カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2019/02/19

-08:00-
◎今日は….(.雨水.)……

雪から雨へと変わってくる節気ですが、
九州~東北にかけて 雪 ではなく
雨(2月にしては雨も風も強い日)になり、
今日を境に、春に移るようです。

2月-現在まで震度3以上の地震は3回。
比較的 静穏に推移しています。

2019/02/14

-08:57-
◎伊豆大島近海         

*12日午後(極小地震 3回)につづき・・・

14日未明 伊豆大島近海を震源とする(極小・小)地震連続4回。

2/14  01:54  伊豆大島近海  M 2.0
2/14  01:23          〃      M  2.1
2/14  01:13     〃      M 3.4
2/14  00:30     〃      M  2.5

引き続き 関東地方の前兆に注視してゆきます。

____________________
____________________

<< 2019.02.15  -記-  >>

◎小笠原諸島に M 4.7   

2/15  12:35   硫黄島近海 M 4.7  (やや深発)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/15/2019-02-15-12-35-50.html 

 

2019/02/10

-19:35-
彗星近日点(11日)付近 震度4

2/10   14:34   奄美大島近海 M 4.8 最大震度4(鹿児島県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/10/2019-02-10-14-34-30.html 

小地震( M 3 以上 5未満 )ですが 震度4・・・
震度4の揺れは、
1月26日、岩手県沖を震源とする地震以来です。

2月9日から やや高速の太陽風になっています。

2019/02/08

-18:12-
◎めまぐるしい気象

今日8日、北日本は強烈寒波で猛吹雪、北海道は日中でも最高気温が-10℃以下になっている。明日は…………………………

tenki.jp より 一部転載____________________23区も積雪か

あす9日(土)、関東地方は朝から広い範囲で雪が降り、大雪となるでしょう。

10日0時までの24時間に予想される雪の降る量は、多い所で、
関東南部 5~10センチ
関東北部の山沿い10~20センチ
関東北部の平野部 5~10センチ
です。

東京23区でも多い所で5~10センチの雪が降ると予想され、大雪となる所がありそうです。_______転載ここまで___________

◎7日朝には、九州から東北にかけて濃い霧が発生。交通への影響が出ました。日中は各地4月中旬並みの陽気になり、宮崎市では20℃超えに。

気象が目立っている時 地象は比較的静かです。
3連休最後の11日は彗星近日点
2月の「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#february 

2019/02/07

-08:57-

長野県中部
tenki.jp より転載 ↓
………………………………………………………………………….
震源地ごとの地震観測回数

期間:2018年10月30日~2019年02月07日  2019年02月07日07:50更新

地震観測回数 震源地 地震規模 の最大
54回 長野県中部 M3.2
33回 宮城県沖 M4.7
24回 熊本県熊本地方 M5.1
24回 茨城県沖 M4.7
21回 胆振地方中東部 M4.7

※震度1以上を観測した地震の集計です

……………………………………………………………….転載ここまで

◎長野県中部の小地震
昨年11月23日、火山性地震が2千回以上に急増した(岐阜/長野)県境に位置する▲焼岳(現在噴火警戒レベル1)の活動に関連したものと思いますが、関東の地殻活動も気になります。

<< 6日 関東の小地震 >>

2/6   19:25   栃木県北部   M 2.1
2/6   17:26   茨城県南部   M 3.6
2/6   10:14    神奈川県西部  M 3.3
2/6   01:52    千葉県東方沖  M 4.0

 

::::::::::::::::::::::::::::::::
< 追記 > -23:44-
◎発光現象       
23時過ぎから南東方向に発光現象が現れています。
白色系のかなり明るい発光です。

2019/02/04

-14:49-
◎コロナホール由来の高速太陽風は 今日から下がり始め 終わりに近づいています。

:明日5日は、彗星近日点-新月-MF(月が最遠) が重なります。
2月の 「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#february

< 追記。。。気温急上昇

↓ 読売新聞 ニュースより 一部転載
_______________________________
暦の上で春の始まりを示す「立春」の4日、全国的に3月から4月並みの陽気になった。南からの暖気が上空を覆ったことが原因で、東京都心の最高気温は平年を約10度上回る19・4度まで上昇し、北陸では今季初の「春一番」が吹いた。_____________転載ここまで

 

 

2019/02/02

-09:41-
今日 2日は 彗星近日点
彗星近日点付近には 気象変化 が現れます。

………………………………………………………………………………….

