安定 ・ペルー沖の海水温が高くなるエルニーニョ現象が6月・7月と起きている事が原因・・・などが伝えられているが、当協会では、7月22日の日食により地球潮汐が起き、地殻から漏れるモノポール量が増え、雲をつくり雨を降らせていると考える。

北九州、山口県付近のエネルギー蓄積が多いエリアは豪雨となった。27日、群馬県館林市で発生した竜巻は住宅など419棟の損壊をもたらした。集中豪雨や竜巻の発生したエリアは晴天高気圧になった頃の地震発生に注意しましょう。今日は上弦。明日30日は彗星近日点。     -11:07-