2009/04/28

・28日 06時37分頃 茨城県沖を震源とするM4.9震度3の地震。 28日はMN、低気圧も去り西から高気圧に覆われてきた頃の地震発生である。

・ここのところ、静穏傾向であった環太平洋アメリカ側に、4月27日 16時46分頃(世界時間) メキシコを震源とするM5.6の地震が発生した。 今朝のメキシコからのテレビ中継(豚インフルエンザ)で、電波障害で音声が乱れ、中断されている場面もあった。

●WHOは、日本時間28日朝、豚インフルエンザの警戒水準をフェーズ「3」から「4」に引き上げた。「4」は、パンデミック(世界的流行)に結びつく可能性を認定するもの。
第一次世界大戦の最中に広がった20世紀のパンデミック(スペインかぜ)では、世界の人口の約50%が感染したと言われている。
幾度も伝えてきたが、太陽活動を現す黒点周期の長さの異変が、100年ぶりにやってきている。 100年ぶりの太陽活動の異変、100年ぶりの世界的な経済危機、そしてメキシコ発の豚インフルエンザが約100年ぶりに、(スペインかぜ)のような、パンデミックになる可能性も否定できない。100年前より、医学も進んだ。しかし100年前より人々の移動も激しくなっている。
今、我々はあらゆる角度から、人類のターニングポイントに立たされている。     -10:29-