月別アーカイブ: 2009年11月

2009/11/30

◎特異日付近から、社会面の記事が賑やかになってきた。 ・27日、ロシア北西部で起きた、線路上におかれた爆発物(テロ)による、旅客列車の脱線事故で少なくも26人の死亡が確認され、100人以上が負傷した。 ・年間を通して雨の降らない、サウジアラビアのジッダ(メッカの近く)では25日の大雨で洪水、死者106人。 日本では ・29日、午前10時15分頃、高知県のゴルフ場で、テレビ中継機材を積んで取材をしていたTBSのカートがギャラリーに突っ込み、4人が重軽傷を負う。 今日も彗星近日点。特異日期間は失敗の環境が厳しくなる。ケアレスミスに注意しましょう。 
◎11/29 16:30(気象庁発表) 非常に強い台風22号は、29日にはフィリピンの東の海上にあって、ほとんど停滞している。30日から2日にかけて、フィリピンの東に進む見込み。 台風の進路と、宇宙天気ニュースに注視しましょう。          -09:49-

2009/11/29

◎昨日から、特異日がはじまり気象変化が始まってくる。東日本では夜から、西日本は夕から雨になる。28日に続き、30日も彗星近日点。そして30日から大潮に入る。12月2日の満月トリガーには地象活動も活発になる。   -09:58-

2009/11/28

◎約1ヶ月間、特異日がなく、太陽活動による影響を受けた日以外は、穏やかに過ぎた11月も終わる。  
今日は彗星近日点。今日から特異日が始まる。気象変化が始まり、地象活動も活発化してくる。彗星近日点で、特異日に入ったときや、宇宙天気で、フレアが発生していたり、南寄りの磁場が続き、オーロラ活動が活発化した時は、空に変化が現われる。毎日の空の変化に注視しましょう。空は地殻の状態を教えてくれる鏡なのです。     -08:25-

◎2009/11/27 08:40更新 宇宙天気ニュースより→・・・磁場の南北成分が完全に南向きになっていて-3~-5nTくらいの南向きが半日ほど続きました。このため、地球ではオーロラ活動が活発になり、AE指数で300nTくらいから、強いものでは800nTの中規模の磁気変動が連続的に発生しています。・・・
★11/27 23:34 島根県東部 M3.6 震度3
★11/28 14:39 西表島付近 M4.9 震度3          追記 -18:00-

2009/11/26

昨日一日、太陽風は450㎞/秒程度のやや高速の風が続きました。・・・・その影響で、磁気圏では小規模のオーロラ活動が連続的に発生しました。(11/26 08:27更新 宇宙天気ニュースより)
◎今日・明日あたり、この影響の地震発生が現われてくる。そして、28日は今月最初の彗星近日点となり、特異日期間が始まる。     -10:28-  

★11/27 13:37 北海道東方沖 M4.8 震度1         追記 11月27日-21:18-

2009/11/23

◎11/22 14:55 更新 宇宙天気ニュースより→(太陽風の速度は、昨日のニュースの後もゆっくりと上昇し、21日19時(世界時21日10時)に、500km/秒に達しました。その後、500~550㎞/秒と高速状態で推移しています。磁場強度は、一時、10nTに強まり、現在は、5nTを割って、3nT近くまで下がっています。この影響で、AE指数200~400nTの小規模のオーロラ活動が、たびたび発生しています。
★11/22 23:52 福井県嶺南 M3.9 震度3
★11/22 23:49 福井県嶺南 M3.8 震度3           -16:56-

2009/11/22

◎11/16の「今日の一言」、‘薄い熊のジョン’、鱗雲・帯雲の対応地震が出た。
★11/21 15:39 栃木県北部 M4.6 震度4(福島)、震度3(福島・茨城・栃木)。
東京・埼玉・千葉などのエリアは震度1~2と、今回のエネルギー解放は少ない。19日にも現われた‘熊のジョン’の対応地震として、雲の消えた青空・トリガー日に、関東・東海地方は引き続き警戒しましょう。        -10:49-    

