月別アーカイブ: 2014年8月

2014/08/31

-09:29-
8月17日から9月まで、今年最大の厳重警戒期間理由:8/17~30日までに10個の彗星が近日点を通過する事により太陽フレア活発化→地球に供給される磁気量増大→激しい地球ダイナミズム(地象/気象))。(8月の「過去の一言集」参照ください。)

・今日で8月が終わり、明日から防災月間に入ります。8月17日からの地球ダイナミズムの結果↓
気象 (西日本中心に大雨・局地的豪雨)
◆8月17日大雨  近畿、東海、北陸を中心に大雨、各地で河川氾濫、死傷者数人。京都市福知山市では17日、記録的な大雨で24時間雨量は観測史上最大で300ミリ超える。
◆8月19日広島豪雨 19日夜から20日未明にかけて広島市内で局地的豪雨、大規模土砂災害発生、大惨事となる。28日までの情報では、死者71人、行方不明11人。
◆8月22日  22日は、西日本中心に各地で大雨、福岡県太宰府市は、1時間に98.5ミリの雨で8月の史上最多記録。

地象 (震度4以上の地震)
★8/19  22:26  根室半島南東沖 M5.0 最大震度4(北海道)
★8/24  17:26  茨城県南部 M4.3 最大震度4(埼玉県)
★8/29  04:14  日向灘  M6.1 最大震度4(熊本県 宮崎県)
★8/29 18:19  茨城県北部 M4.1 最大震度4(茨城県)

2014/08/29

-09:11-
◎気象ダイナミズムが一段落した後、29日に震度4の広域地震です。27日には3個の彗星が近日点を通過しています。
★8/29  04:14  日向灘 M6.1 最大震度4(熊本県 宮崎県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140829041445.html
〇28日の宇宙天気↓
http://swnews.jp/2014/swnews_1408281055.html
(強い南向き磁場は地球に影響します。24日から26日まで太陽では3つの中規模フレアも発生しています↓)
〇26日の宇宙天気↓  (★26日には栃木県南部と岩手県沖を震源とした大震度3の地震が発生しています。)
http://swnews.jp/2014/swnews_1408260822.html
Mクラス中規模フレア(24日20:59→M5.9 25日23:45→M2.0 26日05:04→M3.9

8月は、17日から30日までに10個の彗星が近日点を通過、今年最大の厳重警戒期間(8/17~9月)と伝えてきました。 彗星は太陽に水素エネルギーを供給、結果 太陽活動活発化、フレア発生も増えます。そして太陽から地球に供給される磁気量が増え、激しい地球ダイナミズム(地象/気象)が現れてきます(佐々木理論)。 19日からは土砂災害で大惨事になった広島をはじめ豪雨に見舞われました。気象が一段落すると、29日広域地震が現れました。 -太陽と地球- この関係をきちんと捉えずして、気象も地象も本当のメカニズムには辿りつけません。 佐々木理論をこのような方法でしか伝えられない事に忸怩(じくじ)たる思いです。

2014/08/26

-09:01-
◎彗星近日点集中(8月の「シャク暦」参照)で太陽活動活発化が続いています(佐々木理論)。  26日の宇宙天気
http://swnews.jp/2014/swnews_1408260822.html

ζ台風11号の再上陸(8/10 兵庫県赤穂市付近)エリアに、26日震度3の地震発生。-8/12の「今日の一言」参照-
★8/26  03:42  大阪湾 M4.1 最大震度3(兵庫県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140826034219.html

2014/08/25

-09:42-
◎今年最大の地球ダイナミズム(気象/地象)厳重警戒期間(「過去の一言参照」)、海外でM7の大地震が発生しました。国内でも24日震度4の地震発生です。
8/25  08:21(日本時間)  南米西部(ペルー中部) M7.0
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140825082636.html
★8/24  17:26  茨城県南部 M4.3 最大震度4(埼玉県)・・24日はMF.
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140824172705.html

