月別アーカイブ: 2011年2月

2011/02/28

◎フレア活動が静かだったのは23日だけで、その後もCクラスのフレア活動が続いています。24日にはMクラスの中規模フレアも起きています。 国内の地震活動も目立つものが続いています。岐阜県飛騨地方を震源とする地震は27日から現在までに26回(最大震度4・・・2回、最大震度3・・・4回)連続発生しています。

★2/27  05:38  岐阜県飛騨地方 M5.4 最大震度4(岐阜)
★2/27  02:19  岐阜県飛騨地方 M4.9 最大震度4(岐阜)
★2/27  00:38  福島県沖     M5.2 最大震度3(福島)
★2/26  23:41  三陸沖      M5.1 最大震度2(宮城)
★2/26  04:12  房総半島南方沖  M5.2 最大震度3(東京)

◎3月は5個の周期彗星が近日点を通過します。その5個は、前半の10日までに集中していますので、3月前半は地震・噴火活動がより活発になるでしょう。3日から大潮(新月:5日)が始まり、6日はMF(月が最遠)です。特異日期間の大潮はビックトリガーとなりますので、この付近は特に注意が必要です。日々の太陽活動に注視しましょう。        -09:10-

2011/02/24

★2/24  07:14  鳥島近海  M5.3 最大震度1(千葉県南部、八丈島)
◎2月14日から22日まで太陽フレアが頻発し、この間、国内にはM5クラスの地震が8回(2/15  M5.3,  2/16  M5.3 / 5.3,  2/17  M5.2,  2/22  M5.1 / M5.0 / M5.8,  2/24  M5.3)発生しています。  今日の宇宙天気を見ると、フレア活動は静かになっているようですが、明日25日は下弦のトリガーが働きます。もう暫くは蓄積されたエネルギー解放が起きるかもしれません。        -11:43-

2011/02/22

◎2月21日午前8時31分更新の宇宙天気ニュースでは、太陽の活動は下がっていますとされていたのですが、1158黒点群の活動はその後も続いたようです。
2011/2/22  11:42  更新 宇宙天気ニュースより→1158黒点群は、没するまでフレア活動を続けました。GOESのX線グラフを見ると、昨日のニュースの後から、Cクラスの小規模フレアが頻発しています。・・
2月14日から頻発したフレア活動(2月19日の「一言」)は、22日まで続きました。
日本時間、午前9時頃にニュージーランド南島の最大都市クライストチャーチで22日午後、M6.3の強い地震が起きました。 22日は引力トリガーは無い日ですが、14日からの頻発したフレア活動と南向き磁場の継続により、モノポール流量が多量に供給され、地震エネルギー蓄積の多かったエリアで地震が発生したと考えます。
〔シドニー時事〕米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランドの南島クライストチャーチ近くで22日午後0時51分(日本時間同日午前8時51分ごろ、マグニチュード(M)6.3の強い地震があった。震源の深さは5キロ、警察当局によると、クライストチャーチ市中心部で複数の死者が出たほか、負傷者も多数に上っている。・・・                 -13:18-
>追記<
★2/22  12:51  根室半島南東沖  M4.3 最大震度2
★2/22  13:56  沖縄本島近海    M5.1 最大震度2
★2/22  18:54  三陸沖        M5.0 最大震度1
★2/22  23:10   硫黄島近海     M5.8 最大震度1

2011/02/21

◎磁場の南北成分は南向き磁場が続いていますが、活発なフレア活動は一休みです。
2011/2/20  11:18  更新 宇宙天気ニュースより→・・・数々の活動を起こしてきた1158群は、西の端に沈みつつあります。・・・太陽の活動は、落ち着きつつあります。・・・1162黒点群(太陽の中央付近北側の黒点群)で19日17時(世界時19日8時)に発生したC8.5と、今日未明、20日1時半(世界時19日16時半)のC6.1(1158群)が最大規模のフレアです。・・・
そして国内では、C8.5小規模フレアの約5時間後に和歌山県、C6.1小規模フレアの約7時間後に福島県でM4クラスの地震が発生しています。
★2/20  08:17  福島県沖  M4.0 最大震度2(福島県浜通り)
★2/19  22:05  和歌山県南方沖  M4.2  最大震度3(和歌山県南部)
2月25日は下弦です。        -11:03-
追記
★2/21  15:46  和歌山県南部  M4.9 最大震度4(和歌山県南部・北部)