↓ 日本気象協会 2019年02月01日 17:07 より一部転載
_______________________________3日(日)は、南から暖かな空気が流れ込んで、最高気温は3月から4月並みの所が多いでしょう。場所によっては、さくらが満開になる頃の暖かさになりそうです。___転載ここまで_________________

 

<追記>  -22:50-
発光現象    
東←→南東に白色系の発光が見られています。
…………………………………………………………….
____________________________________________________
>>対応地震<<
2/3  04:10  千葉県東方沖 M 4.8
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/03/2019-02-03-04-10-20.html

2019/02/01

-20:32-
宇宙天気    
太陽風→  日本時間1日6時過ぎから 500㎞/秒前後の高速風が続いている。 AE指数→ 800nT~1000nTに達する変化があり、磁気圏活動も高まっている。http://swnews.jp/2019/swnews_1902011226.html

カムチャツカ半島付近に発達した低気圧が渦巻いています。明日2日彗星近日点

2019/01/31

-07:14-
◎2月の彗星近日点は6回(2日・5日・11日・16日・25日・26日)です。
彗星近日点付近は気象変化が現れ易いです。

2月の「シャク暦」↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#february 

関東、東海も今日は所々に雨や雪のようですが、十分な雨からは、程遠い状態は続きそうです。昨年12月24日から続く 関東の カラカラ天気 。

渇水と地震
1994年は、各地で春から少雨傾向・・夏には記録的高温、晴天が続き・・ 西日本から関東地方までの多くの地域で 降水量が平年の30~70%に下回った。 翌1995年1月17日兵庫県南部地震が発生した。

渇水後の地震は、その他にも例があり 関東の カラカラ天気 は気になります。

2019/01/27

-14:47-
◎高速太陽風     M 5.7

1月24日→570㎞/秒
1月25日→600㎞/秒

25日の宇宙天気 ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1901251338.html

1/26   17:23   岩手県沖 M 5.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/26/2019-01-26-17-23-11.html 

1月27日→450㎞/秒
太陽風速度は下がりはじめました。
日本時間26日22時に(C5.0)の小規模フレアが発生しました。
C5に達するフレアの発生は約1年ぶりです。

2019/01/26

-08:33-
◎今季一番の寒気     

tenki.jp より転載__________________

1/25(金) 16:10配信
tenki.jp

関東にも今季一番の寒気 平野部で積雪も

日曜日にかけて、関東の上空にも強い寒気が流れ込みます。今シーズン一番強い寒気で、平野部でも積雪になる所があるかもしれません。路面の凍結や交通機関への影響などにも注意が必要です。
______________________転載ここまで

◎関東の降水量
関東は今月いっぱいも カラカラ天気 が続きそうです。
1ヵ月の降水量は(0.5ミリ)で 平年の1% 43年ぶりの少雨記録を更に更新しそうです。

気象は地殻の状態を現します。 カラカラ天気も地殻のシグナルです。

 

2019/01/24

-09:11-
◎北日本-ホワイトアウト      

24日朝、寒気が南下して北海道、東北は大荒れ。日本海側中心に見通しがきかないホワイトアウトに・・・北海道東部も記録的大雪になるようです。

26日・27日には再び雪が強まり大荒れ猛吹雪になるようです。

24日 27日)は2月最終の彗星近日点です。28日は下弦トリガー日。

気象が活発なとき 地象活動はうちわです。
地象と気象のエネルギーは同根(佐々木理論)。

*激しい気象活動に見舞われたエリアは、低気圧が去った後の地震発生確率が高いエリアです。

2019/01/22

-08:21-
◎彗星近日点        

2月下旬の彗星近日点は 24日(木)・27日(日) です。

午前6時発表-佐久市の天気予報は1日を通し晴れマークですが
朝から雪が降り続き一面真っ白です。空は灰色一色です。

全国的に、23日(春先の暖かさ)、24日(この時期らしい気温)
26日・27日(寒気が入り込み厳しい寒さ)と報じられています。

彗星近日点付近には気象変化が目立ちます。

2019/01/18

-23:06-
◎18日-彗星近日点 M 5.3        

1/18   21:46  千葉県北東部 M 5.3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/18/2019-01-18-21-46-33.html

 

宇宙天気ニュース ↓
2019/ 1/18 10:48 更新
太陽風の速度がやや高速になっています。
http://swnews.jp/2019/swnews_1901181048.html

