月別アーカイブ: 2016年8月

2016/08/31

-09:18-
◎今年の台風現象

1) 台風1号の発生日
1951年の統計開始以来、過去2番目に遅い(7月3日)に台風1号発生。

2) 北海道へ上陸
8月17日午後5時半ごろ台風7号が、北海道・えりも岬付近に上陸。台風
最初の上陸点が北海道であるのは、1993年の台風11号以来。

3) 8月、台風ラッシュ
8月4日(台風5号発生)~8月19日(台風10号発生)まで、6個の台
が発生。

4) 台風10号の進路-上陸地点-存在日数
8月19日、八丈島近海で発生 → 約1,000キロ南下 → 22日~27日
まで南大東島付近にほとんど停滞・ゆっくり動き → 28日、日本の
南から北東へと15㎞/hで進む →  29日、八丈島付近にUターン、北
東に15㎞/hで進む →  30日午後6時前、岩手県大船渡市付近に上
陸 →  31日午前0時に日本海で温帯低気圧に変わり、75㎞/hで北
西へ進んだ。

: 進路・・・発生した八丈島付近へまた戻っている。

: 上陸地点・・・台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、気象  
庁が昭和26年に統計を取り始めてから初めて。

:存在日数・・・発生から温帯低気圧に変わるまで約12日間でした。

_____________________

北海道、東北地方 -深刻な被害

台風10号と、それから変わった温帯低気圧の影響で大雨となった北海道と東北地方では31日、各地で被害が相次いでいる。

北海道南富良野町や帯広市では川の堤防が決壊、岩手県でも川が増水、氾濫し、死者・行方不明者が出ている。

気象庁によると、北海道では記録的雨量を観測。上士幌町では、29日午前0時から31日午前10時半までに、平年の8月1ヵ月分を大きく上回る328.5ミリの雨が降った。  南富良野町幾寅でも183.5ミリの大雨になった。
  

2016/08/28

-08:24-
◎非常に強い台風10号(ライオンロック)  -8月28日 06:00現在
台風10号は日本の南に在り、北東に15㎞/hで進み
中心気圧(945hPa、中心付近の最大風速(45m/s、最大瞬間風速(60m/s

予報によると、30日頃には東日本~北日本に接近上陸の可能性があるとの事です。

30日は、2つの彗星が近日点を通過します。

今年の二百十日は、8月31日です。防災の日は、関東大震災に因んだものですが、古来より9月1日付近は、台風襲来が多い事から恐れられてきました。

ζ 台風10号の向かう先に震度3
★8/28  05:44  新島・神津島近海 M3.6 最大震度3(東京都神津島村)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160828054439.html

★8/27  22:46  茨城県南部 M4.1 最大震度3(栃木県 埼玉県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160827224637.html

台風は地殻の磁気エネルギーが多く蓄積されているエリアに進路を取ります(佐々木地震論)。

2016/08/26

-10:10-
8月は、今年の彗星近日点最多月で、7月は2番目に多く彗星が近日点を通過しています。 7月からの繰り越しエネルギーもあり、8月の地球ダイナミズムは地象、気象ともに顕著です。

海外では8月12日南太平洋でM7.6、8月19日南大西洋でM7.4の大地震が起きました。つづき、マグニチュードは6クラスですが、大きな被害地震がイタリア中部とミャンマーで起きました。

現地時間24日未明に起きたイタリア中部(M6.2)の地震による死者はこれまでに250人にも上りました。最も大きな被害地となったアマトリーチェの町は壊滅状態です。

ミャンマーで24日夜起きたM6.8の地震により、少なくとも3人が死亡。バガンの仏教遺跡のうち171が地震により損壊。

_____________
海外の大地震 つづき
8/29  13:30  北大西洋 M7.4
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160829132956.html

 

非常に強くなっている
ζ 台風10号(ライオンロック)

・20日、潮岬の南南東で発生した台風10号は21日、日本の南を西南西に進み、23日~26日現在まで勢いを拡大しながら南大東島付近にほとんど停滞状態です。

8月22日15時現在→中心気圧(990hPa) 中心付近の最大風速(23m/s)
最大瞬間風速(35m/s)

8月24日12時現在→中心気圧(960hPa) 中心付近の最大風速(40m/s)
最大瞬間風速(55m/s)

8月26日06時現在→中心気圧(945hPa) 中心付近の最大風速(45m/s)
最大瞬間風速(60m/s)

◎台風10号の発生した潮岬の南南東付近に、26日未明、深発地震が起きました。
★8/26 02:04 鳥島近海 M6.1 最大震度2(神奈川県)震源の深さ490㎞
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160826020549.html

台風10号は、これから進路を東に変え関東に、最強となった台風で上陸の可能性があるようです。

◎台風は、地殻の磁気エネルギーが多く蓄積しているエリアに進路をとります(佐々木地震論)。

台風10号進路と地震発生に注視してみましょう。

2016/08/24

-07:49-
台風9号は、23日正午頃にはオホーツク海で温帯低気圧になりました。

強い台風10号は、22日・23日奄美大島の東付近にほどんど停滞し、24日6時現在では南大東島(宮崎県の真南)の東約180㎞に在り、南西に10㎞/hで進んでいます。

