月別アーカイブ: 2007年8月

2007/08/31

明日9月1日は二百十日(立春2月4日から数えた日、台風シーズン襲来として暦に載る)、防災の日。関東大震災のあった日。地震が本当に怖いのは都会という文明社会だ。人々の生活には、もっと空間が必要だ。    -08:46-  

2007/08/29

太陽からのモノポール発生リズムと気象変化リズムと地震発生リズムの関連を時間の推移のなかで捉えてみよう。大雨、集中豪雨の後は地震。     -08:44-

2007/08/28

今日は満月、そして皆既月食。朝からミンミン蝉の声。その背後にクマ蝉とアブラ蝉の声。夜は虫の声が大きくなってくる。冴え渡る満月であれば地震。    -08:23-

2007/08/27

ギリシャの地震予知法、バン法は有名だ。地電流で地震を予知する方法だ。そのギリシャが大変な山火事、世界の国々で援助している。モノポールが満ちていると火は燃えやすく消えにくい。   -08:24-   

2007/08/22

グリーンランドで氷が溶けている。ハイチで12人の死者を出したハリケーン‘ディーン’はカテゴリー5。日本では猛暑が続いている。今、人類はかつて無い失敗の環境に突入しているのだろうか。    -08:40-

2007/08/21

生命の環境がサムシンググレートによって矯正されているのだろうか。今の自然界の激変は、現代文明が生命環境を破壊している事への揺り戻し現象なのかもしれない。
     -08:32-

2007/08/16

昨日、14時40分群馬県(館林)で40.2度になった。14:30分頃に群馬県から湧き出した雲が17:00頃には茨城県に拡大。この暑さは地下からの輻射熱も加担していないだろうか。    -08:43- 

2007/08/15

緊急地震速報の怪 ①P波S波の時間差を利用したシステムなので、直下被害地には意味をなさない。 ②いきなりの速報は密集地や高速道でパニック被害が必ず起きる。この二次災害を想定しないとは信じられないことだ。       -08:56-

2007/08/14

日本列島、そして列島をとりまく海を覆う高気圧。その周りを円運動で雲が進んでいる。高気圧下の日本列島に十分な地震エネルギーがある証だ。    -08:28-

2007/08/12

8月13日の午前、ペルセウス座流星群が極大になり、地球がそこに突入する。結果、地震エネルギーのモノポールを地球は取り込むことになるだろうか。     -08:32-

2007/08/08

台風6号は台湾付近から西へ進み10日華南で熱帯低気圧に変わる様子。昨日は沖縄本島北西沖でM6.4の地震。中国東部は10日程前から雲の湧き出し顕著。エネルギー蓄積がみられていた。    -08:47-

2007/08/07

シュモクザメが静岡県の海水浴場に現われた。沖合いに生息するシュモクザメが浅瀬に来たということは沖合いに異変があると言う事だ。     -08:24-

2007/08/06

午前2時頃から近所の犬が1時間程、激しく吠え立てていた。自然現象に異様を感じたのだろうか。今日は下弦、高速太陽風がやって来る。    -08:49-

2007/08/05

夏のセミの声が変だ。子供の頃はアブラゼミやミンミンゼミだったのに、クマゼミが鳴いている。かって、クマゼミは奥山で鳴いていた。    -08:34-

2007/08/04

インドで洪水、バングラデシュと合わせ180人の死者。気象変化は続く。台風通過後の佐賀インターハイ開催グランドから撮影された太い半アーチ状雲をテレビのニュース番組で見た。気象庁の解説では、不安定な気流とか。台風5号の進路、東北北部、北海道南部、九州、要注意。    -08:45-

2007/08/03

1日夕、ミネソタ州で起きた全長600㍍の幹線道路の橋(40年前に作られた)の落下で、50台の車が川に投げ出された。29日から現在も続いている太陽の高速風という‘失敗の環境下’で発生したモノポールは、橋の金属疲労部分の破壊を加速させ大惨事となった。関係者の説明では一昨年、昨年の検査では問題無かったとのこと。サハリンでは2日、M6.4の地震発生。     -09:02-