月別アーカイブ: 2015年7月

2015/07/30

-08:17-
◎大潮トリガーで、震度3
★7/29  21:34  茨城県南部 M4.0 最大震度3(栃木県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150729213503.html

雌阿寒岳の活発化、雲の流れ込みが多かった北海道東部も大潮期間(31日:満月)要注意。

_______________________
大潮トリガー、福島県に震度3
★7/30  17:16  福島県浜通り M4.2 最大震度3(福島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150730171617.html

_______________________
上記、北海道東部は極小地震でした。
★7/31  23:17  釧路地方中南部 M2.5 最大震度1(釧路市)

2015/07/28

-08:54-
◎台風12号は、26日午後7時頃、長崎県佐世保市付近に上陸。その後北
北東へと進み午後9時には熱帯低気圧になりました。

・火山活動活発化、南部の梅雨前線長期停滞など九州は南部を中心に今後の地震に要注意です。明日から大潮(満月:31日)です。

・7月10日以来の厳しい暑さから解放されホッと一息、灰色の空が広がり涼しい朝の佐久です。

・海外で大地震
★7/28  06:41  ニューギニア付近(インドネシア、パプア) M7.0
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150728064517.html

____________________
<追記>  -17:47-
◎7月28日16時、気象庁は北海道東部の雌阿寒岳の噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げました。

雌阿寒岳は、26日から火山性地震が増え、ポンマチネシリ火口から約500mの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性があるとしています。

地震と火山のエネルギーは同根です(佐々木理論)。北海道東部は地震にも注意しましょう。

2015/07/24

-20:02-
◎台風11号は、7月16日午後、高知県室戸市付近に上陸しています。
彗星近日点と上弦の重なる24日、上陸付近に震度4の地震が起きました。

★7/24  17:53  愛媛県南予 M4.7 最大震度4(愛媛県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150724175342.html

・台風12号は、7月24日20:00現在、南大東島の南約90㎞に在り、西に15㎞/hで進んでいます。 今後の進路に注視しましょう。

台風は地殻の磁気エネルギー蓄積エリアに進路をとります(佐々木理論)。

<追記>
・7月24日、気象庁は「四国地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。昨年より4日、平年より6日遅いです。

 

2015/07/20

-20:05-
◎夕方、1本のプラズマ雲が東北東へ向かっています。北関東~福島県方向です。

台風12号は、20日18時現在、小笠原近海にあり西北西に20㎞/hで進んでいます。これからの進路に注視しましょう。
________________________

>>  上記前兆雲の結果  <<

★7/21  18:16  福島県沖 M5.0 最大震度3(宮城県 福島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150721181702.html

・「雲のスタジオ」 画像№3264(えほのん様)、№3261 №3260 も参照ください。 これからも関東~岩手県付近は、晴天高気圧下の地震に注意。
24日彗星近日、そして上弦です。

2015/07/19

-07:24-
◎17日午前11時、鹿児島気象台は、「九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表した。平年より3日、昨年より1日遅い。

前線が九州南部に長く停滞し、梅雨入りした6月2日~7月16日までの総雨量は、鹿児島市で1699.5ミリ、宮崎県都城市で1449.5ミリを記録するなど、各地で平年の2倍以上の雨が降った。この先は、高気圧で晴れる日が多くなる。

前線が長く停滞したのは、地殻に磁気エネルギーが多く蓄積されているからです(佐々木地震論)。

6月26日の「一言」で、注意喚起しましたが、梅雨あけから九州南部に地震が出始めました。

★7/19  02:13  大隅半島東方沖 M4.6 最大震度3(鹿児島県)
★7/18  18:28  日向灘  M4.0 最大震度2(宮崎県)
★7/17  18:32  日向灘  M3.9 最大震度2(愛媛県 高知県)
★7/17  09:57  日向灘  M3.3 最大震度1(宮崎県)

今後も、晴天高気圧下の地震に注意しましょう。
_______________________
<追記>
◎気象庁は19日午前、「関東・甲信が梅雨明けしたと見られる」と発表しました。平年と比べ、2日早い梅雨明けです。 全国的に晴れるのは23日頃からとの事です。