8月は後半10個の彗星が近日点を通過(17日・19日・23日・24日・26日・27日(3個)・28日・30日)します。このように極端に集中する事は過去に例を見ません。 彗星は太陽に水素エネルギーをもたらします。結果太陽から地球に供給される磁気量が増え、地球ダイナミズムが猛威を振るいます(佐々木地震論)。 
佐々木地震論では、地象<地震・噴火>、気象<台風・熱波・寒波・竜巻>のエネルギーは太陽からの磁気量であり同根であるとしています。激しい気象現象の起きたエリアには地殻に磁気エネルギーが多く、前兆気象現象の後に地象が現れてきます。
気象庁は22日、8月の記録的大雨を「平成26年8月豪雨」と命名。

2014/08/23

-08:15-
◎16日「一言」で、(徐々に太陽活動、フレアも発生してくるでしょう)と書きましたが、20日頃から活発化が顕著です。8月21日、22日にはMクラス中規模フレアも発生しました。Cクラスフレアは最新情報(8/23  07:51)までに17回の発生です。 http://swnews.jp/2014/swnews_1408221100.html
今年最大の厳重警戒期間(8/17~9月)の始まりは気象ダイナミズムから始まっています。警戒期間の根拠としているのは、8月17日から30日までに10個の彗星が近日点を通過することです。これにより、太陽に水素エネルギーが供給され、太陽活動活発。地球へもたらされる太陽からの磁気量が増えることで地球ダイナミズム(地象/気象)が活発になるからです。(佐々木地震論)。 太陽からの磁気量は気象や地象にエネルギー解放してゆきますが、繰り越されるエネルギーにより後半、9月に入ってからは、更に大きな地球ダイナミズムが顕著になってくるでしょう。
<追記>
〇太陽活動活発化は続いています。
http://swnews.jp/2014/swnews_1408231132.html
23日・24日・26日・27日・28日・30日と彗星近日点は続きます(8月の「シャク暦参照」)。

2014/08/21

-08:07-  今年一番の警戒期間(8/17~9月)です
◎8月の「シャク暦」にも警告していた今年一番の警戒期間(16日の「一言」参照)に入り、列島の地球ダイナミズムは顕著になっている。

〇地象では、19日のM5.0に続き21日、M5.3の地震が発生した。
★8/21  04:38  東海道南方沖 M5.3 最大震度2(宮城県 福島県 茨城県 栃木県 東京)http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140821043907.html

〇気象では広島の局地的豪雨。この豪雨による土砂災害で、これまでに死者は39人、行方不明者は7人になっている。 これは、2013年10月16日、台風26号による連続豪雨で発生した東京都大島町(伊豆大島)の死者35人、行方不明者4人と並ぶ悲惨さだ。

2014/08/20

-10:30-
◎警戒期間(8月16日の「一言」参照)は、M5.0の地震で幕開けです。 彗星近日点2個目の19日に発振しました。
★8/19  22:26  根室半島南東沖 M5.0 最大震度4(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140819222633.html

〇気象前兆(豪雨)に幾度か見舞われた伊豆大島付近の微小地震は、断続的に続いています。微小地震の長期継続は広域地震の予兆で、小笠原新島の活発な火山活動も継続しています。 17日~31日までに10個の彗星近日点が集中してやってきますが、8月末から9月へと繰り越された磁気エネルギーは、時の経過と伴に、より大きな地球ダイナミズム(気象/地象)を引き起こしてきます。太陽では小さなフレアが現れてきています。
<追記>
〇日本時間19日15時、CMEによる太陽風の乱れが到来していました。
http://swnews.jp/2014/swnews_1408201151.html

◎気象ダイナミズムは、広島で大規模土石流発生。これまでに32人が死亡。痛ましい結果となりました。(8月の「シャク暦」参照)
19日夜から20日未明にかけて広島市内で局地的な豪雨がふり土石流などの土砂災害が複数か所で発生した。・・・
http://mainichi.jp/select/news/20140820k0000e040209000c.html

