月別アーカイブ: 2020年10月

2020/10/23

18:17

◎9日ぶりの 震度③

10/28 15:58 千葉県北西部 M4.3 ③
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2020
/10/28/2020-10-28-15-58-41.html

前兆雲 ↓
“シャク(佐久)の空から”
http://www.menokami.jp/shakusky.html 

予測日の翌日に

___________
>追記

2020/10/28 12:40更新
宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2020/swnews_2010281240.html 

C4.3の小規模フレア発生…….

 

2020/10/25

07:49

◎10月の台風進路

25日3時❛台風18号❜発生
この後
熱帯低気圧に変わり30日3時には
タイに達するようです。

10月に入り、14号・15号・16号・17号・18号
が発生しましたが、15号からは進路が西寄り
で、ベトナム フィリピンへ上陸しています。

2020/10/23

08:48

急発達する温帯低気圧

23日6時実況 日本海中部付近に在る低気圧の
中心気圧は998hPa。

23日21時予想 サハリン西方沖付近に在る
低気圧の中心気圧は974hPaまで低下。

台風なみに急発達しています。

_______________________

気象庁|天気図
令和2年10月23日 6時
天気図

令和2年10月23日21時の予想
天気図

 

 

 

2020/10/20

07:02

20日-彗星近日点

海外の大地震

10/20 05:55 アリューシャン列島 M7.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2020/10/20
/2020-10-20-05-59-42.html
 

震源要素が訂正され M7.5となりました。

地震情報(2020年10月20日05時55分発生)

______________________________________
❛台風17号❜
20日午前9時にフィリピンの東で台風17号発生。
日本への影響 無し。

2020/10/17

07:44

◎関東甲信 際立つ気温低下

17日6時の天気予報をみると

関東・東海・近畿は11月下旬~12月上旬の寒さ。
東京の最高気温(14℃)は、
釧路(15℃)札幌(17℃)を下回り、全国一番
の冷え込みです。

11月~12月にかけては ラニーニャ現象により
急に寒くなるとされていましたが…..
10月中頃で冬の寒さになりました。

季節外れの目立った気象現象は地殻の異変と
繋がっている事があります。

……………………………………………………………..
 追記>
19日、東海・近畿に
震度③(岐阜県 愛知県 滋賀県)

10/19 03:28 岐阜県美濃中西部 M4.1
震源の深さ 約40㎞
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/
2020/10/19/2020-10-19-03-28-06.html
 

…………………………………………………………….

 

16:31

彗星近日点 と 現 象

10月の「シャク暦」

shaku_shot10_

                   記号説明

1日 東証システムトラブル発生
3日 八丈島東方沖 M6.0
7日 台風14号 7日15時<強い勢力>に
9日 八丈島48時間降水量観測史上1位更新
17日  関東甲信 最高気温15℃以下 冬の寒さ

17日午後3時現在の気温
都心 12.0℃
横浜 12.6℃
さいたま 12.3℃

昨日 同時間 比
6度~7度低くなりました。

 

20日 海外-大規模地震
10/20 05:55 アリューシャン列島 M7.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/
2020/10/20/2020-10-20-05-59-42.html
 

震源要素が訂正され M7.5となりました。

20日 ❛台風17号❜発生

25日 ❛台風18号❜発生
27日 ❛台風18号❜は27日12時に南シナ海
で、強さの2番目の「非常に強い」勢力に
なりました。

 

2020/10/14

07:52

気 象と 地 震

大雨と地震の繋がり

10/13 22:16 八丈島東方沖 M4.6
震源の深さ(約50㎞)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/
2020/10/13/2020-10-13-22-16-11.html
 

10/3 18:31 八丈島東方沖 M6.0
震源の深さ(約70㎞)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/
2020/10/03/2020-10-03-18-31-41.html
 

八丈島では10月9日、48時間降水量が
観測史上1位の値を更新した。
https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2020/10/09/10091.html 

 

台風と地震の繋がり

台風12号は関東の東で停滞したまま その後
温帯低気圧になった。
台風14号は伊豆諸島付近に停滞した後南下、
熱帯低気圧になった。

↑訂正
台風14号は日本の南に停滞し伊豆諸島付近
に接近した後南下、熱帯低気圧になった。

台風14号は(12日9時)に熱帯低気圧に
変わった後(16日3時)現在も小笠原近海で
停滞し続けています。

__________________

10/22 00:20 硫黄島近海 M5.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/
2020/10/22/2020-10-22-00-20-18.html
 

 

台風の進路先/停滞・バラけるエリアは
磁気エネルギーが多く蓄積されている。

(佐々木地震論)

,

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

横浜の異臭騒ぎ、屋外で化学物質を検出
原因は?

東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/61620

神奈川県内では6月以降、同市や横須賀市、三浦市で
異臭騒ぎが続いているが、臭いの原因とみられる物質
を検出したのは初めて…………………..

