月別アーカイブ: 2006年9月

2006/09/29

彗星近日点から、磁気団がやって来るのは平均2日後ぐらいだ。28日は朝から地震雲が活発に終日続いた。今朝は磁気量が多いのか寝過ごしてしまった。  -08:43-

2006/09/28

携帯電話・・27日から電池切れでもないのにアラームが3回も鳴った。今朝、京葉線で電車がストップ。東京、茨城、千葉、福島、宮城は、きのう集中豪雨。この地域にエネルギー蓄積があると考えられる。晴天、高気圧下、要注意。   -08:53-

2006/09/27

地球ダイナミズムの幕開けは、まず地震そして雨。ところで「どうして雨が降るのだろうか?」という問いを発した事ありますか。ちなみに絹雲(巻雲)はどうして出来るのか気象物理では理論はありません。「雲はどうして出来るのか?」と言う問いも又、興味あるところです。  -08:52-

2006/09/26

今日は既に地球ダイナミズムが始まっています。勿論特異日期間です。民主党の小沢代表の体調が悪いのは特異日によるものかもしれません。シャクは25日から活発。 -08:54-

2006/09/25

この頃、見知らぬ鳥の声を耳にする。南に帰る渡り鳥なのか、それとも危険を感じる土地を避けて来ているのか。伝書鳩レースは蓼科山付近を避けてコースをとるようだ。-09:02-

2006/09/24

27日周期の高速太陽風が巡ってきます。地震トリガーになります。体調の変化に気をつけましょう。22日(金環日食、新月、月の最遠日)・・その日ドイツでリニアモーターカー<時速200キロ>の事故が起き、23人の犠牲者が出た。ドイツの威信をかけた最先端のハイテクによる事故だった。  -08:53-

2006/09/23

22日の新月、23日迄引き続き大潮です。注意しましょう。台風14号が伊豆諸島に接近、台風通過後の地震発生に気をつけましょう。  -09:02-          

追記 … 本日、11時14分 宮古島近海を震央とするM4.2 震度3の地震がありました。 -14:54-

2006/09/21

高気圧が広がる。高気圧には力がある。その力は地面を押さえつける。大潮と高気圧の力は地震を発生させるトリガーである。今日は二十八夜、新月の前日。  -08:56-

2006/09/20

今日は青空、地震日和。19日、熊のジョンも出現。巨大熊のジョンに成長し、夕焼けもあった。大きな地震発生の予兆である。今日から大潮の始まり、22日がピークになる。  -08:49-

2006/09/19

風強し! ミネソタ州、ミネアポリスで突風-死者一人-。日本の大分県ではダウンバーストで家屋破壊。宮崎県で竜巻-死者三人-メキシコではハリケーン上陸、風速50m。日本では台風13号…今週の地球ダイナミズムはこれだけだろうか?既に台風14号が発生。  -09:17-

2006/09/18

台風13号の進路に注意しましょう。13号の通った処は地震発生のエリアです。又、広域地震エネルギーの蓄えられていた処は22日の(新月、金環日食)の日に注意です。  -09:10-

2006/09/17

柏崎の村山君から、柏崎旧市内の家でネズミが数匹あかるい部屋に出てきて騒いでいる。それは中越地震の時にもあったという報告が入った。台風13号の進路が予想どうり大きく発達している。  -08:52-

2006/09/15

彗星近日点から2日目。磁気量が最大となる日です。それは台風をより活発化していきます。13号の通過箇所は警戒エリアとなります。・・朝から救急車が3回、田舎では珍しいことです。  -08:58-

2006/09/13

今日、13日は、彗星ワイスマン・スキフの近日点で、特異日の始まりです。厳しい暑さから急激な気温の低下。これによるプリンス・ルパーツの現象が顕著になってきます。  -08:22-

2006/09/11

今朝は薄い灰色の雲が空を覆っている。昨日は晴天でフォッサマグナと浅間山の北側で双極ブリッジの雲が観測された。そして異常な暑さであった。太陽光の他に高エネルギー粒子が降り注いでいるのだろうか。  -08:57-

2006/09/10

朝から暑い。今時の信州-佐久としては珍しいことだ。こんな時は気温だけでなく地温も高い。プリンス・ルパーツ、ドロップ迄には至っていないようだ。  -09:00-

2006/09/09

当地は晴天で緊張状態です。8日の満月は雲で月は見えませんでした。関東地方上空も高気圧下であったにもかかわらず雲が残っていました。今日は月齢16.7歳です。  -08:57-

2006/09/08

今日は満月、部分月食もありました。月の最接近日です。モノポールが多いと霧雨になります。東京は今朝、霧雨ともや。そして晴天になると緊張状態です。 -08:45-

2006/09/07

雨雲が厚い。昨夜からの雨雲が蓼科山を覆っている。月齢十四歳までは雨ですが、十五夜の日は晴れて地震発生というパターンになりそうだ。  -08:55-

2006/09/06

シャクは活発に発生、関東山地に集中。台風は日本海溝に沿って北上。今日は十三夜、大潮が始まります。十三夜はお産の神様として祭らわれている。  -08:48-

2006/09/05

4日13:32広島県北部を震央とするM3.9 5日07:09宮城県沖を震央とするM4.1の発震がありました。当地は朝方、小規模な放射形鱗雲が蓼科の肩から見られましたが現在又一面の青空で緊張状態に入っています。引き続き太平洋沿岸広域エリアは注意です。 -09:01-

2006/09/04

今朝は一面の青空。台風が発生して近づくと、しばしば日本上空は青空になる。モノポールが台風に吸い寄せられるからです。もうひとつ気になる事は日本列島が緊張状態に入っている可能性もあるということです。その場合には広域地震が疑われます。東南海、東海、太平洋沿岸は注意です。    -09:07-

2006/09/03

2日午前中、蓼科山上空に活発かつ雄大なシャクの発生があった。台風12号も日本の地震エネルギー蓄積箇所に進路をとっているようだ。    -08:55-

2006/09/02

1日夜 空は晴れて冷える。太陽からのモノポール量は、彗星近日点から2日目でピークになります。特異日期間は地球ダイナミズムに注目。特に台風12号の動きに注意しましょう。   -09:20-

2006/09/01

今日は防災の日、佐久の空は雨。特異日二日目に入り地球ダイナミズムが始まっています。地震の起きたあとには、よく雨が降り天気予報が外れることが多いのです。 
-08:49-