2014/08/16

-10:16-
◎再三警告してきましたが、8月は17日~31日までに近日点を通過する彗星が10個(8月の「シャク暦」参照)です。極端に集中しています。

太陽(光球)組成の約73%は水素です。佐々木理論では、彗星が太陽に水素エネルギーを供給する役割を担っていると考えています。今月は、17日~31日までに10本の銀河鉄道彗星貨車が太陽にエネルギーを供給します。
11日のC1.6から16日現在まで太陽フレアはなく磁気圏は静穏ですが、17日頃から徐々に太陽活動活発化、フレアも発生してくるでしょう。それに伴い、17日の特異日期間から9月に続き、地球ダイナミズム(地象/気象)のうねりが大きくなります。17日から来月へと、今年一番の厳重警戒期間に入ります。(近畿)-(山梨~関東南部~伊豆・小笠原諸島)ラインは特に警戒が必要です。

 

2014/08/12

-13:06-
◎強い台風11号は、10日6時過ぎ高知県安芸市付近に上陸、10時過ぎには兵庫県赤穂市付近に再上陸し、11日午前9時頃北海道の西の海上で温帯低気圧になった。
台風8号は、和歌山県南部に再上陸しており、南海の地震エネルギー蓄積が多いことを伺わせる。 が、その前に関東地方に広域地震発生の可能性が高い。
1923年・関東大震災の当日、能登半島付近に弱い台風があったが、今回の台風11号<ハーロン>も能登半島に沿って日本海に抜けている。前回の8号は、関東に進路をとっているが、台風は地震エネルギー蓄積中エリアに進路をとり、蓄積がピークに近くなっているエリアは避けて進路をとる。

◎2014年はこれまでにない彗星近日点の多い年です。 そして、8月は極めて極端な月で、17日から31日までに10個の彗星が近日点を通過します(8月の「シャク暦」参照)。 この10個の彗星が太陽に水素エネルギーを供給し、太陽から地球にもたらされる磁気量の増大につながり、大きな地球ダイナミズムが現れます。 8月17日から9月にかけては、厳重警戒期間になります。

2014/08/07

-06:37-
◎4日~5日にかけ太陽風磁場が南向き傾向。6日震度4の地震。
http://swnews.jp/2014/swnews_1408051207.html
★8/6  01:17  京都府南部 M4.2 最大震度4(京都府 大阪府)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140806011728.html

◎11日は満月MN(月が最近)のトリガーが重なります。9日~12日頃の地球ダイナミズムに注意。台風11号の進路に注視しましょう。
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/detail-1411.html
_______________________________
>>  トリガー日にM6.1 <<
★8/10  12:43  青森県東方沖 M6.1 最大震度5弱(青森県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140810124332.html

〇「今日の一言」について
出来ましたら、前々回ほどの「過去の一言」から、流れを把握して読んで頂けますと幸いです。

2014/08/02

-07:57-
◎7月31日、太陽では3週間ぶりにMクラス中規模フレアが発生(7/31 19:22 →M2.5)し、その後も2回(8/1 23:44 →M2.0 8/2 02:54 →M1.5)発生、大き目Cクラス小規模フレアも2回(C9.0 C8.6)起きています。
今後、太陽風磁場の南向きが続くと、地球への影響はより大きくなります。宇宙天気に注視しましょう。  8月4日は上弦トリガー日です。この付近に地震エネルギー解放があるでしょう。微小地震が頻発したエリアは注意。

◎7月30日午前3時頃、フィリピンの東で台風12号が発生しました。7月末までに台風が12個発生するのは1997年以来17年ぶりの事です。今年は彗星近日点がかつてないほど多い年です。すなわち地球ダイナミズムも大きな現れ方になるという事です。
・台風11号の進路に注視しましょう。台風は地震エネルギーが多く蓄積中のエリアに進みます。
_______________________________
>> 3日、11号の進路先にM5.7 <<
★8/3  13:06  奄美大島北西沖 M5.7 最大震度3(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140803130616.html
ζ台風11号の進路
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/detail-1411.html