8月は、彗星が近日点を通過する数が今年最多月です。 4日の台風5号発生から11号まで、7つの台風が生まれています(8月の「シャク暦」参照ください)。

台風10号が奄美大島付近にほとんど停滞しているのは、このエリアに地殻の磁気量が多く蓄積されており、台風が引き付けられているからだと考えています。
奄美大島近く、喜界島(奄美群島の北東部)では、1911年6月15日に
M8.0の大地震が起きており、名瀬測候所では震度6相当の揺れがありました。

台風10号の動きに注視しましょう。

<追記> 台風10号付近に震度2
★8/24  07:02  奄美大島北東沖 M4.4 最大震度2(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160824070222.html

___________________________________________________________

* イタリア中部で、日本時間24日午前10時30分にM6.2の地震発生。少なくとも73人死亡。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H8R_U6A820C1CR8000/

* イタリア中部地震の発生から現地時間27日未明で、72時間が経過した。イタリア政府当局は、地震によるが290人になったと発表した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H4C_X20C16A8CR8000/

 

2016/08/21

-10:24-
台風は、エネルギー蓄積エリアに進路をとる(佐々木地震論)。

ζ 台風 (21日6時現在)
9号  父島の西約160㎞に在り、北に40㎞/hで進んでいる。

11号  釜石市の東南東約100㎞に在り、北に25㎞/hで進んでいる。

・10号  日本の南に在り、西南西に15㎞/hで進んでいる。

 

9号、11号の進路先に地震多発

★8/21  01:10  三陸沖 M5.5 最大震度2(青森県 岩手県 宮城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160821011100.html
★8/21  00:58  三陸沖 M5.9 最大震度3(宮城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160821005825.html
★8/20 22:23 浦河沖 M4.1 最大震度3(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160820222314.html
★8/20 18:01 三陸沖 M6.0 最大震度3(岩手県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160820180151.html

つづき ↓

・台風10号は 8月22日3時現在、日本の南に在り、南南西に15㎞/hで進んでいる。

台風10号の進路先に地震
★8/22  02:29   沖縄本島近海 M3.2 最大震度1(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160822023002.html

台風9号の進路先に地震
★8/22  08:13   三陸沖  M5.2 最大震度2(岩手県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160822081333.html
★8/22  15:11  宮城県沖  M5.2 最大震度3(岩手県 宮城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160822151118.html

(台風11号は、22日午前3時、オホーツク海で温帯低気圧になりました)。

◎台風9号は22日午後0時半ころ、千葉県館山市に上陸。

★8/22  13:48   千葉県東方沖 M3.4 最大震度1(茨城県 千葉県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160822134821.html

◎台風10号は22日15時現在、日本の南にほとんど停滞している。

2016/08/19

-20:46-
◎8月は、彗星近日点が9個で、今年最多月です。19日6個目の彗星近日です。 国内で震度4、海外では今月2回目の大地震が発生しました。

★8/19  11:05  熊本県阿蘇地方 M4.3 最大震度4(熊本県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160819110521.html

8/19  16:32  南太平洋 M7.4
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160819163224.html

8月に入ってから台風も次々に発生しています。8月4日の5号発生から、19日午後3時には台風9号が発生し、日本の南にある2つの熱帯低気圧と伴に北上してきます。

北海道は23年ぶりの台風上陸(7号)後も、前線が停滞しつづけ激しい雨に見舞われています。激しい気象現象が一段落し、晴れてきた頃、北海道南部~東部はしっかりした地震発生が予測されます。 多くの台風の進路先になった関東も地震に注意が必要です。

<追記>
上記更新の21分後、関東で震度4

★8/19  21:07  茨城県沖 M5.4 最大震度4(茨城県 栃木県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160819210752.html

2016/08/18

-08:49-
◎今年最初の台風上陸は、北海道

気象庁によると、台風の上陸点が北海道なのは、1993年の台風11号以来とのこと。

以下、テレ朝newsより一部転載 ↓
______________________________

17日夕方、台風7号が北海道に上陸しました。台風の上陸は全国で今年初めてです。台風はその後、温帯低気圧に変わり、オホーツク海に抜けました。

台風7号は午後5時半ごろ、北海道のえりも岬付近に上陸しました。降り始めからの雨量は北海道白老町森野で233.5ミリを観測し、最大瞬間風速も北海道釧路で観測史上1位となる43.2メートルを記録しました。台風7号は午後9時に温帯低気圧に変わり、オホーツク海に抜けましたが、太平洋側では18日も猛烈なしけが予想されます。
_______________________________

台風は地殻の磁気エネルギー蓄積が多いエリアに進路を取る(佐々木理論)。

台風7号が上陸したえりも岬付近と、先月震度4の震源は近距離です。
★7/24  11:51  十勝地方中部 M4.6 最大震度4(北海道浦幌町)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160724115135.html

