2009/07/26

22日・25日と彗星近日点。★25日択捉島南東沖を震源とするM4.9(震度1)。21日から山口県の集中豪雨、24日から九州北部に豪雨(福岡県内の5ヶ所での24時間降水量は観測史上最大)、東広島でも25日午前までの24時間雨量は215.5ミリで同市観測史上最大。
22日の日食引力で、エネルギー蓄積ヶ所のモノポールが地殻から多く噴出し、集中豪雨が発生した。低気圧が去った後の晴天高気圧下になった時、このエリアは、日食の地球潮汐による歪エネルギーの解放(地震)に注意しましょう。

…明後日、22日くらいから高速の太陽風がやって来るでしょう。コロナホールの様子から、乱れの規模は小さいと思われます。(2009/7/20 13:20 更新 宇宙天気ニュースより)

…日本時間で22日の夜から、高速の太陽風がやって来ました。…1日ほど経った今夜は500㎞/秒を超えるほどになっています。今回、大きな変化は太陽風の磁場に発生しました。速度上昇の少し前、日本時間で22日の昼頃に20nT近くまで強まったのです。…現在の磁場強度は、5nTに下がっています。今後は大きな変化は起こらないと思われます。(2009/7/23 22:40 更新 宇宙天気ニュースより)

…現在は550㎞/秒となっています。段々と高まって行くという変化になっています。しかし、今回の高速風で特筆すべきは、高速風の立ち上がりに発生した太陽風磁場の大きな強まりでしょう。(2009/7/24 09:55更新 宇宙天気ニュースより)

◎高速風の規模が予想より大きくなり、太陽風の磁場が20nT近くまで強まり、今後大きな変化は起こらないと思われていたのに、翌日段々と高まって行くという変化になった。これは、22日の彗星近日点の影響だと考えている。       -11:17-