月別アーカイブ: 2009年5月

2009/05/31

・太陽風の速度は、400㎞/秒付近をゆっくりと下がっています。太陽風は、小さく速度が盛り上がっただけで終わりそうです。(2009/5/30 08:15更新)
◎今日は上弦、北海道・新潟・東北太平洋側では雨。次の彗星近日点は6月12日。   -11:09-

2009/05/29

・昨日は、パソコン不調で更新ができませんでした。
★日本時間 5月28日17時24分頃 中南米のホンジュラス付近で、M7.1の大地震が発生。
・昨日の昼、28日13時(世界時28日4時)ころから、太陽風に変化がやってきました。磁場強度が3nTほどから、5~10nTに強まり、速度も、280㎞/秒から、450㎞/秒へと上昇しました。小さなコロナホールの影響がやって来たのかもしれません。・・・・・太陽風磁場が強まったところで、南北成分が南寄りになりました。その影響で、磁気圏活動がやや強まっています。AE指数は、200~500nTの小規模変化をしています。(2009/5/29 09:14 更新 宇宙天気ニュースより)
◎5月27日、午前1時41分頃、浅間山の山頂火口付近でごく小規模噴火が発生した。噴火は5月3日以来。26日に、火山性地震が128回と、火山活動が高まっていた。
5月25日は彗星近日点26日はMN(月が最近)だった。     -10:42-

2009/05/27

◎昨日26日は彗星近日点2日目。そしてMN(月が最近)だった。
★5月26日19時31分頃 浦河沖を震源とするM4.6 震度3。
★5月26日19時13分頃 小笠原諸島西方沖を震源とするM5.2 震度1。

◎雷や、雷雨の激しかった地域は、晴天高気圧になった時、地震に注意です。   -11:39-

2009/05/26

◎昨日、25日は彗星近日点
★5月25日 20時26分 静岡県西部を震源とする M4.6震度3。
今日はMN(月が最近)。今日は晴れているが、地気が多い。   -09:45-

2009/05/25

◎中国南部、広東省が大洪水になっている。昨年6月にも、中国南部では大洪水に見舞われ、甚大な被害が出ている。今日は彗星近日点。晴れ間の地震に警戒しましょう。   -09:43-

2009/05/24

◎太陽黒点群1017は消えたが、また太陽の南半球に新しい24周期の1018黒点群が現われた。ここのところ、黒点群が現われる頻度は高くなっており、そろそろ、太陽が活動期に移行していくのだろうか。今後も注視していきたい。
◎今日は新月で、朝方は静かな雨が降っていた。現在は晴れ間が出てきており、新月の凪の状態になっている。昨日は日暈が出ており、絹雲と鱗雲が空一面に勢いよく現われていた。明日は彗星近日点。               -10:07-

2009/05/23

◎5月22日、大潮の始まり。
★5月23日05時15分頃 石川県西方沖を震源とするM3.7 震度3
★5月22日16時33分頃 長野県北部を震源とするM2.1 震度2
                 15時30分頃 岐阜県飛騨地方を震源とするM3.1 震度2
石川県・福井県・岐阜県の3県にまたがる白山(成層火山)の活動に動きが出ている。 昨年9月から今年1月にかけて、最高で1日約80回の微小群発性地震が観測されている。噴火警戒レベルは、現在のところ、「平常」となっている。
◎長野県と山梨県は今日、7月の気温になる見込み。関東山地にもエネルギーが満ちている。今朝8時頃には、浅間山の右肩(福島方面)へ向かう薄いプラズマ雲が観測された。22日は大潮の始まり、24日は新月25日彗星近日点26日はMN。この間、晴天高気圧下の広域地震に気をつけましょう。
          -10:01-

2009/05/22

◎低気圧が太平洋に抜けてゆく。今日から、新月トリガーが始まる。国内では、24時間以上、有感地震が発生していない。低気圧が過ぎた後、晴天高気圧下は広域地震に警戒です。   -09:58-

2009/05/21

◎昨日は、加速器〝大山〟(丹沢大山)から、海軍旗を二分したような雲が空一面に観測された。 これは、小規模だがオーロラ活動が続いた事によると考える。  AE指数(オーロラ・エレクトロジェット指数-オーロラが観測される地域、オーロラ帯の平均的な活動度を示す指数)が高くなると、地震が発生してくる。 明日から大潮が始まる。雲の変化に注視しましょう。  -09:21-   