2011/02/19

今日19日はMN(月が最近)です。16日からの大潮(満月:18日)トリガーと、14日から一段と活発化した太陽フレアを背景に、地震活動も活発でした。18日午後6時16分、新燃岳で4日ぶりに爆発的噴火が起き、噴煙の高さは3000メートルになりました。前回この高さの噴煙になったのは2月4日です。2月3日は新月でした。

★2/19  05:21  択捉島南東沖  M4.9  最大震度1
★2/18  08:26  茨城県沖     M4.6  最大震度2
★2/17  08:45  沖縄本島近海  M5.2  最大震度2
★2/16  04:07  三陸沖       M5.3  最大震度1
★2/16  04:01  三陸沖       M5.3  最大震度1
★2/16  02:24  沖縄本島近海  M4.6  最大震度1
★2/15  23:13  沖縄本島近海  M5.3  最大震度2

2月14日から19日早朝までのフレア活動は、Cクラスの小規模フレアが40回(1158黒点群、1161黒点群)、Mクラスの中規模フレアが1158黒点群、1161黒点群でともに4回づつ8回、そして、15日午前10時30分(日本時間)には1158黒点群からX2.3の大規模フレアが発生しています。           -09:02-

2011/02/15

◎14日夜から、低気圧の影響でまとまった雪が降り、関東各地の高速道路は広い範囲で通行止めとなっている。東京都心でも2センチほどの雪が積もった。
明日16日から大潮(18日:満月)に入り、19日はMN(月が最遠)。太陽では、1158黒点群のフレア活動が活発になっており、15日2時半(世界時14日17時半)にもM2.2の中規模フレアが起きています。明日からの大潮期間、山梨、神奈川、東京は地震に警戒しましょう。   -11:02-

2011/02/14

◎2月最初の大地震が発生しました。
2/11  20:05 (世界時間) 南米西部   M7.0
2月12日の宇宙天気ニュースに、11日のフレアとCMEの動画が掲載されています。
2011/2/12  12:54  更新 宇宙天気ニュースより→太陽の東側でフレアとCMEが発生しています。太陽風は400㎞/秒台に上がりました。http://swnews.jp/2011/swnews_1102121254.html
また、今日14日午前2時23分、中規模フレアが発生しています。
2011/2/14  03:17  追加 宇宙天気ニュースより→M6.6の中規模フレアが発生しました。

-09:59-

2011/02/11

◎今日は上弦です。彗星近日点2日目から、太平洋側にM5クラスの地震が続き、地殻のエネルギーが解放されています。地殻の緊張状態が緩和され、モノポールが放出される事により雲が生まれてきます。今日11日は、佐久も朝から細かな雪がしんしんと降っています。東海や関東南部でも、広範に雪が降り、都心でも雪が積もりそうです。  太陽活動は・・・2011/2/9  12:28  更新 宇宙天気ニュースより→1153黒点群で中規模フレアが発生しました。太陽は黒点群が4つ一気に出現しています。
★2/10   22:03  福島県沖  M5.3  最大震度4(福島県)
★2/9  18:52   硫黄島近海  M5.3  最大震度1(東京都)
★2/9  01:43   父島近海   M5.6  最大震度1(東京都)              -10:48-

2011/02/08

◎7日彗星近日点、MF(月が最遠)、鹿児島県に震度3の地震が起きています。1月26日からの新燃岳の活発な活動、そして地震活動もこのエリアに活発です。7日から気象変化もはじまりました。
★2/7  04:40  薩摩半島西方沖 M4.4 最大震度3(鹿児島県)
http://tenki.jp/earthquake/detail-3412.html                        -17:37-

