月別アーカイブ: 2009年10月

2009/10/31

★10/30 16:03 奄美大島北東沖 M6.8 震源の深さ 約60㎞ 震度4(鹿児島県十島村悪石島、鹿児島県奄美北部)
◎USGSによる、最近7日間の世界の地震帯を見ると、7月22日の皆既日食の中心食帯(パキスタンの南端から、インド、中国の上海、東シナ海、トカラ列島、小笠原諸島、太平洋上)とみごとに重なっている。30日には、日本で皆既日食継続時間が最も長かった(6分25秒)悪石島にもM6.8の地震が起きた。皆既日食の影響と、太陽のフレアがトリガーとなり、地震エネルギーが解放されているという現象だ。10月は5個の彗星近日点があった。 今日も晴天、明日11月1日から満月大潮が始まる。     -10:57-

2009/10/30

◎10/25から1029黒点群のフレアが活発に現われた。
宇宙天気ニュースより
10/25 12:38 更新 太陽では、つい先ほど、C1の小規模フレアが発生しました。発生地点は太陽の真ん中に見える1029黒点群だと思われます。
10/26 08:20 更新 太陽では、昨日のニュースの頃、25日11時(世界時25日2時)に、C1.5の小規模フレアが発生しました。発生したのは1029黒点群で、ここでは、その前後にもBクラスの小さな活動を何度も起こしています。
10/27 08:37 更新 1029黒点群は、再び勢力を増してきたようです。今朝の27日4時(世界時26日19時)に、C1の小規模フレアが発生しました。・・・26日21時(世界時26日12時)に、小さな爆発が発生しています。コロナの噴出が発生しているようです。・・CME(太陽ガスの放出現象)になっている可能性は高いと思われます。
10/28 08:56 更新 1029黒点群が活発な活動を起こしています。昨日のニュースで、C1の小規模フレアが発生したと書きましたが、それ以降も、同じくC1~C2の小規模フレアが連発するように7回も発生しました。・・・これだけ、にぎやかにCクラス以上のフレア発生したのは、2007年12月下旬以来で実に2年ぶりというような活動です。

◎10/29 (世界時間)、この日に発生したM5以上の地震は7回。
★10/29  17:44  M6.0 アフガニスタン
★10/29  17:00  M5.2 ブータン
★10/29  13:28   M5.0 中国(四川省と甘粛省の国境地域)
★10/29   05:21  M5.2  モルッカ海
★10/29   01:34  M5.5  インドネシア,パプア
★10/29    15:52   M5.0   トンガ
★10/29    10:52    M5.4   メキシコ

◎11月1日は、満月大潮の始まり。地震・噴火活動に注意しましょう。     -11:07-

2009/10/29

◎地震エネルギーが蓄積されているエリアは失敗の環境になる。関門海峡での衝突事故の付近に地震が発生した。
★10/29 02:37日向灘 M4.7 震度3(大分、宮崎)                  -09:49-             

2009/10/28

★10/27 08:51 オホーツク海南部 M5.2 震度1
◎台風20号は27日、北海道の東で温帯低気圧になり、台風がバラケた付近にM5.2の地震が起きた。27日にはマリアナ諸島で台風21号が発生。
◎彗星近日点5個の10月後半の失敗の環境は厳しい。27日夜、山口県下関市と北九州市の間の関門海峡で、海上自衛隊の護衛艦「くらま」と韓国籍のコンテナ船「カリーナ・スター」の衝突事故が起きた。        -10:45-

2009/10/26

●2009/10/26 7時30分気象庁発表 台風20号は、26日18時には日本の南、27日6時には犬吠崎の南南東約230㎞へ達する見込み。
◎台風20号は、東海・関東エリアに少し引き寄せられ、列島に沿って北上する様子。今後の台風進路に注視しましょう。これからの地震発生エリアにも注視してみましょう。今日はMF,そして上弦。   -09:32-

2009/10/25

★10/24 21:53  長野県南部 M3.8 震度3
★10/24 23:41(日本時間) ニューギニア付近 M7.0
21日・22日は彗星近日点、太陽では10/19日、CMEが発生している。

