2009/06/26

◎現在の台風4号の進路予想を見ると、26日15時には南シナ海北部付近へ達し、28日15時には華中で熱帯低気圧に変わるとなっている。台湾方面への急カーブの進路予想は変わった。これは、25日に台湾付近を震源とするM5.0の地震エネルギーの解放があった事から、この方面の地震エネルギーが少なくなり、台風は進路を取らなくなったと考える。
◎昨日は、加速器〝大山〟からの大放射が青空にひろがり、この大放射は、昨日ほどの勢いでないものの、先ほどまで見られた。これは、相模のエネルギー蓄積を現している。

★6月25日23時04分 大分県西部を震源とするM4.6震度4の地震発生。

太陽風速度の上昇がやって来ました。昨夜、24日23時(世界時24日14時)頃から速度の上昇が始まり、今朝、25日6時(世界時24日21時)頃に、500㎞/秒に達しました。速度の上昇はそこで落ち着いて、その後はゆっくりと下がり始め、現在は460㎞/秒です。・・・今回の太陽風の変化で興味深いのは磁場の変化です。ACEの磁場強度のグラフ(白線)は、24日20時(世界時24日11時)に10nTの強い山、25日3時(世界時24日18時)に20nTの更に強い山を記録しています。速度も密度も、ほとんど変化していないのに、磁場だけが突出して大きく変化しました。(2009/6/25  13:26更新 宇宙天気ニュースより)
                                             -10:28-