2015/07/18

-09:53-
◎台風11号は18日午前3時、石川県の北で熱帯低気圧になりました。
その後は、日本海を北日本へと進み、青森・岩手付近から東へ伸びている前線と繫がっています。 近畿、東海、北陸を中心に強い雨が続くようです。 北日本は、高気圧になった頃の地震発生に注意。
______________________
<追加>
・台風11号
http://www.sankei.com/west/news/150717/wst1507170083-n1.html
______________________
・南太平洋に中地震
★7/18  11:28  南太平洋(サンタクルーズ諸島) M6.9
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150718113118.html

2015/07/17

-13:42-
◎大型で強い台風11号は、16日午後11時頃、高知県室戸市付近に上陸。

17日午前6時過ぎに岡山県倉敷市付近に再上陸し、中国地方を北上しています。これから日本海を東寄りに進むようです。

今後の11号進路予想方向は、16日「一言」の台風11号本体の一部が進路をとった岩手県方向と同じようです。 台風通過後の晴れ間、岩手県・宮城県・北海道東部は地震発生が懸念されます。

2015/07/16

-09:05-
◎大型台風11号は、16日6時現在、四国沖にあり、北に20㎞/hで進んでいます。

15日、台風11号の東側の雲が(小笠原諸島~房総半島~岩手県)へと北上しています。 地殻の磁気エネルギーが引き寄せていると考えます。

「雲のスタジオ」  画像 №[3260][3261]に、15日午前9時30分の台風11号載せました。ご覧ください。

当地佐久も、雨音が強くなり始めました。
________________________

<追記>  -23:06-
台風11号の東側の雲の進路と地震

★7/16  18:35  八丈島近海 M3.5 最大震度1
★7/16  18:22  八丈島近海 M3.8 最大震度1
★7/16  15:13  八丈島近海 M4.7 最大震度2
★7/16  10:15  八丈島近海 M4.5 最大震度1
★7/15  17:06  八丈島近海 M3.9 最大震度1
★7/15  17:01  八丈島近海 M4.6 最大震度1
★7/15  16:23  八丈島近海 M3.9 最大震度1
★7/15  16:18  八丈島近海 M3.9 最大震度1
★7/15  16:09  八丈島近海 M3.8 最大震度1

★7/15  02:47  伊豆大島近海 M3.5 最大震度1

★7/15  22:17  福島県沖 M3.5 最大震度1

★7/16  14:39  宮城県沖 M4.1 最大震度3

★7/16  22:13  岩手県内陸内部 M3.4 最大震度2
★7/15  17:08  岩手県沖 M4.1 最大震度1

★7/16  10:15  青森県東方沖 M4.4 最大震度2
____________________________________
<追記>
★7/17  02:15  八丈島近海 M4.2 最大深度2

 

 

 

2015/07/15

-08:53-
◎新潟県上越市は13日、最高気温が38.5℃で全国一番の暑さでした。

14日、新潟県中越地方に小地震発生。新潟県での有感地震は、6月26日以来です。
★7/14  20:59  新潟県中越地方 M3.3 最大震度2(新潟県三条市)

群馬県館林市などのように毎年極端な猛暑になるエリアは、地形・地理的な要因が大きいと思いますが、いくつかの顕著な気象現象は、地象と繫がっている時があります。
豪雨、熱波、竜巻などの気象と地震との関連を意識的に見てください。

明日16日は新月大潮です(16日10時24分)。大潮はピークの前日頃に、より大きな引力が働くようです。   今日も北日本以外は猛暑。
大東島地方や小笠原諸島では台風11号で大しけ。 列島は毎日地球ダイナミズムに揺れています。
_________________
<追記>-18:46-
◎気象衛星‘ひまわり’18:30JSTの「最近24時間」を見ると、台風11号の大きな渦の右から、一部が波のように小笠原諸島付近を取り巻き、そのまま北上し、18:30分現在で岩手県まで行っています。(説明するとややこしいので画像をご覧ください)
ページの最下段に画像が出てきます。↓
http://www.jma.go.jp/jp/gms/

2015/07/14

-07:50-
◎今日も猛暑です。
今年はエルニーニョ現象であると言われており、6月に梅雨前線が九州南部に長く停滞し北上しない理由として、気象庁は太平洋高気圧の張り出しが弱く、前線を押し上げる力が無い事が原因であるとしていました。