◎台風20号は、日本の南を東北東に進む見込み。今後の進路に注視しましょう。明日はMF,そして上弦。
●2009/10/25 12:38更新 宇宙天気ニュースより→太陽では、つい先ほど、C1の小規模フレアが発生しました。・・・Cクラスのフレアは、ちょうど1ヶ月前の9月25日以来です。・・・
                                 -16:36-
★10/25 15:17  奄美大島北東沖 M4.8 震度2
2009/10/25 16時30分気象庁発表 台風20号は、25日15時には那覇市の南南東約170㎞にあって、東北東へ毎時20㎞で進んでいます。中心気圧は980hpa、中心付近の最大風速は30m/sです。

2009/10/24

★10/23 10:28 茨城県沖 M5.0 震度3(福島、茨城、栃木)
★10/23 18:31 新潟県中越地方 M3.2 震度4
◎昨日、少し大き目地震発生で今日は地気の多い曇り空。 23日に長野県南部、岐阜、愛知、静岡方向から放射状の雲を観測。このエリアの地震エネルギーが多い。台風20号がこの方向に向かう時は、地震に注意しましょう。     -10:43-

2009/10/23 08:40 更新 宇宙天気ニュース→昨日のニュースの直後から、太陽風の磁場強度が10nTに強まり、現在までその状態が続いています。それとともに、磁場の南北成分も強まり、-5nTを越えるレベルの南向きが長時間続いています。この影響で、磁気圏活動が活発化し、AE指数で300nT~500nTレベルの変動がほぼ1日を通して発生しています。・・・
                                 -11:05-

2009/10/23

◎10/21 夜、北東へ収束した鱗雲に次いで、昨夕はまた蓼科山上空から東北太平洋側へと収束する壮観な鱗雲が観測された。仙台では最近、道路に陥没が現われ苦情が寄せられている。東北太平洋側は広域地震に注意しましょう。
◎2009年10月23日4時30分気象庁発表 強い台風20号は、23日3時にバシー海峡にあって、ゆっくり西へ進んでいます。・・・・・・25日3時には沖縄の南へ達する見込みです。
10/21 沖縄の南に殆ど停滞していた台風20号は、ゆっくり西へ進んで23日には台湾の南、バシー海峡付近から今度は進路を北北東へと変え、沖縄の南へ向かう見込みになった。この台風はジグザグに進んでいくようだ。台風の進路は地震エネルギーと関連している。今後の進路に注視しましょう。    -09:30-

2009/10/22

★10/21 20:35 父島近海 M4.5震度3
◎彗星近日点の昨日、加速器〝タテシナ〟からは勢いのある雲が終日湧き出し、気象変化が始まる。今日も彗星近日点、10月最後の彗星近日点になる。5つの彗星近日点の影響が10月後半に現われる。26日のMF上弦付近にエネルギーが解放されてくる。   -08:55-  
   

2009/10/21

今日・明日と彗星近日点が続く。今日は晴天高気圧で地殻は緊張状態に入った。
台風20号は沖縄の南に停滞している。沖縄付近は地震発生に注意しましょう。   -09:35-

★10/21 11:58 宮城県北部 M4.1震度3
昨日夜、北東へ収束していた鱗雲の結果が現われた。  -12:35-

2009/10/20

◎非常に強い台風20号は勢いを増して、西よりに進んでいる。明日21日・22日は彗星近日点。加速器〝タテシナ〟が稼動する。台風、地震、気象変化が顕著になってくる。今朝は関東山地上空に〝熊のジョン崩れ〟が現われている。   -10:18-

〝熊のジョン崩れ〟は、ほぼ終日同じ位置に姿をみせていた。夕刻、西空は夕焼けになっていないのに、南西に位置する蓼科山上空の雲は鮮やかな桃色。夜、北東(福島・茨城方向)へ鱗雲の束が2本収束。今日は、久々に壮観な地震前兆雲が姿を見せる。宇宙天気では、18日5時に小規模CMEが観測されており、その影響と考える。明日、明後日は彗星近日点になる。茨城・福島、東海・関東は広域地震に警戒。今日、渦巻く雲の観測された北海道も警戒です。   -20:13-

2009/10/19

★10/18 23:13 岩手県内陸北部M4.1震度2★10/19 5:38 宮城県北部M4.1震度2
新月の昨日、トンガからアフリカのウガンダまでの赤道付近にM5クラスの地震が5回発生している。太陽の南回帰線が赤道付近にあり太陽の引力が影響したと考える。
◎気象庁10/18 16:30発表で、非常に強い台風20号は、18日15時にはフィリピンの東にあって、東北東へ毎時10㎞で進んでいます。この台風は19日15時まで殆ど停滞して、その後・・・・とある。台風20号が殆ど停滞している付近で★10/19 08:50(日本時間)フィリピンのミンドロ島M5.7の地震が発生した。台風は地震エネルギー蓄積エリアに進む。停滞していたのは、そのエリアの地震エネルギーにひきつけられていたと考える。     -09:51-