__________________________
__________________________

2019.1.19  -11:06- 記

昨夜 関東にM 5クラスの地震が起きていますが、地殻は現在も緊張状態です。

関東地方は、21日頃まで再びの発震が懸念されます。
>>経過観察  -14:17-  記
午後から次第に地殻の緊張はゆるんできました。
発震しても微小地震でおさまるようです。

2019/01/17

-10:58-
◎18日-彗星近日点付近 (噴火 暴風雪)      

噴火

産経ニュースより ↓

_______________________________
口永良部島が噴火 気象庁が噴火速報発表

鹿児島県口永良部島で発生した噴火をとらえた気象庁監視カメラの映像=17日午前9時32分

 17日午前9時19分ごろ、鹿児島県・口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生し、火口から約500メートルまで噴煙が上がった。気象庁は噴火速報を発表した。火口から飛散する噴石や火砕流に注意が必要だ。

新岳は昨年12月18日に火砕流を伴う爆発的噴火が発生し、噴火が続いていた。同20日には連続噴火が止まったが、その後も高感度カメラによる監視で新岳の火口で白い噴煙が確認されていた。

_______________________________
ξ 暴風雪

産経ニュースより ↓

北海道で暴風雪の恐れ 18日明け方まで警戒を

 気象庁は17日、北海道の日本海側で18日明け方まで猛吹雪になる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。吹雪で全く見通しが利かず運転が困難になる恐れがあるほか、吹きだまりによる交通障害、暴風にも注意が必要だ。

気象庁によると、北海道付近で18日にかけて冬型の気圧配置が強まり、上空1500メートル付近には氷点下21度以下の強い寒気が流れ込む見込み。特に日本海側では17日夕方をピークに猛吹雪になる恐れがあるという。

_______________________________

 

 

2019/01/16

-06:41-
◎爆弾低気圧
低気圧が北海道の北で急発達。
17日の夜から寒気は市街地にも・・・大荒れ。
____________________________

実況天気図

実況天気図

____________________________

低気圧が去り、晴天になった頃 北海道北部付近に地震エネルギー解放が起きそうです。

 

2019/01/13

-15:36-
◎14日は上弦トリガー日

明日は広く晴れるようです。
成人の日に日本海側が晴れるのは かなり珍しい事です。

彗星近日点付近から気象変化が現れ、その後 地象変化が現れてきます。8日から連続した5つの彗星近日点は今日で終わります。
( ※訂正 8日から→9日から )
シャク暦 1月 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#january 

__________________
上弦トリガー付近 M 4.9

1/13   21:14  福島県沖 M 4.9
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/13/2019-01-13-21-14-53.html
1/14   13:23    茨城県南部 M 4.9
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/14/2019-01-14-13-23-53.html

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2019.01.14  -08:46- 記

◎ 昨日13日の天気予報では、日本海側も広く晴れマークが並んでいたのですが、今日14日(06時発表)の予報では 曇りマークが殆どになりました。

追記 14日(10時発表)天気予報
北海道と新潟は曇りマーク。その他の日本海側は晴れマークが出ました。
______________________________________________________

実況天気図実況

実況天気図

 

2019/01/08

-16:18-
◎明日9日は 1月最初の彗星近日点です。

彗星近日点(特異日)付近から気象変化が始まります。

8日夜から9日 強い冬型
今夜から9日にかけて東北日本海側~北陸(雷も伴う)を中心に雪が強まり吹雪、北部山沿いは大雪に と予報が出ています。

東京都心は、昨年12月24日から 雨が降らず、1月13日にやっと傘マークが出てきますが一時的のようです。

関東のカラカラ天気 異常な気象は地殻の異常も伴っている事が多いです。

8日 M 6.4
1/8   21:39  種子島近海  M 6.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/08/2019-01-08-21-39-35.html 

2019/01/07

-07:26-
◎6日新月、7日未明 M 7.0

1/7   02:27   インドネシア付近  M 7.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/07/2019-01-07-02-32-11.html

 

-17:47-
太陽   
日本時間6日19時半、半年ぶりにC1.6の小規模フレアが発生した。
7日、太陽風は530㎞/秒 高速太陽風は続いている。

-21:29-
発光現象
:東-南東 の山際が ボーと薄く発光しています。
(茨城県/千葉県)境あたりに
8日頃、小地震エネルギー解放ありそうです。

____________________
>発光結果
1/8  01:35   千葉県南部 M 4.2
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/08/2019-01-08-01-35-34.html

