月別アーカイブ: 2013年1月

2013/01/27

-08:12 更新-
◎1月の「シャク暦」の予測どおり、25日から、北日本~北陸の日本海側を中心にこの冬一番の寒波襲来です。上空5,000メートルにある-42°の寒気、強い冬型で暴風雪が続き、沿岸では大しけ、交通機関にも広範に影響が出ています。

太陽活動も、25日昼頃より段階的に太陽風速度が上がってきており、26日朝には400㎞/秒台になっています。太陽風磁場強度も26日2時から15~18nTと大きく高まり、太陽風磁場の南向きも、26日6時~8時の2時間ほどですが、-10nTと大きく南に振れました。

今日27日は満月、28日・30日と彗星近日点続きます。満月トリガーと特異日が重なるビッグトリガー期間、活発な地球ダイナミズムは暫く続いてゆきます。低気圧が去ったころの地震に警戒しましょう。

2013.1.28  -13:37 更新-

◎満月トリガーの28日未明、茨城県北部を震源とするM4.9 最大震度5弱の地震と、沖縄本島近海を震源とするM4.9 最大震度4弱の地震が発生しました。

http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130128034202.html
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130128055742.html

2013/01/22

◎今日22日はMF(月が最遠)トリガー日です。未明に関東で少し強い揺れがありました。
1月15日「今日の一言」の対応地震です。
★1/22   04:46   茨城県沖  M5.2 最大震度4(茨城県)
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130122044701.html

◎月末は3個の彗星近日点25日・28日・30日)が続いてやってきます。大潮(27日:満月)と重なるビッグトリガー期間に入ります。これからの気象、太陽活動の動向に十分注視しましょう。     -08:29-

2013/01/18

-10:40 更新-
◎1月14日からは、1日1~3回のペースでCクラス小規模フレアが発生しています。17日10時頃から磁場強度が強まり始め、13時過ぎには12nTほどになり、17日14時13分頃に浦河沖を震源とするM4.9最大震度3の地震がありました。震度3以上の地震は3日目ぶりです。  
宇宙天気の最新状況(1/18  10:21)では、太陽風南向き磁場がやや強くなっていて磁気嵐がやや発達しているとあります。  明日19日は上弦です。

2013/01/15

-12:26 更新-
◎太陽では1652黒点群で13日、Mクラス中規模フレアが2回(1/13  09:46  M1.0,   17:18  M1.7)起きています。関東、東北太平洋側では地震エネルギー解放が続いています。★1/14  15:53   福島県沖 M4.8 最大震度3

14日、急速に発達した低気圧で東日本、東北太平洋側を中心に大雪。首都圏も積雪で混乱。関東、甲信では雪と強い風に見舞われました。 急速に発達する低気圧は地震エネルギー蓄積によるものです。これからのトリガー日(「シャク暦 参照」)、引き続き関東、東北太平洋側は地震に警戒。甲信地方も警戒です。

2013/01/12

-11:16 更新-
◎9日に続き、また‘熊のジョン’が姿を見せています。今朝からどんどん大きく成長しています。続いて姿を見せるのは珍しい事です。「雲のスタジオ」№2976に投稿しました。

太陽では10日から1654黒点群の活動が活発になっています。11日にはMクラスの中規模フレアが2回(1/11  18:03  M1.2 ,   23:51   M1.0  )と、Cクラスの小規模フレアが8回発生しています。
今日は新月、‘熊のジョン’も姿を見せています。 関東、東北太平洋側は再び地震に警戒です。
___________________________________________________________________

-2013.1.13   14:43更新-  ‘熊のジョン’のメッセージ結果
★1/13  12:17   岩手県沖  M4.8 最大震度4(岩手県)
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130113121753.html
★1/13   02:54  茨城県北部 M3.1 最大震度3(茨城県) 
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130113025414.html

2013/01/11

-07:54-
◎1月9日、「雲のスタジオ」画像№2970‘熊のジョン’のメッセージ結果が出ました。
★1/10  21:48   福島県沖  M5.0 最大震度4(福島県新地町)
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130110214831.html