2009/05/20

◎2009/5/19 10:06 更新の宇宙天気ニュースでは、太陽風は低速(300㎞/秒)、太陽のプラズマ密度も低め、フレア活動は全くなく、太陽はとても静かですとなってる。昨日の国内の地震も震度1と、静か。 22日からの新月トリガー、大潮が始まる頃は、注意です。     -09:05-

2009/05/19

◎昨日は、2本の平行するプラズマ雲が、蓼科山付近から、関東へと向かう。
◎ウイルスは、彗星近日点付近になると活発化する。22日、大潮の始まりから、25日の彗星近日点付近は、新型インフルエンザも、より広がるでしょう。
                                              -10:18-

2009/05/18

13日の彗星近日点では、太陽風は低速だったが、太陽風密度は16時間に渡り高くなっている。17日の彗星近日点では、低速太陽風から400㎞/秒の通常速度に上がった。
この間、★5/17日7時13分頃 福井県嶺北を震源とするM3.0 震度3 ★5/15日3時38分頃 新島・神津島近海を震源とするM3.7 震度3 などの地震があった。
13日から17日迄、低気圧が続き、大きなトリガーとはならなかったが、22日から新月の大潮が始まる。この頃、晴天高気圧下は少し大き目な地震、噴火に注意です。

◎霧島・新燃岳の火口湖「新燃池」の色が、4月末頃から茶色に変わった。普段は青緑色だが、昨年8月22日の噴火から、灰白色→黄緑色→茶色と変化した。福岡管区気象台は、「過去にもあったと聞くが原因が分からない」という。現在、新燃岳では火山性地震や微動などの活発化はみられていない。
                                             -10:07-

2009/05/17

今日は彗星近日点、そして弦。
★17日07時13分頃 福井県嶺北を震源とするM3.0 震度3 
                                              -09:46-

2009/05/16

◎昨日は、-7nTの南向き磁場が数時間続き、中規模オーロラが発生している。夕方、冠着山(姨捨山)からの放射状雲が観測された。新潟市からは、竜巻雲や、プラズマ雲のレポートが寄せられている。17日は彗星近日点そして弦。 気温差の激しい日が続いている。      -10:16-

2009/05/14

今日はMF(月が最遠)17日は彗星近日点そして弦。
◎北海道を中心に雲が渦を巻いている。サハリン(樺太)付近、北海道東部は、寒気の去った晴天下、地震に注意しましょう。
◎昨日13日の彗星近日点には蓼科山付近から、壮大なスケールでシャクが発生。加速器〝タテシナ〟は稼動している。
                                        -08:42-
〈明日の今日の一言は、所用にて休みます〉

2009/05/13

★5月12日 19時40分頃 新潟県上越地方を震源とするM4.6 震度4
5月11日のBクラスの小さな太陽フレアと、彗星近日点付近であることがトリガーになっていると考える。
◎新潟県中越沖地震(07年7月)から、1年10ヶ月ぶりに県知事から容認され運転再開、起動試験運転が始まったばかりの柏崎刈羽原発だが、早くも11日には、冷却系システムで2つのトラブルが起きている。情報公開のあり方にも疑念がもたれ、今後の安全性が懸念される。
今日は彗星近日点、明日はMF(月が最遠)。
                                     -10:05-

2009/05/12

◎北海道の地震エネルギー解放が続いている。
 ★11日20時31分頃 網走支庁紋別地方 M3.2 震度2
 ★10日16時52分頃 網走沖 M4.4 震度2
 ★10日11時30分頃 日高支庁中部 M4.2 震度2
明日13日は彗星近日点14日はMF  
                                                                  -09:20-                     


 
 

2009/05/11

◎9日・10日と、全国的に夏日が続いた。原因は、太陽フレアにあると考える。
・Bクラスの小さな活動が2回発生しています。それ以外の時間でも、小さな変動が連続的に発生していて、活動領域がざわついていることが分かります。より活動的なものは、奥側に見える活動領域です。大きなフレアはともかく、Cクラスくらいは発生するかもしれません。それでも、5ヶ月ぶりのことになります。(2009/5/10 11:36更新 宇宙天気ニュースより)   -10:59-  

2009/05/09

◎今日は満月。日本列島は広く高気圧になっている。  満月トリガーに注意。
◎太陽の北半球では新しい、24活動周期の極性を持つ磁場が現われた。これから、太陽活動が活発化するのか、注視しましょう。     -10:10-

