月別アーカイブ: 2014年2月

2014/02/26

-07:33-
◎2月25日、クラス大規模フレアが発生しました(日本時間2/25 09:39→X4.9)。このフレアに伴いCMEも発生しています。
前回のXクラス大規模フレアは、今年1月8日のX1.2、X5規模のフレアは2012年3月7日のX5.4以来、約2年ぶりです。

気象と地象のエネルギーは同根です。今月、記録的大雪が最も顕著だった関東甲信エリアをはじめ、関東・東北太平洋側は、トリガー日の地震発生に警戒。明日27日から大潮(新月:1日)、28日はMN(月が最近)、1日は彗星近日点(3月の彗星近日点は10個と過去に例を見ない多さです)。

2014/02/15

-17:17-
2月の「シャク暦」どおり、大荒れの天気
日本列島は14日から、発達した南岸低気圧の影響で太平洋側の広い範囲で雪が降り、関東甲信の内陸では積雪が急増し記録的な大雪となっている。
15日午前6時の積雪は(甲府市1メートル9センチ、前橋市65センチ、熊谷市62センチ)と、統計のある約120年間で、最も多くなっている。河口湖も14日時点で90センチを超え、観測史上最高となった。東京都心では、一時積雪が27センチになり、45年ぶりの大雪になった2月8日の記録と並びました。15日昼前には関東、伊豆諸島では雷・突風を伴い局地的に激しい雨が降っています。
大雪や暴風の中心は、東北地方へと移っており、16日にかけて警戒が必要。宇都宮市と石巻市では25メートルを超える最大瞬間風速が観測されています。
地象(地震・噴火)と気象(台風・寒波・熱波・豪雨・竜巻など)のエネルギーは同根です。顕著な気象現象の現れたエリアは、地震・噴火に警戒です。3月、近日点となる周期彗星は10個と、過去に例を見ない多さです。

2014/02/14

-09:00-
◎13日から大潮(満月:15日)、15・16日は彗星近日点で、大潮と重なるビッグトリガー期間です(2月の「シャク暦」参照)。  先週末に東日本の各地で記録的な大雪を降らせた南岸低気圧は、14日未明から再び雪を降らせ、気温も下がっています。今回も関東や近畿、東海の平野部で、まとまった積雪となるようです。東日本では15日まで、北日本では17日まで雪が続き、関東では雪から雨になる頃に暴風注意が出されています。

活発な太陽活動は続いています。13日にもMクラス中規模フレア、Cクラス小規模フレアが頻発しています。 地球ダイナミズム(地象/気象)のエネルギーは同根です。そのエネルギーは、太陽から地球に供給される磁気量です。 極端な気象現象の後の地震発生に警戒しましょう。

-追記- 02/14  12:53
◎日本時間14日午前0時50分頃、インドネシアのジャワ島東部にあるケルート火山で噴火、6万6千人が避難していた。噴煙は約3千メートルまで上がったという。前回の噴火は2007年。    2月1日には、インドネシア西部のスマトラ島でシナブン山が噴火している。
-追記- 02/14  19:54
◎アメリカ東部~南部も大雪
発達した低気圧の北上で、今週初めから、アメリカ東部~南部にかけ大雪が降り、13日ワシントンでは、30センチほどの雪が積もり、連邦政府の職員が自宅待機となった。ニューヨーク州は一部の地域に非常事態宣言を発令している。この雪で相次ぐ交通事故や凍死で、少なくとも17人が死亡した。

2014/02/08

-14:16-
◎先月27日から続いている活発な太陽フレア活動と、4・5日の彗星近日点により、地球ダイナミズム(地象/気象)は活発です。               本州の南で急速に発達した台風なみの低気圧と強い寒気で、全国的に大雪、暴風の大荒れです。関東では、平成10年以来16年ぶりの大雪で、前回を超える勢いです。陸・空の交通機関も運休・欠航が相次ぎ、けが人も多数出ています。 地象では特異日期間に入ってから(2月の「シャク暦」参照)、今日未明までに震度3以上の地震が連続発生しています。
★2/6  20:32  宮古島近海 M5.0 最大震度3(沖縄県) 
★2/6  21:10  宮城県沖  M4.2 最大震度3(宮城県)
★2/7  09:43  福島県会津 M3.4 最大震度3(福島県)
★2/8  02:18  福島県沖  M5.0 最大震度4(福島県)

◎低気圧、寒波が過ぎ去った頃、関東は地震に警戒。
__________________________________________________________________

>> 11日未明、関東に地震 <<

★2/11  04:14  房総半島南方沖 M5.6 最大震度3(千葉県 東京都 神奈川県)

http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140211041452.html

関東は引き続き地震に警戒。

2014/02/05

-09:05-
◎3日の暖かさから一転、4日には寒波が日本を覆う(多くの地域で前日比15度以上低下)。日本海側では大雪、関東の寒気は史上最強クラスで都心にも雪、東京はこの冬一番の寒さとなった。
4日に続き、今日5日も彗星近日点(2月の「シャク暦」参照)。今月、塊状にやってくる彗星近日点と、活発な太陽活動により月半ばの大潮トリガー付近から、特に激しい気象現象が現れた関東は、晴れてきた頃の地震に警戒。熊本県の阿蘇山は噴火に注意。

2014/02/03

-16:25-
◎2月近日点を通過する彗星は8個です(2月の「シャク暦」参照)。西日本、沖縄・奄美を中心に、全国的に1日からこの時期とは思えない程高い気温になりましたが、今夜から再び冷え込みが厳しくなるようです。

2月1日午前、インドネシア西部スマトラ島北部のシナブン山が噴火し、14人が死亡しました。噴火は、2010年以来です。1月27日から活発な太陽活動は続いています。 明日4日、5日と彗星近日点が続きます。活発な太陽活動と、彗星近日点により地球にもたらされる磁気量が多くなります。月の中頃、満月大潮トリガー付近には、大きな地球ダイナミズム発生が予測されます。