2020/10/13

12:48

◎太陽の「第25活動周期」

新しい現在の「第25活動周期」の活動度は、
おおむね前周期より低調なサイクルになる
との見方がされていましたが、

9月の黒点相対数の月平均値は(0.7)
無黒点日の日数は26日となっており、
なかなか増えてゆかないようです。

 

❛台  風❜
今年、海面水温は日本の南の太平洋3海域
でかなり高かったが、台風の発生数も強さも
比例して在るわけでなかった。

むしろ、7月中降り続いた梅雨前線
台風14号とほゞ一体化して大雨をもたらした
秋雨前線の影響が大きかった。

台風のエネルギー源は高い海面水温で、
進路は偏西風や周辺の気圧配置による。と
されているが、
今年の台風の強さや進路をみていると
それ以外の要素も多分に含まれているようだ。

>追記
9月30日の「一言」参照ください。

 

 

2020/10/12

09:53

◎太陽活動周期 と 台風発生数

台風の年間発生数は平均26個ほどですが、
今年は少なめに推移しています。
❛台風15号❜は12日3時 熱帯低気圧に
なりました。
_________________

気象庁|台風の発生数  ↓
https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics
/generation/generation.html
 

1951年~2019年の間で最も少ない台風の
年間発生数は
1番) 14個→ 2010年
2番) 16個→ 1998年

 

_________________

*2010年→太陽の 「第24活動周期」の2年目
*1998年→太陽の 「第23活動周期」の2年目

*2020年→太陽の 「第25活動周期」の1年目

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12日午後3時 ❛台風16号❜発生
西寄りの進路 日本への影響は無さそうです。

 

 

2020/10/10

21:06

伊豆諸島 警戒レベル5

台風14号 伊豆諸島 三宅村など
「大雨特別警報」最大級の警戒を

台風14号の影響で伊豆諸島南部で局地的に猛烈な雨
が降り、気象庁は10日夕方、東京の伊豆諸島の
三宅村と御蔵島村に大雨の特別警報を発表しました。
・・・・・・・
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201010/k10012657921000.html?
utm_int=news-saigai_contents_list-items_001

21:50

*変な 秋台風
「台風14号」は まるで秋雨前線と一体化して
いるように見えます ↓

気象庁 天気図
令和2年10月10日18時

天気図

明日の進路予想では 南下して熱帯低気圧になるようです。
珍しい経路です。

2020/10/09

14:37

八丈島 観測史上1位の大雨

tenki.jp
https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2020/10/09/10091.html

日本付近は7日頃から秋雨前線が停滞・・
南からは台風14号が北上・・

台風14号 接近前から 観測史上1位の大雨も

台風の接近前から降り続く雨。原因は台風だけでなく
秋雨前線です。台風から離れている八丈島では、
すでに平年の10月ひと月分に相当する雨が降っていて、
記録的な大雨となっています。

2020/10/07

07:48

秋 雨 前 線 と  「台風14号」

tenki.jp
https://tenki.jp/forecaster/y_higuchi/2020/10/06/10057.html

7日は

秋雨前線の影響を受ける九州南部から
関東は、今夜から広く雨が降りそう。

 

08:39

*10月に入ってから 震源の深さが
<深発、やや深発>   目立ちます。

★10/7 08:02 遠州灘  M4.6 ②
<約310㎞>
★10/6 15:27  岩手県沿岸北部 M4.6 ③
<約100㎞>
★10/5 11:32 茨城県沖  M4.4 ③
<約90㎞>
★10/3 18:31 八丈島東方沖 M6.0 ③
<約70㎞>

↑つづき
★10/8 19:09 父島近海 M4.4 ①
<約120㎞>

2020/10/05

15:31

◎異例の 梅雨 台風   

5日午前9時「台風14号」が発生した。

台風のエネルギー源は高い海面水温だ。
今年、日本近海の海面水温はかなり高く
なっているが、台風の発生ペースは遅い。

上陸した台風もなく、9月迄に台風の上陸
数(0)は11年ぶり。

2020年7月1日~31日、毎日雨を観測した
地点は、<5月~7月>の梅雨の時期>の
過去最多になった。

梅雨時の雨が、広い範囲に長く続く事と
台風になにか関連があるのだろうか?

 

22:56

佐久の夜空は 久しぶりにスッキリと
澄んでいます。
6日の朝、関東は冷え込むようです。

*夜空が澄んで 翌朝冷え込む日は
地震に繋がる事があります。

夕刻 薄い桃色に染まった1本の
細い帯雲が南東←→北東の空に
低く架かっていました。

______________
 北東に 震度③
10/6  15:27 岩手県沿岸北部 M4.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/
2020/10/06/2020-10-06-15-27-49.html
 

 

2020/10/02

15:20

満月の2日 火山性地震増加

浅間山(長野県/群馬県)
2日午前0時ころから火山性地震が増加。
午前0時~4時にかけて急増し、
午前8時迄に197回発生している。
1日は27回、30日は9
噴火警戒レベルは2「火口周辺規制」を継続。
………………………………………………………………


信毎Web ↓
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/
20201002/KT201002FSI090006000.php
 

 

 

 

 

2020/10/01

-13:19-

システムトラブル 発生
東京証券取引所

中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/129789 

東京証券取引所は1日、相場情報の配信に
障害が発生したことから、午前9時からの…..

_________________
*機器の故障とみられているが今のところ
復旧のめどは立っていない。
_________________


特異日期間のシステムトラブル

9月29日→2つの彗星近日点(特異日)
10月1日彗星近日点(特異日)

〇太陽活動活発
29日~30日~今日に入るまで
600㎞/秒の高速太陽風が到来、
磁気圏活動も活発でした。

昨日30日には地震雲も発生しています。
❛シャク(佐久)の空から❜
http://www.menokami.jp/shakusky.html