◎11月21日、午前2時半ころ、中国北東部黒竜江省ホーカン市の炭鉱でガス爆発事故発生、作業員42人死亡。 モノポールは火を燃えやすくする性質もある。モノポールが充満している時、炭鉱爆発事故が発生する。そして、それと前後してそのエリアに地震も発生する。
★11/15 20:31(日本時間) 沿海州(プリモルスキー) M5.0
★11/21 13:17(  〃  )  宗谷東方沖 M5.0
炭鉱爆発のあったホーカン市と、プリモルスキーの震源と、宗谷東方沖の震源は、しっかりと横に並んでいる。          -11:55-
 

2009/11/21

◎今朝、佐久は視界40mほどの濃霧。(11月21日7時58分現在の気象庁警報・注意報で長野県に警報は出ていないが) 佐久はフォッサマグナ帯エリアに位置する。16日・19日の‘熊のジョン’、今朝の濃霧と、広域地震前兆の宏観現象が続いている。今日は、東北太平洋側と関東から東海は大体晴れの天気。16日・19日・21日と地殻の地震エネルギー蓄積現象が観測されている。雲の消えた緊張状態に入ったときの地震発生に警戒しましょう。11月は28日と30日の2回だけが彗星近日点で、今年最少月です。非特異日期間が続いていますが、23日のMF,25日の上弦はトリガー日です。昨日の宇宙天気ニュースでは、11月20日朝から太陽風のプラズマ密度上昇、磁場強度も7nTと上がり始めている。宇宙天気ニュースに注視し、地震に気をつけましょう。     -09:33-

2009/11/19

◎16日に観測された‘熊のジョン’が再び姿を現した。太陽では、2つの黒点群(1032と1033黒点群)が出現した。 関東一帯と東海地方は広域地震に注意。  -14:15- 

2009/11/16

◎太陽風磁場の南寄りは、日本時間14日20時から昨日夜まで長時間続き、オーロラ活動も活発になった。その影響で今朝から佐久の空に、薄い‘熊のジョン’が南方向に姿を現している。福島・茨城方向には、昨日から鱗雲・帯雲が収束している。明日は新月。関東、東海、茨城・福島は地震発生に注意しましょう。   -11:35-

2009/11/12

◎日本時間、8日夜から9日朝にかけて磁場の南北成分の南寄りが続き、中規模のオーロラ活動が連続的に発生して地球磁気圏に影響したが、その後の宇宙天気は静穏。15日ころからコロナホールによる磁場変化があれば、地球ダイナミズムはまた活発化する。(磁場の南北成分が北寄りでなく、南寄りの磁場の時だけ、地球磁気圏に影響が出てくる) 宇宙天気ニュースに注視しましょう。                -08:57-

2009/11/09

◎世界時8日、中地震が多発。アメリカでは季節はずれのハリケーン「イダ」が8日、中米を襲い、カテゴリー2に勢力を強めたイダはメキシコ湾南部へ向けて進んでいる。
★11/8 15:46 (UTC) M5.5 バヌアツ
★11/8 19:41 (UTC) M6.7 インドネシア、スンバワ島地方
★11/8 20:35 (UTC) M5.4 カールスバーグリッジレーサー
★11/8 22:18 (UTC) M5.3 トンガ
7日はMN、そして8日の太陽環境は→2009/11/9 08:32 更新 宇宙天気ニュースより 太陽風の速度が450㎞/秒へ上昇しています。南向き磁場の強まりで、オーロラ活動が活発になりました。  ・・・昨日のニュース以降、太陽風の磁場強度が10nT近くまで強まりました。夜になると(8日21時、世界時8日12時)速度の上昇も始まり、それまでの300㎞/秒から、現在、450㎞/秒まで高まっています。やゝ高速の太陽風になりました。
この間、磁場の南北成分が南向きに偏るようになり、-5nTから-10nT近い強さで変化しました。そのためオーロラ活動が強められ、AE指数で500~700nTの中規模のオーロラ活動が連続的に発生しました。                                    -11:03-

