2009/07/02

◎USGSを見ると、M5クラスの地震が多発している。
★7月1日09時29分頃(日本時間) キルギスタンを震源とするM5.0
★7月1日18時30分頃(  〃   ) ギリシャ、クレタ島を震源とするM6.4
★7月2日03時58分頃(  〃   ) インドネシア、ニアスを震源とするM5.3
★7月2日05時53分頃(  〃   ) グアム地域を震源とするM5.1
★7月2日06時10分頃(  〃   ) モルッカ海(インドネシア:ラウト島マルク州)を震源とするM5.7

◎環太平洋発生ルートと、少し異なった地震発生であるが、これは7月4日のEF(地球遠日点)の影響と考える。EFの4日を中心に一週間ほどのトリガー日となる。
宇宙天気も、28日18時(日本時間)頃から太陽風磁場が南向きに切り替わって、その後-5nT~-10nTの強い南向きとなり、磁気圏も活発になった。更に29日18時(日本時間)頃には5月9日以来の500㎞/秒台の高速風も短期間だが、やってきている。
                                             -09:57-