月別アーカイブ: 2009年6月

2009/06/30

◎29日未明、湖南省で列車衝突事故で3人死亡。60人が負傷。
湖南省の近く、★29日18時03分(世界時)頃、四川省の東を震源とするM5.2の地震発生。

地震エネルギー蓄積エリアは、失敗の環境エリアともなります。     -13:10-

2009/06/29

◎今日は上弦。6月26日の「一言」、加速器〝大山〟からの大放射で相模のエネルギー蓄積を観測したが、★6月29日06時13分頃 千葉県南部を震源とするM4.2、震度2の地震エネルギー解放があった。上弦トリガーでのエネルギー解放であった。

◎今日の宇宙天気ニュースを見ると、28日18時(世界時28日9時)頃に太陽風磁場が大きく南に切り替わり、磁気圏が活動的になっている。・・・-5nT~-10nTの強い南向きの磁場に切り替わった。とあり、もう暫くは-5nTくらいの南向きが続くようだ。

◎7月に入ると、大きな天体現象(7日の満月半影月食、22日の新月は皆既日食)がある。この両日はともに彗星近日点でもある。4日のEFから始まり、地震・噴火は活動的になる。

◎インド北部・東部は、連日の熱波で、4月以降の死者は100人を超えている。最高気温は48度。さらには、モンスーンの到来も、まだない。 米ミズーリ州~テキサス州も先週から熱で、ヒューストンは24日、気温が40度に上昇、6月としては過去最高を記録した。
                                             -10:41-

2009/06/27

◎太陽は無黒点に戻り、フレアもなく穏やか。台風4号も消えた。梅雨時とは思えない真夏日になっている。日本列島から梅雨という季節がなくなるのではないかと思われる。
環太平洋の地震活動は、静かになっている。29日は上弦。この付近に地震・噴火活動が活発になる。     -10:19-

2009/06/26

◎現在の台風4号の進路予想を見ると、26日15時には南シナ海北部付近へ達し、28日15時には華中で熱帯低気圧に変わるとなっている。台湾方面への急カーブの進路予想は変わった。これは、25日に台湾付近を震源とするM5.0の地震エネルギーの解放があった事から、この方面の地震エネルギーが少なくなり、台風は進路を取らなくなったと考える。
◎昨日は、加速器〝大山〟からの大放射が青空にひろがり、この大放射は、昨日ほどの勢いでないものの、先ほどまで見られた。これは、相模のエネルギー蓄積を現している。

★6月25日23時04分 大分県西部を震源とするM4.6震度4の地震発生。

太陽風速度の上昇がやって来ました。昨夜、24日23時(世界時24日14時)頃から速度の上昇が始まり、今朝、25日6時(世界時24日21時)頃に、500㎞/秒に達しました。速度の上昇はそこで落ち着いて、その後はゆっくりと下がり始め、現在は460㎞/秒です。・・・今回の太陽風の変化で興味深いのは磁場の変化です。ACEの磁場強度のグラフ(白線)は、24日20時(世界時24日11時)に10nTの強い山、25日3時(世界時24日18時)に20nTの更に強い山を記録しています。速度も密度も、ほとんど変化していないのに、磁場だけが突出して大きく変化しました。(2009/6/25  13:26更新 宇宙天気ニュースより)
                                             -10:28-

2009/06/25

◎台風4号の予想進路を見ると、6月27日3時から6月28日3時には、40度ほど東〈台湾方面〉へ急カーブしている。台風は、エネルギー蓄積の多いエリアに進路を取る。

★6月25日06時10分頃 台湾付近を震源とするM5.0震度1の地震発生。   -09:18-

2009/06/24

◎22日の「一言」に、23日は特異日中の特異日と記したが、やはり大き目な地震発生があり、失敗の環境も顕著にあらわれた。  23日は彗星近日点新月MNが重なった日であり、前日の22日も彗星近日点であった。
★6月23日10時06分頃 福島県沖を震源とするM4.3震度1。
★6月23日16時24分頃 三陸沖を震源とするM5.0震度2。
★6月23日16時37分頃 宮城県沖を震源とするM5.5震度4。
22日の気象衛星画像には、大きな雲の渦が見られていた。