2009/11/08

★11/8 05:32 千葉県東方沖 M3.7 震度1
◎今朝も濃霧、長野県全域に濃霧注意報が出されている。昨日の宇宙天気は、太陽風磁場も北向きで磁気圏は非常に静穏、コロナホールの影響も現われていない。1030黒点群では、X線のグラフ変動がなく活動度の低い黒点群のようです。11月は28日・30日の2回の彗星近日点で、それまでは特異日はなく比較的おだやかに推移する月です。しかし、突発的な太陽フレアなどが現われた時は注意が必要です。     -09:28-

2009/11/07

★11/7 04:22 茨城県沖 M4.5 震度2
◎今朝は、濃霧がたちこめており、地気の多い青空に雲はない。太陽では1030黒点群が出現。引き続き関東地方は地震に注意。今日はMN。   -09:24-

2009/11/06

◎昨日は、関東山地上空に蛇雲が観測された。今日は雲ひとつない晴天緊張状態になっている。明日7日はMN(月が最近)、関東地方は地震に注意。   -09:59-

2009/11/05

◎10月27日、関門海峡で衝突事故があったが、昨日4日午後1時25分頃には山口県下関市にある下関三井化学の工場で爆発事故が起きた。失敗の環境エリアで、★11/3 23:40 福岡県筑後地方 M3.0 震度2の地震。西日本に雲が集中している。引き続き注意しましょう。   -09:17-

2009/11/04

★11/04 03:04 父島近海 M5.5 震度3
◎10/30 には、奄美大島北東沖 M6.8(悪石島などで震度4)の地震があり、11/4 未明、満月トリガーで父島近海にM5.5の地震が起きた。 10/29日から、7月22日の皆既日食の中心食帯に順々に大き目地震が発生している。皆既日食の始まりのパキスタン南端→インド→中国の上海→東シナ海→トカラ列島→小笠原諸島と。地震が皆既日食の中心食帯を辿るように起きている。部分食帯にも10月下旬から多くの地震が発生している。3ヶ月も経過してから、皆既日食の影響があるという事も、地震体積説では十分に考えられる。
◎3日午後2時35分頃、茨城県常陸大宮市で突風、5人が軽傷。★11/4 04:52 茨城県北部  M3.3震度1(ひたちなか市、土浦市)。突風・竜巻の発生するところは、地震が発生する事が多い。   -09:44-

2009/11/03

◎2日夜から東北、北陸地方にも初雪。気温も12月上旬の寒さだが、佐久は青空が広がっている。
・10月31日、濃霧が発生していた鹿児島と宮崎の県境にある韓国岳で、家族とはぐれて行方不明の男児の死亡が確認された。・2日、正午ころ兵庫県の西宮浜沖で、突風が原因と見られるヨットの転覆事故が発生。・2日午後10時20分頃には福井県で、県警小浜署のパトカーが対向車線にはみ出し警察官2人死亡、事故当時は風雨が強かった。 大潮と、1029黒点群のフレアによる失敗の環境下で事故が多発。今日は満月、失敗の環境下のケアレスミスやトラブルに十分な警戒をしましょう。    -10:20-

2009/11/02

◎昨日は札幌で初雪、北京でも平年より1ヶ月近く早い初雪となった。今日は大潮2日目、当地の空は、南は層雲(別名で霧雲)、北は低層雲。 自動更新地震活動(関東・最近1日間)を見ると、大島から東京湾にかけての極小地震が多くなっている。   -10:04-

2009/11/01

◎今日から11月。9月・10月はインドネシア付近や南太平洋に大地震が発生した月だった。
11月は彗星近日点が、月末の28日・30日の2回と、今年一番少ない月です。それゆえ、比較的、気象もおだやかに推移しますが、太陽フレアが発生した後や、太陽黒点が上昇してきた時は、十分な警戒が必要です。今日から大潮で天気が崩れて来ます。3日は満月。  -10:19-