月別アーカイブ: 2018年4月

2018/04/28

-06:39-
◎29日は2つの彗星が近日点を通過します。大潮トリガーも働きます(30日:満月)。福島県沖、小笠原諸島付近にエネルギー解放がありそうです。

*追記 4/29 -20:12-
北海道東部も30日付近に又、地震エネルギー解放がありそうです。

____________________
>上記予測結果
5月4日の彗星近日点がトリガーになりました。
5/5  15:43  福島県沖 M4.2 最大震度3(福島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180505154341.html

その他のエリアのエネルギー解放はありませんでした。
____________________

と思ったら翌日…
伊豆諸島にM6.0
5/6 15:04 八丈島東方沖 M6.0 最大震度…..
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180506150419.html

5/6  08:15  父島近海 M4.2 最大震度1(東京都 小笠原村)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180506081609.html

2018/04/21

-16:10-
◎20日から太陽風速度上昇、21日に入り600㎞/秒の高速太陽風になっています。http://swnews.jp/2018/swnews_1804211348.html

地震エネルギー解放予測(22日までに)
・北海道東部  M4~5クラス
・埼玉・東京・山梨付近 M4~M5クラス

_____________________
>上記予測結果
・北海道東部- 地震発生なし。・・* (23日、北海道浦河沖でM4.0発生)
・埼玉・東京・山梨付近- 震源は予測より南・東よりでした。

4/21  18:47  千葉県東方沖 M5.1 最大震度3(茨城県 千葉県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180421184726.html

4/22  20:30  新島・神津島近海 M3.9 最大震度3(神津島村)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180422203023.html

4/23  05:49  新島・神津島近海 M4.3 最大震度3(神津島村 新島村)http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180423054939.html
______________________

▲草津白根山
気象庁は22日、群馬県と長野県にまたがる草津白根山の白根山(湯釜付近)で、火山性地震が増加したとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げました。

*追記
上記予測日より1日遅く、震源は南よりでしたが・・・
4/23  22:40  浦河沖 M4.0 最大震度1(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180423224101.html

 

 

2018/04/19

-16:35-
太陽風
4月15日から今日も、300㎞/秒台の低速太陽風が続いています。

20日はMN(月が最近)のトリガー日です。地殻の状況は静穏に推移するようです。

19日15時39分頃、霧島連山・硫黄山で噴火が起き、噴火、警戒レベルが2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げられています。

2018/04/16

-07:37-
◎16日:新月大潮付近のリズム

トカラ列島近海の群発地震
4/15  19:47  M2.7 最大震度1(鹿児島県)の地震発生から、トカラ列島近海を震源とする小地震が現在までに17回続いています。これまでの最大は、M3.6 最大震度3(鹿児島県)です。

ζ関東地方、再び強風
11日、関東地方は強い南風が吹き荒れ、東京都心などでは今年一番の強風(23.2m/s)でした。
14日朝、再び関東地方中心に強風が吹き荒れて、千葉市では、最大瞬間風速(29.6メートル)、横浜市で(27.2メートル)を観測し、2018年で一番の強風に。

北海道、季節外れの大雪
15日、道東を中心に雪が強まり、十勝地方の中札内村上札内では、午後3時までの日降雪量が25センチに達するなど、局地的に大雪になりました。
4月中旬以降に25センチの雪が降るのは、2年ぶりとの事です。明後日以降は一気に春本番!

2018/04/12

-06:29-
◎大分県の土砂災害
熊本地震から約2年、11日午前3時50分頃、大分県中津市耶馬渓町金吉の山の斜面が崩落。裏山の斜面の幅と長さは約200メートル、高さ約100メートルにわたる大規模なものだった。大分地方気象台によると、現地では3月23日以降ほとんど雨は降っておらず、8日~10日は、0.5ミリ以上の降雨観測はされていない。

3月に入ってから、阿蘇山や霧島連山・新燃岳の火山も活動的になっている。4月10日には、大隅半島沖と薩摩半島西方沖にM4の地震が発生した(11日は彗星近日点)。

九州、山陰地方の地殻状態は、不安定さを抱えたままでいる。

2018/04/05

-17:21-
◎霧島連山・新燃岳(宮崎/鹿児島県境)
新燃岳で5日午前3時31分に起きた爆発的噴火は、火口から約5千メートルまで上がり、3月以降の噴火活動で最も高くなった。火山雷も発生した。

付近に小地震
4/5  15:55  天草灘 M3.1 最大震度1(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180405155558.html

:8日は下弦MF(月が最遠)のトリガーが重なります。九州南部の地殻活動に注視しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑ つづき (2018.04.10 記)
4/10  05:09 大隅半島東方沖 M4.0 最大震度2(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180410050930.html
4/10  23:24  薩摩半島西方沖 M4.0 最大震度3(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180410232450.html

2018/04/02

-06:29-
◎4月に近日点を通過する彗星は3個(11日・29日(2個))です。
11月と並び、彗星近日点が最も少ない月です。

29日は、大潮(30日:満月)トリガーと重なります。