・22日午後5時(日本時間23日午前6時)、ワシントンの地下鉄「レッドライン」で、列車の追突事故が起き、約70人が重軽傷を負い、死者は9人となった。ワシントンの地下鉄歴史上、最悪の事故となった。
・23日、福島県いわき市ではトラックが舗装工事現場に突っ込み、作業員4人が死亡。原因は、いねむり運転らしいとの事。
                                              -09:25-

2009/06/23

今日も彗星近日点、そして新月MNの重なる日でもある。当地は朝から爽やかな青空。午前9時頃には、南方向に久しぶりの熊のジョン崩れが観られたが、今は少しバラケて規模も小さくなっている。22日・23日と加速器〝タテシナ〟は忙しく稼動している。
・・・太陽の南半球に、一気に2つの黒点群が出現しました。・・・磁場分布を見ると、どちらも新しい第24期の極性の様です。今月は、これで4つめの黒点群です。いよいよ潮目が変わったのかもしれません。(2009/6/22 15:33更新 宇宙天気ニュースより)     -11:21-
 

2009/06/22

◎21日から大潮が始まっている。今日、明日と続いて彗星近日点、23日は新月そしてMN、特異日中の特異日となる。 アメリカ南部のフロリダ州では昨日から熱波となっている。東部ミシガン州では洪水と竜巻が発生している。気象衛星画像には、太平洋・サハリン・日本海と、大きな雲が渦巻いている。 今日から新月の23日付近は地震・噴火に警戒です。   -09:15-

2009/06/21

◎6月20日12時44分頃 与那国島近海を震源とするM5.1震度1(沖縄県)。
今日は夏至。午前中の雨も止み、昼からは青空に絹雲が広がっている。22日・23日は彗星近日点、そして、23日は新月MNと強いトリガーが働く。激しい雷雨のあったエリアは注意しましょう。     -14:31-

2009/06/20

◎台風3号は23日、華中で熱帯性低気圧になる模様。今日は全国的に青空が見られるようだ。明日は夏至。  沖縄諸島も、今日はよく晴れるとなっているが、梅雨前線の長い停滞や、大雨が降っている事から、エネルギーの蓄積が考えられる。明日から23日までのトリガー日には、晴天高気圧下の地震発生に注意しましょう。    -08:43-

2009/06/19

◎台風3号が南シナ海に在り、東にゆっくりと進んでいる。 予報では、22日には台湾海峡から、北へゆっくりと進む。
・21日は大潮で、このあたりから23日の新月まで台風は発達してゆく。加えて、22日.23日は彗星近日点。沖縄諸島は、警戒しましょう。      -10:06-

2009/06/18

◎イラン大統領選のデモは、拡大し、死者・負傷者も出た。テヘラン中心部では、100万人とも報じられている人で溢れている。 特異日期間には、社会現象も拡大してゆく。
・九州・近畿・中国・四国は今日も気温が上がり、晴れマーク。西日本に雨の降る様子はない。
梅雨前線の動向に、注視しましょう。前線が入り込めない理由を考えて見ましょう。  北海道東部では、エネルギーの解放が続いています。 昨日、当地の空は、美ヶ原・霧が峰方面からの壮大な放射状鱗雲が観測されました。これだけの規模の鱗雲は、久しぶりです。フォッサマグナ上に地震エネルギーが蓄積されています。 関東、伊豆・小笠原諸島は夏至の頃、地震発生に注意しましょう。    -09:18-

2009/06/18

◎イラン大統領選のデモは、拡大し、死者・負傷者も出た。テヘラン中心部では、100万人とも報じられている人で溢れている。 特異日期間には、社会現象も拡大してゆく。
九州・近畿・中国・四国は今日も気温が上がり晴れマーク。西日本に雨の降る様子はない。梅雨前線の動向に、注視しましょう。前線が入り込めない理由を考えて見ましょう。  北海道東部では、エネルギーの解放が続いています。     
◎昨日、当地では、美ヶ原・霧が峰方面からの壮大な鱗雲の大放射が観測されました。久しぶりの大きなスケールです。フォッサマグナ上にエネルギーの蓄積がされています。夏至の頃、関東地方、伊豆・小笠原諸島は地震発生に注意しましょう。      -09:28-