2011/02/05

◎九州南部の現状は、地震と火山噴火エネルギーが同根であり、モノポール流量が多いエリアに激しい地象・気象変化がおき、ウイルス活動も活発化する事を示している。
宮崎・鹿児島県境の新燃岳の火山活動、そして鹿児島県に現われている地震。 大き目地震の背景には、大潮トリガーの範疇である事と、南向き磁場の影響があります。
2011/2/4  12:39 更新 宇宙天気ニュースより→太陽風の磁場が大きく南を向いています。速度は平均ですが、ある程度磁気圏活動が強まりそうです。
★2/5  00:02  トカラ列島近海 M3.6  最大震度2(鹿児島県)
★2/4  20:16  奄美大島北東沖 M5.0 最大震度3(鹿児島県)
★2/4  18:11  大隅半島東方沖  M4.7 最大震度3(鹿児島県)
http://tenki.jp/earthquake/detail-3395.html
鳥インフルエンザは、昨日4日、宮崎県で8例目が出おり、全国では12例目です。 1月30日までの1週間の、1つの医療機関のインフルエンザ患者数は、全国平均が31.88人で、この冬初めて「警報レベル」の30人を超えました。都道府県別では、前回と同じく宮崎県が最も多い60.88人となっています。  2月の彗星近日点7日の1回だけです。7日はMF(月が最遠)と重なり、この付近に地球ダイナミズムもより活発化してきます。     -10:21-

>追記<    2/5  18:42
今日の早朝から激しい磁気圏活動が始まり、千葉県でM5.2の地震が起きました。
2011/2/5 13:14  更新 宇宙天気ニュースより→・・・今日の早朝、5日4時(世界時4日19時)には、20nTにまで達しています。その頃から速度の上昇も始まり、5時間ほどで400㎞/秒から600km/秒まで上昇しました。・・・磁場強度が最大になった頃、太陽風の磁場の南向き成分も、最大で-20nT近くまでかなり強く南を向きました。速度の高まりと重なって、かなり激しい磁気圏活動をもたらしています。・・・
★2/5  10:56  千葉県南東沖 M5.2 最大震度4(千葉県)

 

2011/02/03

◎大潮に入り、1日深夜から2日夕までに新燃岳では4回の爆発的噴火が起き、いずれも空気の振動(空振)を観測。1月26日以降、爆発的噴火は計8回になった。1日午前7時54分には、宮崎県南部山沿いを震源とするM2.0、最大震度1(鹿児島県霧島市)の極小地震が発生している。
3日、新月の佐久の空は雲のない青空、緊張状態になっている。  宇宙天気は昨日まで、太陽活動、地磁気活動はともに静穏状態になっているが、28日・29日の彗星近日点により、蓄積されたエネルギーの解放が予想される。激しい気象・地象変化のあったエリアは高気圧下の地震に注意しましょう。           -08:44-

>追記<   2011/02/04  11:00
2月3日、激しい地象(新燃岳の爆発的噴火)が続いているエリアに地震が続いた。
★2/3  23:09  トカラ列島近海 M1.8 最大震度1(鹿児島県)
★2/3  22:06  トカラ列島近海 M3.0 最大震度3(鹿児島県)
★2/3  18:09  トカラ列島近海 M2.2 最大震度2(鹿児島県)
★2/3  17:56  トカラ列島近海 M2.1 最大震度1(鹿児島県)
★2/3  17:19  トカラ列島近海 M2.6 最大震度1(鹿児島県)         
              

2011/02/01

◎1日から大潮(3日:新月)に入る。連続2つの彗星近日点(28日・29日)頃から日本海側を中心に大雪になっている。   31日、北陸地方ではJRの全列車が運休した他、福井県内の北陸道や国道が通行止めになるなどしている。福井地方気象台によると、南越前町今庄で31日午前7時現在の積雪が1980年の観測開始以来最高の236センチに達した。北陸道下り線の葉原トンネル付近で500台が立ち往生。国道8号線でも敦賀トンネル付近で、約10キロの渋滞が発生している。東北から、中国地方にかけての日本海側など、12の観測点で過去最多い積雪を観測している。

モノポール流量が多い時は、地象、気象などの地球ダイナミズムが活発化してきます。
本日、佐久の空は快晴。今日からの大潮ビックトリガー期間、地震、噴火に注意しましょう。   -09:55-