エルニーニョ現象になると日本では、冷夏・暖冬とされていますが、連日うだるような猛暑になっています。

13日は全国928ヶ所の観測点の、120ヶ所以上が35℃以上の猛暑でした。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150713/k10010149461000.html

<追記> エルニーニョ、6月18日の「一言」参照ください。

2015/07/13

-07:36-
大分県南部に震度5強
★7/13  02:52  大分県南部 M5.7 最大震度5強(大分県佐伯市)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150713025214.html

・6月2日から梅雨入りした九州は、南部に梅雨前線が長期間停滞し続け、激しい雨が降り続きました。25日、一旦北上した前線は26日再び南下、九州に戻っています(6月26日「一言」参照)。

前線が停滞し続けたのは、地殻に多くの磁気エネルギーが蓄積されているからです。気象に於いても大分県日田市では7月11日、37℃の猛暑で全国で一番の高い気温になっています(7月11日の「一言」参照)。

地象と気象のエネルギーは、太陽からの磁気量であり同根です(佐々木理論)。

2つの彗星近日点(11日)、から2日目に地震エネルギーが解放されました。

2015/07/12

-11:33-
◎高気圧と地震
★7/12  02:37  宮城県沖 M4.0 最大震度2
★7/11  20:27  北海道東方沖 M5.0 最大震度2
★7/11  15:18  日高地方西部 M4.2 最大震度2

<追記> -19:16-
555ヶ所の地点で真夏日となった今日、北海道は東部で特に気温が上がり、帯広では36.3℃の猛暑になりました。 全国で2番目に高い気温です。

・高気圧-地震・異常気象-雨
明日、北海道は雨の予報が出されています。東北は明日も高気圧です。

2015/07/11

-20:54-
地象と気象
10日、大分県日田市は37℃の猛暑で、全国最高気温でした。↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/181320

11日、極小地震ですが、震源は日田市付近です。
★7/11  04:23  大分県西部 M2.8 最大震度2(朝倉市)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150711042332.html

今日11日は2つの彗星近日点、オーロラ活動活発
11日3時頃から太陽風磁場強度が5nTから10nTへと高まり、6時頃から太陽風速度が350㎞/秒から500~550㎞/秒の高速風に変わっています。オーロラ活動も活発、AE指数は1200nTと大きく変化しました。

・明日も広く高気圧に覆われます。快晴は地殻の緊張状態を現しています。

2015/07/10

-09:20-
◎高気圧下で震度5弱の地震発生。
★7/10  03:32  岩手県沿岸北部 M5.7 最大震度5弱(岩手県盛岡市)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150710033303.html

岩手県では、先月27日24時間雨量観測史上1位を記録しています。気象と地象のエネルギーは同根です(佐々木理論)。しっかりした気象現象が現れたエリアは晴れた日、地震が発生してきます。(6月28日・29日の「一言」参照ください。)明日11日、2つの彗星近日もトリガーになりました。

・栃木県には震度4
★7/10  01:15  茨城県南部 M4.4 最大震度4(栃木県)http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150710011522.html

茨城県では6月23日、局地的に1時間雨量が80ミリを超える処が出ています。
23日、関東の大雨・落雷→http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00295632.html

______________________________________________________________________

<追記>  -15:11-
◎海外で大地震が起きました。
7/10  13:13  太平洋(ソロモン諸島)  M7.0
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150710131710.html

・東北では9日にも震度3の地震が起きています。
★7/9  17:27  岩手県沖 M5.0 最大震度3(青森県 岩手県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150709172749.html

9日の地震の後も晴れて、10日に震度5弱の地震が起きました。
10日、午前11時発表の天気予報を見ると明日11日も東北地方は広く高気圧に覆われるようです。

地震が起きても雲の発生が無く高気圧が続くときは地殻の磁気エネギー解放が十分でなくまだ緊張状態が続いている事を現しています。11日もしっかりした地震発生が考えられます。