2009/06/17

6月12日、千島列島の北に位置するサリチェフ火山が噴火し、灰の広がりで、付近を飛ぶ飛行機のルート変更があった。  12日は彗星近日点。そして、昨日16日の彗星近日点・下弦には、オホーツク海南部を震源とするM5.2、震度1の地震が起きた。同じく16日、梅雨前線が停滞し、激しい雨が降った沖縄では、沖縄本島近海を震源とする、M3.3震度1の地震が起きた。          -09:53-

2009/06/16

今日は6月に入ってから3個目の彗星近日点そして下弦。
◎沖縄地方に梅雨前線が停滞している期間が長くなっている。南西諸島に地震エネルギーの蓄積が見られる。地震に警戒しましょう。     -09:18-

2009/06/15

・14日は彗星近日点。 ★6月15日3時32分頃 青森県東方沖を震源とするM4.0震度2の地震。★6月14日19時18分頃 豊後水道を震源とするM4.5震度2の地震。
◎昨日の当地は、断続的に激しい雨が降り、雷もあった。 16日は彗星近日点 そして下弦。
前線の停滞している奄美大島付近は、前線の去った後の地震に警戒しましょう。西日本の降水量は例年の3割くらいで、梅雨に入ってからも雨は少ない。気になるところである。    -08:41-

2009/06/13

◎特異日2日目失敗の環境下、事故・事件が続く。  ・大阪府の少年殺人事件・新潟県の胎内市では海釣りのプレジャーボート転覆、3人死亡・大分市佐賀関の港に停泊中の船内で、銅鉱石の荷揚げ準備中の作業員3人が、酸欠で死亡。
◎明日14日は彗星近日点、16日は彗星近日点そして下弦。12日から重なってやって来る彗星近日点。この特異日期間中は、十分な警戒が必要です。     -14:14-

2009/06/12

◎入梅の発表があったばかりだが、佐久の空は晴天で爽やか。今日は彗星近日点、加速器〝タテシナ〟が稼動し、久しぶりに巻雲が広がっている。今日から特異日が始まる。    -10:55-

2009/06/11

太陽コロナには、目立ったコロナホールは見られず、次に高速風がやってくるのは、新しいコロナホールの出現を待たなければならないでしょう。(2009/6/10 09:00更新 宇宙天気ニュースより)
◎ここのところ、黒点群の出現頻度が高くなっており、太陽は、第24周期の活動上昇期に入るのかと思われたが、1020黒点群も、消えてしまうようである。明日から彗星近日点が、一日おきにやって来る。久しぶりの特異日期間に入る。     -09:00-

2009/06/10

◎ここのところ社会面も、地球ダイナミズムも激しいものは現われていないが、12日・14日・16日と彗星近日点が続いてやってくる。この頃から社会面にも、地球ダイナミズムにも動きが出てくる。                -08:54-

2009/06/09

北半球側は、安定して24期の黒点群が出現する様になっています。前回も書きましたが、現在の問題はむしろ、いつ出現頻度が増加するのかということかもしれません。(2009/6/9 10:22更新 宇宙天気ニュースより)
◎満月トリガーも今日あたりで、終わる。12日は彗星近日点で特異日が始まる。   -11:38-

2009/06/08

磁場の長時間の南向きも終わり、南北成分は、北に南にと変動しています。磁気圏も静穏です。AE指数には、目立った変化は見られません。・・・
太陽も、1019黒点群が消えて、無黒点になったままです。X線データでは、B2の小さなフレアがひとつ起きています。(2009/6/7 12:54更新 宇宙天気ニュースより)
◎太陽環境は、B2の小さなフレアがひとつ起きているだけだが、今日は満月、地震・噴火に気をつけましょう。  失敗の環境では、感情的なトラブルが発生しやすいので、人との会話には注意しましょう。自動更新地震活動(関東)を見ると、伊豆諸島を中心に地震活動が活発になっている。      -08:46-    

2009/06/07

★6月6日19時38分頃 択捉島を震源とするM5.4 震度1の地震。
・・・太陽風磁場の南北成分は、昨日いっぱい、-4nTほどの南向きがずっと続きました。この影響で、AE指数のグラフも、太い状態が続きました。昨日のグラフは、更に太くなっていて、300~500nTくらいの変化が連続的に見られます。(2009/6/6  09:28 更新 宇宙天気ニュースより)     ◎明日は満月。                 -08:33-