2009/10/18

★10/17 茨城県北部 M4.1震度2、★10/17 東京都23区 M2.5 震度1
東北太平洋側と関東は概ね晴れ、今日は新月。特異日期間と重なるビックトリガー。関東地方・東海一帯・東北太平洋側は地震発生に注意。
◎彗星近日点の16日、台風20号が発生し、フィリピンの東に向かう見込み。  -08:25-

2009/10/17

◎長野県南部を震源とする地震が増えて、震度も強くなってきている。7月→1回、8月→2回、9月→5回、10月は17日朝までに8回で震度も強くなっている。10/6 M3.9震度3、10/12 M3.6震度4、10/16 M3.6震度3、となっている。今年初めて本州上陸の強い台風18号も渥美湾から飯田→諏訪を通過している。この地域は中央構造線帯であり、この辺りに地震発生が多くなるという事は地震エネルギーが地殻表面近くまでせりあがってきていると考えられる。
◎昨日、日本では鹿が海におぼれ救出された。アメリカでは鹿がコンビニに突入した。動物の異常行動も注視です。  今日も大潮ビックトリガーそして、彗星近日点の2日目、明日18日は新月。    -10:12-

2009/10/16

今日は彗星近日点、加速器〝タテシナ〟が稼動する。晴天下の地震に注意しましょう。今日16日は新月大潮の始まり、これから気象変化が始まる。    -10:51-  

2009/10/15

◎彗星近日点の2日目、14日から地球ダイナミズムが活発になっている。ドイツでは雪、イタリアは突風や大風、モスクワは今の時期としては異常に温かい15℃(この時期過去に一番高かったのは18℃)。 当地は今朝方から靄で遠方がかすんでいる。長野県は午前中まで全域に濃霧注意報がでている。明日は彗星近日点、特異日が重なる日、そして新月大潮の始まる日。   -09:06-   

2009/10/15

◎彗星近日点の2日目、14日から地球ダイナミズムが活発になっている。ドイツでは雪、イタリアは突風や大風、モスクワは今の時期としては異常に温かい15℃(この時期過去に一番高かったのは18℃)。 当地は今朝方から靄で遠方がかすんでいる。長野県は午前中まで全域に濃霧注意報がでている。明日16日は彗星近日点、特異日が重なる日、そして新月大潮の始まる日。  -09:06-   

2009/10/14

◎今日は彗星近日点2日目、地気が多く山並みが霞んでいる。16日は彗星近日点、10月に入ってから、3つ目の彗星近日点。そして16日は新月大潮の始まる日で、16日・17日・18日はビックトリガー日となる。    -10:39-
★10/14 10:15 新島・神津島近海 M3.3 震度3

2009/10/13

★10/12 16:10 長野県南部 M3.6 震度4
★10/12 18:42 福島県会津 M4.9 震度4
◎今日も晴れているが、まだ絹雲の発生がない。ひき続き地震には警戒です。今日はMN.
                                                                                                          -09:32-

2009/10/12

今日は彗星近日点。加速器〝タテシナ〟は稼動する。彗星近日点で、絹雲の発生の無い時は緊張状態。 今日も晴天、関東一帯、東海地方は地震に注意。   -10:02-

2009/10/11

★10/10 17:43 浦河沖 M5.1 震度4
◎滋賀県にあるダイハツ工業の工場で10日、アルミの粉塵の発火が原因とみられる火事があり、3人が死傷した。
モノポールが空中に充満しているときには、火が燃えやすくなる。今日は下弦、明日は彗星近日点。昨日から青空が広がってきている。    -09:35-

2009/10/10

◎7日の彗星近日点2日目に台風19号が発生した。10月の彗星飛来は5個と月の平均より多めで、気象変化も激しく、雨も多くなる。今日は西高東低の気圧配置、日本列島が広く高気圧に覆われて、晴天になった時に、18号の進んだエリアや関東一帯、東海地方は地震に警戒となります。明日は下弦、12日は彗星近日点。      -12:47-  