台風が一段落し晴れた頃、道南~道東は、しっかりした地震に注意。

2016/08/14

-07:43-
◎台風6号
台風6号の、8月14日06:00現在での存在地域は日本の東で、北北西に30㎞/hで進んでいる。

16日は2つの彗星近日点と、大潮(満月:18日)が重なります。

台風の進路先、北海道東部は台風が過ぎ、晴れてきた頃の地震に注意。

2016/08/10

-08:07-
◎フレア活動活発、トリガー日付近に震度4

★8/9  22:48  熊本県熊本地方 M4.0 最大震度4(熊本県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160809224903.html

熊本県熊本地方を震源とする震度4以上の地震発生は、7月9日震度4以来です。

〇太陽フレア
7月26日~8月6日までの12日間で、フレアの発生はCクラスが1回だけでした。

8月7日の彗星近日点から、フレア活動は活発になっています。
7日 → Mクラスフレア(1回)、Cクラスフレア(3回)。
8日 → Cクラスフレア(8回)
9日 → Cクラスフレア(3回)

9日の宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2016/swnews_1608091513.html

〇10日はMF(月が最遠)のトリガー日です。

2016/08/09

-08:00-
◎彗星近日点付近は太陽活動が活発です。

7日の彗星近日点に、2週間ぶりのMクラス中規模フレア(23:35→M1.5)が起きました。

前回M1.9フレアは7月24日でした。24日は2個の彗星が近日点を通過しています。

ζ 台風6号発生
9日6時現在の存在地域は南鳥島近海で、西に15㎞/h、中心気圧は1002hPaです。

10日はMF(月が最遠)と彗星近日点が重なります。11日は上弦引力日です。  千葉県~福島県の太平洋側はこの頃、震度3以上の地震発生が予測されます。

___________________________
>> 上記予測結果 <<
震源が50㎞の少し深めで、震度2でした。

★8/10  14:50  茨城県沖 M3.8 最大震度2(茨城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160810145104.html
★8/12  16:01  福島県沖 M3.8 最大震度1(宮城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160812160205.html
★8/12  23:12  千葉県東方沖 M3.2 最大震度1(千葉県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160812231303.html
★8/13  12:56  福島県沖 M4.0 最大震度2(福島県)←深発地震
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160813125700.html
★8/14  05:15  千葉県南東沖 M5.1 最大震度2(千葉県 東京都 静岡県) ←稍深発地震
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160814051517.html
★8/15  03:49  福島県沖 M4.4 最大震度3(福島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160815034927.html

2016/08/06

-08:02-
◎台風5号の進路

4日午後、マリアナ諸島近海で発生した台風5号は、6日~7日、小笠原諸島に接近。http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/05/news112.html

6日、午前6時現在の存在地域は小笠原近海で、北に20㎞/hで進んでいる。
________________________

・ 台風は、磁気エネルギーが多く蓄積されているエリアに進路をとる(佐々木地震論)。

・ 5日には、硫黄島近海を震源とするM6.3の地震が起きています(8月3日・5日の「一言」参照ください)。

2016/08/05

-07:33-
注視-関東の地震

7月17日から関東地方の地震発生が顕著です(8月3日「一言」参照ください)。

4日、太陽風は600㎞/秒まで上がり、AE指数も最大で1400nTになっています。 4日の宇宙天気ニュース↓(彗星動画も掲載されています)。
http://swnews.jp/2016/swnews_1608041312.html

今日未明、硫黄島近海に範囲の広い地震が起きました。
★8/5  01:24  硫黄島近海 M6.3 最大震度2(東京都小笠原村)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160805012541.html

関東地方は、7日頃まで晴れる予報になっています。7日は彗星近日点です。この付近にまた、しっかりした地震発生が懸念されます。

2016/08/03

-10:56-
注視-関東の地震

7月17日から関東地方に目立った地震が続いています。これまでの最大震度は、27日茨城県北部の5弱です。

★8/3   01:10 千葉県北東部 M4.2 最大震度3
★7/30  16:40  千葉県東方沖 M4.5 最大震度3
★7/27 23:47 茨城県北部 M5.4 最大震度5弱
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160727234725.html
★7/24  13:54 伊豆大島近海 M3.8 最大震度3
★7/24  02:44   伊豆大島近海 M3.4 最大震度3
★7/24  00:59   伊豆大島近海 M3.7 最大震度3
★7/20  茨城県南部 M5.0 最大震度4
★7/19  千葉県東方沖 M5.2 最大震度4
★7/17  茨城県南部 M5.0 最大震度4

* 小笠原諸島の西之島
2013年11月20日の噴火以来、活発な火山活動が続いていた小笠原諸島・西之島は、2015年11月からの噴火の確認はなく、静穏な状態が続いているようですが突発的な噴火の可能性は残っているようです。
小笠原諸島-伊豆諸島の先にある関東地方の地殻活動が活発になっています。

関東地方の地象に十分注視しましょう。

北海道南部~東部、九州南部の地殻活動にも注意が必要です。