2009/06/06

★6月5日12時30分頃 十勝沖を震源とするM6.3震度4(日高、十勝)の地震が起きた。
◎1019黒点群のフレア活動が、大潮の始まり付近のトリガーと重なって起きた地震と考える。また、南向きの磁場が長く続いたことも要因となっている。8日は満月。
・・・・・一方、太陽風磁場の南北成分は、昨日からずっと南向きが続いています。このため極域では磁気圏活動の影響が小規模ながら続いています。AE指数のグラフは、ずっと太くなったままです。(2009/6/5 09:17更新 宇宙天気ニュースより)     -09:29-   

★6月6日14時58分頃 千葉県東方沖を震源とするM5.9震度3(千葉県・茨城県)の地震が起きた。     ◎今日は大潮の始まり。               -15:19-

                
                                     

2009/06/05

◎明日は大潮の入り、8日は満月。
1019黒点群は、小さなフレア活動を続けています。Bクラスにやっと届く程度ですが、この24時間に2回起きています。この後も、同じくらいの活動が続きそうです。(2009/6/4  10:25更新  宇宙天気ニュースより)   -09:06-

2009/06/04

・・・黒点の現われ方を見ていると、ゆっくりと第24活動周期へと移行していることは確かだろうと思います。現在、太陽の北半球に出現している1019黒点群ですが、ぎりぎりBクラスに達するフレアを起こしています。ただ、GOESのX線グラフは下がり始めていて、早くも活動度は弱まっているのかもしれません。  (2009/6/3 11:16 更新 宇宙天気ニュースより)
◎6日から満月の大潮に入る。1019黒点群に起きた、ぎりぎりBクラスに達するフレアの影響が、6日からの満月トリガーと重なると、噴火・地震が活発になってきます。     -08:50-

2009/06/03

◎いよいよ太陽は新しい活動周期に入ったのだろうか。
1019黒点群は、規模が大きくなっています。・・・・GOESののX線データが最低レベルを脱して、Aクラスの範囲で変動するようになったのです。フレア活動としてX線強度がA、Bクラスに上がるのではなく、ベースラインがここまで上がるのは、かなり久しぶりのことです。基準がはっきりしない話ですが、2008年3月下旬~4月上旬の太陽活動以来、およそ1年ぶりと言えそうです。太陽活動は次のステップに進みつつあるのかもしれません。今後、1019黒点群が小規模のフレアを起こす可能性もあります。(2009/6/2 09:05更新 宇宙天気ニュースより)
◎5月30日午後8時23分頃、鹿児島市・桜島の昭和火口で爆発的噴火が起きた。噴煙の高さは約3700メートル。2006年の活動再開以後では、4月9日の4000メートル以上に次ぐ高さ。
6日から、満月の大潮が始まる。       -09:38-

2009/06/02

◎5月31日午後7時(ブラジル時間)、リオデジャネイロ発パリ行きのエールフランス航空447便が1日、大西洋上で消息を絶った。落雷を受けた可能性があるという。
◎5月28日17時24分頃(日本時間)には中南米、ホンジュラス付近で、M7.1の大地震が発生している。 日本では、6月1日0時33分頃、福島県沖を震源とするM5.1の地震が発生した。事故・事件、気象変化、地震の発生などは連続する事が多い。
・太陽面に、1019黒点群が出現しました。・・・・・・・活動領域は前から見えていたのですが、昨日のニュースの後くらいから急に黒点群が発生しています。・・・・出現した緯度から考えて、新しい第24活動周期の黒点群でしょう。(2009/6/1 10:28更新 宇宙天気ニュースより)

ここのところ、黒点群の発生する間隔が短くなってきている。いよいよ、第24周期の太陽活動期に入ってきたのだろうか。     -09:16-

2009/06/01

★6月1日0時33分頃 福島県沖を震源とするM5.1震度3の地震。
  宮城県・福島県で、震度3の揺れがあった。
昨日は上弦、低気圧が発達した東北太平洋側に、エネルギーの解放があった。   -08:01-