2009/10/08

◎7時30分気象庁発表によると、台風18号は8日7時には飯田市の西南西約30㎞にあり、北北東へ毎時50㎞で進んでいる。中心気圧は960hpa、中心付近の最大風速は40m/sです。8日8時の推定位置は、諏訪市の南西約40kmです。
台風は渥美湾から飯田市→諏訪市と中央構造線を辿って進んでいる。関東大震災の少し前に台風が新潟沖を通っている。今後の台風の進路に注視。昨日は彗星近日点。
★10/8 07:03(日本時間) 南太平洋のバヌアツで M8.0
                                                -08:56-

2009/10/07

今日は彗星近日点。今日から特異日が始まり、台風18号も秋雨前線と供に発達してくる。台風は今朝方南大東島で最大瞬間風速60メートルを記録した。この10年間で最も強い台風18号が列島上陸するという事は、それに見合った大きな地震エネルギーが日本列島に蓄積されているという事だ。台風の進路に注視し、その後の地震発生に警戒。  -09:46-

2009/10/06

◎今年に入って、一番強い台風18号は気象庁によると8日3時には足摺岬の南約160㎞と、紀伊半島に接近。 西日本から東日本に接近、上陸する見込み。上陸すれば2年ぶりとなる。
★10/6 06:34 山梨県東部 M2.9震度2
★10/6 07:49 長野県南部 M3.9震度3
★10/6 08:38 和歌山県北部 M3.0震度2
明日7日は彗星近日点、台風はより発達してくるだろう。

SIDCが発表した9月の黒点数データより、9月の無黒点数は、19日でした。前月である8月に、1ヶ月間連続の31日という今極小期最高値を記録したのですが、その翌月は、約1年ぶりに20日台を割ることになりました。  10/6 08:35 更新 宇宙天気ニュースより)

これから、黒点の出現頻度が高くなってくれば、いよいよ第24周期の上昇期に入ってきたことになるのだが・・。         -09:42-          

2009/10/05

★10/4 12:36(日本時間) インドネシアのパプア北海岸 M5.5
★10/4 19:58(日本時間) フィリピンのミンダナオ島 M6.6
★10/4 23:02(日本時間) 台湾地域 M4.5
★10/5 02:02(日本時間) サモア諸島地域 M5.4
★10/5 02:09(日本時間) トンガ M5.2
★10/5 02:51(日本時間) パプアニューギニア M5.4
台風17号・18号の生まれたエリア、進むエリアに連なって地震が発生している。台風のエネルギーと地震のエネルギーは同根である。  地震のエネルギー(モノポール流量)は、冬には大寒波・豪雪、夏は熱波・雷・集中豪雨など地球上の気象条件により、様々な地球ダイナミズムとして現われてくる。              -10:34-

2009/10/04

★10/4 00:36(日本時間) 琉球諸島 M5.1
★10/4 02:36(日本時間) 台湾 M6.1
◎10月4日10時30分気象庁発表で、台風17号は4日9時にはバシー海峡付近にあって西北西へ進んでいる。5日から7日にかけてバシー海峡付近にほとんど停滞する見込み。
◎10月4日9時00分気象庁発表で、猛烈な台風18号は7日9時には南大東島近海付近へ達する見込み。
・台風17号の進路、台湾にM6.1の地震が発生し、台風18号の進路、琉球諸島にM5.1の地震が発生した。 台風は地震エネルギー蓄積エリアに進路を取る。   -11:27-

2009/10/03

◎非常に強い台風18号の進路に注視。予報では、6日午前9時には日本の南に進んで来るという事だが、7日は彗星近日点で、この付近から更に発達してくる可能性がある。明日は満月。晴天になった時の地震に注意。     -11:25-

2009/10/02

◎太陽では、1日12時(日本時間)に1027黒点群でB7の小さなフレアが発生した。
◎2日午前7時気象庁発表で、非常に強い台風18号は、5日午前3時には、沖の鳥島近海との予報。  今朝の東京は細かい雨が降っている。細かい雨は地震の前兆現象、昨夜は関東山地上空に黒雲が広がっていた。4日は満月。     -08:59-

2009/10/01

◎台風17号は発達しながらフィリピンの東を進んでいる。 今日の‘ひまわり’には、東シナ海に発達した低気圧が現われている。 明日からいよいよ満月大潮が始まり、警戒期間に入っていく。     -09:20-