今日は大潮2日目です。暫くは気象衛星‘ひまわり’で雲の動向に注視したり、宇宙天気を見て太陽活動に注視しましょう。

2013/01/09

-09:25 更新-
◎8日、彗星近日点付近に発生した主な地震。
★1/8  16:51   岩手県沖 M5.4 最大震度3(青森県、岩手県)
★1/7  22:53   宮城県沖 M4.8 最大震度3(宮城県)
★1/7  15:49   与那国島近海 M5.5 最大震度3(沖縄県)

1/9  04:04  にC4.0の小規模フレアが発生しました。  08:51の宇宙天気最新状況では、太陽風南向き磁場がやや強くなっている とあります。  9日は彗星近日点2日目で、磁気団が地球に影響してくる頃です。今日の佐久は霧に包まれています。

-12:20 更新-
‘熊のジョン’が姿を見せました。「雲のスタジオ」に画像投稿してあります。関東、東北太平洋側は地震に警戒。

-2013.1.11 07:35 更新-  ‘熊のジョン’のメッセージ結果
1月10日午後9時48分頃福島県沖を震源とする M5.0 最大震度4の地震がありました。
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130110214831.html

2013/01/06

-08:43 更新-
◎昨夕、アラスカのクインシャーロット諸島北付近を震源とするM7.5の大地震がありました。
1/5   17:58(日本時間) 北米西部(アラスカ州南東部) M7.5

地震発生のトリガーは、1月2日のEN(地球近日点)と、5日の下弦と考えます(1月1日の「一言」にENに関して5日の下弦付近まで地震に注意と記してあります)。 このEN付近には2012年1月1日にも、鳥島近海を震源とするM7.0 最大震度4の地震が起きています(昨年のENは1月5日でした)。
〔太陽活動は〕
1月5日、太陽黒点群が急増し、これに伴いX線グラフも、全体に強度が上がり、フレア活動も小規模ですが、変化が現われ始めています。5日18時26分にはM1.8の中規模フレアが発生しました。8日は彗星近日点で地震発生要素が重なってきます。宇宙天気ニュースで、太陽の動向に注視しましょう。

2013/01/05

-14:17  更新-
◎2013年に入ってから現在までの地震は、M3.0~M5.0付近の小地震のみです。 震度3以上の地震発生回数は4回です。
1月8日は、今年最初の彗星近日点です。この付近に、地球ダイナミズムが活発化してくるでしょう。

2013/01/04

-19:55分 更新-
◎今日、トップページの [アクセスカウンター] を見て、驚いたのですが、530万件台あった数字が400件台になっていました。

サーバー管理会社は、7日が仕事始めなので、原因はよくわかりませんが、ご了承ください。

-22:20  更新-
◎先ほど、見ましたら530万件台に戻っていました。トラブルの原因が分かり次第、以下に掲載いたします。

-2013.1.8-

◎上記、原因について サーバー管理会社から、以下の回答を得ました。

サーバーに、大量のスパムメールが送信されて処理能力が低下した結果、表示トラブルが発生しました。

2013/01/02

-10:02 更新-
◎今日はEN(地球近日点)です。この付近で地球の公転速度が最大になり、重力(引力)も強く働きます。 当地、長野県佐久市では、昨晩から今朝方にかけ、うなり声をあげた、やや強い風が吹いています。現在もやや強く吹いています。等圧線間隔は広いのですが・・・。今朝の空は地気が多く、南の山並みは霞んでいます。今日の気象現象に注視してみましょう。  5日は下弦です。

2013/01/01

-10:20  更新-
2013年 元旦 佐久は穏やかな青空が広がり、太陽は輝いています。  今年も宜しくお願い致します。

◎明日、2日はEN(地球近日点)です。
昨年末、28日~30日にかけて、震度3以上の地震が相次ぎました。
★12/30   08:05   福島県沖  M5.1  最大震度 3
★12/29   16:19   福島県沖  M5.0  最大震度 4
★12/29   23:59   宮城県沖  M5.4  最大震度 4
★12/28   16:30   茨城県北部 M4.0   最大震度 3

これら一連の地震エネルギー解放は、大潮(28日:満月)トリガー引力にプラス、EN(地球近日点)の強力な引力(重力)トリガーが、重なった事が起因していると考えます。
過去に於いても、EN付近には大きな地震が起きています。 昨年末に少し、蓄積地震エネルギーの解放がありましたが、5日の下弦付近までは、注意しましょう。