2009/05/08

◎7日、午前6時50分頃、JR横須賀線横浜ー新川崎駅間で、走行中の電車が自動的にブレーキがかかり停止。約35万7000人に影響があった。
・今日は大潮2日目、明日9日は満月。  満月トリガー、失敗の環境に注意。 -09:18-    

2009/05/07

◎台風1号は、7日午前6時頃には父島の南南東にあり、今日は南シナ海で台風2号が発生した。
・今日から大潮が始まる。台風の去ったあと、小笠原諸島・三陸沖は地震に注意。   -08:34-

2009/05/06

◎フィリピンの東に台風1号が発生した。
・昨日、千葉県の勝浦は土砂降りとなった。 明日7日から満月にかけて大潮になる。満月の頃の晴天高気圧下、低気圧の発達したエリアや気象変化の激しかったところは注意しましょう。     -10:04-

2009/05/05

5月3日、午前3時20分頃 浅間山でごく小規模噴火があった。噴火は4月30日以来。5月2日は上弦。4月30日は彗星近日点だった。
___________________
★5/4  08:41分頃 岩手県内陸南部を震源とするM3.2 震度1の地震。
         13:14分頃 宮城県北部を震源とするM2.7 震度1の地震。
★5/5  04:51分頃 宮城県北部を震源とするM3.8 震度2の地震。
         05:35分頃 山形県村山地方を震源とするM2.2 震度1の地震。
◎2008年6月14日 08時43分頃 岩手・宮城内陸地震(M7.2 最大震度6強)の地震発生から、来月で1年になる。
◎5月4日 17時22分頃、岩手県盛岡市で数十秒にわたりつむじ風が吹き抜けた(野球大会中のグランドで)。
・昨年エネルギー解放のなかった盛岡・八戸付近は、9日の満月トリガー付近は注意しましょう。
___________________      -10:52-     

2009/05/04

◎道東の気温差
今日も曇り空。全国的に最高気温が20℃を超えるようだが、道東では気温差が激しい。
今日の最高気温は、釧路(14℃)・根室(15℃)となっており、帯広(26℃)・北見(25℃)・網走(22℃)・紋別(23℃に比べると、10℃くらい低い。このような激しい気温差のある、釧路・根室付近のエリアは、低気圧の去った頃、そして大潮の始まる7日頃から、新月の9日頃まで、地震に警戒しましょう。  九州南部も注意しましょう。     -11:04-

2009/05/03

★5月3日 04時17分頃 北海道東方沖を震源とするM4.3 震度1の地震。
4月7日、噴火警戒レベルが「3」から「2」に引き下げられた浅間山で、4月30日午後8時2分頃、山頂火口でごく小規模な噴火が発生した。 噴火警戒レベルは「2」の火口周辺規制を継続。4月14日以来の噴火。        4月15日・30日は彗星近日点だった。

今日5月3日は、佐久バルーンフェスティバル(佐久熱気球祭り)だが、あいにく当地は曇り空。       -09:26-

2009/05/02

・30日は、彗星近日点だった。5月2日は上弦。 <・5月1日 20時58分 父島近海を震源とするM5.4 震度1の地震>発生。

・彗星近日点になり、特異日が始まり、気象変化が始まる。     -09:48-

2009/05/01

◎北海道で、激しい気象変化が現われ、地震エネルギー解放も続いている。気象も地象もエネルギーは同根である事を示している。
・北海道東部では4月30日、25℃以上の気温上昇となり、帯広では25.8℃、釧路では27.2℃の夏日となった。北海道は4日前の26日には発達した低気圧で、太平洋側、日本海南部を中心に吹雪となり、帯広では10㎝、釧路では4㎝の雪が降っている。4日間で冬から夏の激しい気温変化が起きている。そして、連日の地震発生。

4/28日 20時21分頃 釧路沖を震源とするM5.6 震度4
4/29日 08時00分頃 十勝沖を震源とするM4.4 震度2
4/30日 01時35分頃 釧路支庁中南部を震源とするM3.5 震度1
4/30日 19時41分頃 浦河沖を震源とするM4.0 震度1

・北海道東部の地震エネルギー解放は続く。 30日彗星近日点で特異日が始まり、5月2日は上弦、7日から大潮が始まり9日は満月。特異日期間の満月ビックトリガーとなる。この間、広域地震、噴火に注意。            -09:48-