2015/07/09

-08:50-
◎8日は、局地的に猛烈な雨が降り、熊本県では午後4時10分までの1時間雨量が90ミリになりました。

・台風11号の進路に注視
来週初め頃には、小笠原諸島へ・・・
台風は磁気エネルギー蓄積中エリアに進路をとります(佐々木理論)。

・小笠原諸島西之島、ガス放出経路に変化?
6日午前10時50分頃、新たに北東の斜面に噴煙が発生。ガスの放出経路が変化したのではと火山学者。

2015/07/07

-05:50-
今日7日はEF(地球遠日点)です(7月の「シャク暦」参照ください)。

・彗星近日点の6日、太陽フレアは活発になりました。7月に入ってから2回目のMクラス中規模フレアが発生(7/6  17:23→M4.1)。太陽風も500㎞/秒のやや高速風状態が続きました。

・6日夕、震度3の地震発生
★7/6  18:30 茨城県南部 M4.1 最大震度3(栃木県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150706183033.html

_______________________________

<追記>  -14:31-
彗星近日点付近は太陽活動が活発になります(佐々木理論)。
7日、早朝から現在までにMクラスフレアがまた発生。
(7/7 05:46→M1.4  05:26→M1.7)その他Cクラスが3回です。
気象現象に勢いが出てくるでしょう。

_________________________________________

広域地震発生
★7/7  14:10 北海道東方沖 M6.2 最大震度3(北海道 岩手県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150707141055.html

 

2015/07/06

-10:53-
今日6日は、彗星近日点MN(月が最近)の重なる日ですが、前線の影響がある間、地象(地震・噴火)活動は小さなものになります。

梅雨前線は本州南岸沿いに停滞しており、九州~関東の太平洋側が影響を受けています。

2015/07/04

-12:55-
◎台風11号発生
台風11号は、4日午前9時現在マーシャル諸島に在り、北に15km/hで進んでいます。 9号・10号・11号の進路に注視しましょう。

・昨日の気象
3日は関東南部、伊豆半島が大雨の通り道になりました。 千葉市中央区では午前10時20分頃までの1時間に45ミリの激しい雨、静岡県には竜巻警報が出されました。雨雲の発達するエリアは地殻の磁気エネルギーが多く蓄積されています。 梅雨前線は暫く九州~関東南部の太平洋側に停滞しているようです。

・太陽では昨日Mクラス中規模フレア(7/3  21:47 →M1.5)と、5回のCクラス小規模フレアが発生していますが、 梅雨前線が停滞している間、そのエリアにはしっかりした地震の発生は無いでしょう。

____________

<追記> -15:22-
岩手県で震度3の地震。(同じ震源で2日にも震度3が起きています)。
★7/4  13:23  宮城県沖 M4.6 最大震度3(岩手県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150704132402.html

・岩手県では、6月16日、27日に記録的大雨が降っています(6月28日、29日の「一言」参照ください)。気象と地象のエネルギーは太陽から供給される磁気量であり、同根です(佐々木理論)。 

 

2015/07/03

-07:03-
◎九州~関東の太平洋側に停滞している梅雨前線は暫く続くようです。
・2つの台風
3日午前6時現在で、9号はマリアナ諸島から20㎞/hの速度で西に向かっています。 昨日発生した10号はフィリピンの東にあり西北西に15㎞/hの速度で西北西に向かっています。 今後の進路に注視しましょう。
台風は磁気エネルギーが多く蓄積中のエリアに進路を取ります(佐々木論)。
台風と前線で、少し複雑な空模様となりそうです。

2015/07/01

-20:18-
今日は彗星近日点。明日2日は満月大潮です。 朝から降っていた雨も夕方には止み、南南東の空には大きな〝熊のジョン〟の類が現れました。
「雲のスタジオ」画像№[3256] №[3257]に投稿しました。関東は地象ダイナミズムに警戒。
_______________________________
2015.07.02  -08:25- 記

◎2日、佐久の空には早朝から、しっかりした鱗雲が長時間現れています。雲の向かっている方向は東~東北東です。関東・東北太平洋側は地震に警戒。    「雲のスタジオ」№[3258]、[3259]。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

№[3258]、[3259]の前兆結果
>> 2日 午後3時頃、やや深発 震度3  <<

★7/2  15:05  宮城県沖 M4.6 最大震度3(宮城県気仙沼)http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150702150554.html

・やや深い震源の為、震度は少し抑えられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

№[3256]、[3257]の前兆結果
・ジョンの類の雲でしたが、2日までの地震には結びつきませんでした。この雲の撮影日にも九州~関東の太平洋側には広く梅雨前線が在り、今後も暫く停滞するようです。前線が去った頃には要警戒です。