月別アーカイブ: 2016年10月

2016/10/29

-12:55-
27日彗星近日点-特異日- ‘失敗の環境’
航空機事故が続きました。
28日午後、米シカゴのオヘア国際空港で離陸の為、滑走中のアメリカン航空機ボーイング767型機から出火事故が起き20人が怪我をしました。

29日、米フロリダ州フォートローダーデールの空港で29日、滑走路に向かって地上走行していた旅客機のエンジンから火が出て、15人が負傷。

明日から大潮(新月:31日)、特異日期間と重なる大潮です。 ‘失敗の環境’は厳しくなっています。注意して行動しましょう。
___________________________
海外で大きな地震が起きました。
10/30  15:40  地中海(イタリア中央部) M 6.6
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161030154000.html
続き
イタリア中部では8月24日にM 6.2、10月26日にはM 5.5とM 6.1の地震が起きており、30日のM 6.6は一連の地震で最も大きな地震で、日本の震度換算で震源地周辺の震度は6強~7程度と報じられています。震源の深さは10㎞で、鳥取県中部の地震とマグニチュード、震源の深さの数字は同じで震度も近い地震でした。

<追記>
◎10月31日午後0時半過ぎ、秋田県秋田市で竜巻らしきものが発生。車の横転や建物に被害が及んだ。

竜巻は地震の前兆現象でもあります。この付近は晴れた頃の地震に注意しましょう。

 

 

 

2016/10/27

-09:50-
27日は彗星近日点です。26日0時頃、太陽風速度が700㎞/秒へと一気に上昇しています。
↓宇宙天気ニュース (10月26日 14:29更新)
http://swnews.jp/2016/swnews_1610261429.html

高気圧が広がっています。関東・東北太平洋側はM 4前後、最大震度3前後のエネルギー解放が予測されます。

____________________________
>> 上記予測結果 <<
★10/27  11:20  福島県沖 M 3.4 最大震度1(福島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161027112024.html

関連画像・・福島県えほのん様より 「雲のスタジオ」画像№3403。

★10/28  14:45  福島県沖 M 3.9 最大震度1(宮城県 福島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161028144517.html

2016/10/26

-07:19-
◎長期噴火活動の沈静化-地震活動活発化
・小笠原諸島・西之島
2013年11月から活発な噴火活動が続いた西之島は、2015年11月以降噴火の確認はされていない。およそ2年間にわたる噴火活動は世界でも珍しく注目されてきた。

・桜島
2009年から活発化してきた桜島は2014年を除き、2015年まで毎年千回を超す噴火が続いていたが、2015年10月から噴火は減少。2016年8月の噴火はゼロ。

現在の太陽の第24活動周期は、2008年12月から始まり、2014年に極大を迎えている。桜島の活動期間とほぼ重なる。
極大ピークを過ぎる頃の2015年末頃に2つの噴火活動は沈静化している。

火山活動の静けさが、大きな地震活動の前段階でなければよいが・・。
太陽の極小期にはコロナホールの生成が活発になり、磁気嵐が続くとされている。これからも列島に地球ダイナミズムのうねりは大きくなりそうだ。

 

2016/10/22

-12:44-
鳥取県中部地震M 6.6 と太陽活動
__________________________
(10月17日~22日までの宇宙天気ニュースを見ると)

10月17日・・・太陽風速度が700㎞/秒台に高まり、C4フレア発生。
放射線帯の高エネルギー電子は10,000に高まっている。

10月18日・・・太陽風の高速状態が続き、高エネルギー電子は10,000を超えた。

10月19日・・・太陽風速度は低下し始めているが、高エネルギー電子は更に増加。

10月20日・・・高エネルギー電子の高まった状態が続いている。

10月21日・・・高エネルギー電子の高まった状態が続いている。

10月22日・・・高エネルギー電子の高まった状態が続いているがゆっくりと減少。

___________________________
大きな地震の前に、放射線帯の高エネルギー電子が急上昇している事例が過去にもあります。

 

2016/10/21

-10:44-
22日彗星近日点、23日は下弦引力日です。
北海道オホーツク付近では低気圧が発達しています。
低気圧が去った頃、北海道南部、東部はM4~5、最大震度3~4の地震、
小笠原諸島付近は、23日頃までにM5前後、最大震度2~3の地震発生が予測されます。

21日午後、熊本地震に次ぐ大きな地震が起きました。
10/21  14:07  鳥取県中部 M6.6 最大震度6弱(鳥取県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161021140724.html

____________________________
>> 上記予測結果 <<
24日6時発表の北海道東部は晴れマークです。
★10/24  05:25  北海道東方沖  M 5.8 最大震度2(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161024052601.html

2016/10/14

-15:00-
◎明日15日彗星近日点、そして大潮(満月:16日)引力日です。
14日、佐久の空にはしっかりした絹雲(巻雲)が東北東・北北東へと向かっています。(「雲のスタジオ」画像№3392 №3393。)

宮城県~岩手県付近は、16日頃までにM4~5、震度3前後の地震発生が予測されます。

______________________________
>> 上記予測結果 <<

★10/16   16:37   宮城県沖  M 5.3  最大震度4(宮城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161016163708.html

★10/16   16:58    宮城県沖    M 4.1  最大震度3(宮城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161016165833.html

2016/10/12

-07:33-
◎10月4日「雲のスタジオ」10月7日「一言」で予測範囲内での、広域に近い地震が12日明け方、北海道で発震。震源の深さは50㎞。

・北日本太平洋側~関東北部の太平洋側

★10/12  04:02  十勝地方南部  M5.0 最大震度3(北海道 青森)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161012040235.html
★10/11   01:00   福島県沖 M4.2 最大震度2(宮城県 福島県)http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161011010053.html
★10/10   07:15   茨城県沖  M4.1 最大震度2(茨城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161010071540.html
★10/9    16:13  茨城県北部 M3.7 最大震度2(宮城県 福島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161011010053.html
★10/9    03:36  釧路地方南部 M4.1 最大震度2(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161009033644.html

・9日は上弦引力日、11日は彗星近日点でした(10月の「シャク暦」参照ください)。

2016/10/07

-07:31-
◎6日は116の観測地点で30℃以上の真夏日でしたが、7日は一気に下がり、平年並みか高い(沖縄~東北南部)平年を下回る(北海道~東北北部)気温のようです。稚内では今シーズン全国はじめての初雪になりました。

7日彗星近日点です。

北日本太平洋側~関東北部の太平洋側は最大震度3ほどの広域地震発生が予測されます。

 

______________________________
>> 上記予測結果 <<     10/8   -13:51- 記

★10/7  08:33  内浦湾 M3.0 最大震度3(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161007083340.html
★10/7  09:14  浦河沖 M4.3 最大震度2(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161007091431.html
★10/7  16:37  茨城県北部 M2.6 最大震度1(茨城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20161007163707.html

広域地震に至らなかったのは、高気圧トリガーが弱かった事、浦河沖M4.3の震源の深さが70㎞で、やや深発地震であった事などが考えられます。

10月4日に上記前兆雲を、「雲のスタジオ」№3379 №3380に投稿してあります。
_______________________________

8日未明、阿蘇山で爆発的噴火

阿蘇山中岳第一火口では、8日01時46分に爆発的噴火が発生し、噴煙の高さは、1万1千メートルに及びました。気象庁は、約2㎞の範囲で噴石飛散の可能性があるとして噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げました。

中岳第一火口での爆発的噴火は1980年1月26日以来、36年ぶりとの事です。