2019/01/05

-17:27-
高速太陽風/大潮/気温

5日、(500㎞/秒に) 太陽風速度上昇。
前週期より1~2日遅れの高速太陽風が始まるようです。

明日6日は新月(部分日食)

5日、真冬日から一転、日中は春の陽気になりました。
今夜から又 寒さが戻るようです。

異常気温・大潮トリガー・太陽風上昇
少し気になる明日6日です。

2019/01/04

-20:48-
◎5日は、3月後半ほどの暖かさになり、関東の気温は、15℃くらいまで上昇するようです。

6日の新月(部分日食)
北に行くほど大きく欠け、稚内では(午前10時15分頃)に太陽直径の半分ほど欠けるようです。 天気予報では、東京のピーク時(午前10時6分頃)は晴れで よく見えそうです。

2019/01/04

-07:36-
◎3日、EN(地球近日点)に 震度6弱

1/3 18:10  熊本県熊本地方 M 5.1 最大震度6弱
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/03/2019-01-03-18-10-29.html 

マグニチュードの規模からすると揺れの強い地震でしたが、被害は軽くおさまっています。
____________
<追記>
一夜あけてから、ニュースで伝えられている被害状況は、公共施設や住宅など少なくとも48ヶ所で ひび割れや破損があったようです。

2019/01/02

-18:40-
発光現象
佐久の南南西~西に薄い黄色を帯びた白色系の発光が観られます。
明るく発光しているエリアは、狭いですが。

明日3日は、EN(地球近日点)です。

 

2019/01/01

-07:50-
謹賀新年
今年も よろしく お願い致します。

佐久‘シャク’の空
穏やかな快晴の空です。太陽が輝いています。

2019年は、太陽の第25活動周期へと移行する年です。

2018/12/29

-08:37-
◎12月の彗星近日点は 13日までに(6個)、後半は21日の(1個)です。

12月の「シャク暦」 → http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#december

*12月に入ってから現在までの

M 5以上の地震( 国内と付近)

 12/25 択捉島南東沖     M 5.6
12/16  台湾付近              M 5.3
12/15  小笠原諸島西方沖  M 5.9
12/10  三重県南東沖        M 5.3
12/8  福島県沖              M 5.1

海外の大地震

12/21   カムチャツカ半島付近  M 7.3
12/11  南大西洋         M 7.1
12/5   南太平洋         M 7.6
12/5   南太平洋         M 7.0
12/1   北米西部         M 7.0

今日29日は、下弦です。
太陽風は27日遅くから速度変化が始まり、28日には430㎞/秒になっています。(400㎞/秒が平均的な速度とされています)。

佐久の現在の空は 穏やかに晴れています。

-10:43-   追記

◆◆(カムチャツカ半島-千島列島)付近は、30日頃迄に また確りした地震が起きるかもしれません。

_______________
>上記予測結果
30日、大規模噴火発生 (地震と火山のエネルギーは同根(佐々木地震論))
30日午前9時45分頃(日本時間)、カムチャツカ半島東部のシベルーチ火山が噴火した。一時的に噴煙が火口から約12000mまで上がった。
_______________

 

-15:22-  追記

29日下弦-海外で大きな地震

12/29  12:39   フィリピン付近  M 7.2
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/29/2018-12-29-12-43-32.html

↓ 宇宙天気ニュース 2018/12/29  11:00  更新 
太陽風は600㎞/秒の高速になっています。
http://swnews.jp/2018/swnews_1812291100.html

 

2018/12/27

-19:46-
27日、今季最強寒波到来
29日をピークに30日にかけて真冬日が続くようです。

上空5500メートル付近にある強い寒気が、27日から28日にかけて南下。
27日は北日本中心に山陰地方まで、日本海側の広い範囲で雪。
明日は、関東山沿い・東海・近畿の太平洋側にも雪が降る予報が出されています。

 

2018/12/23

-16:04-
◎23日は満月  

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

YOMIURI  ONLINE    より 一部抜粋 ↓
______________________________

インドネシア津波、43人死亡…海底地滑りか
【ジャカルタ=一言剛之】インドネシア政府によると22日夜、インドネシア西部スマトラ島とジャワ島間のスンダ海峡で津波が発生した。ロイター通信は、少なくとも43人が死亡、584人が負傷したと伝えた。

<<<< 追記 <<<<< 

2018.12.24   -12:20-  
 
お昼のNHKニュースより
 
インドネシアの津波の死者数は281人に、けが人は1016人になった。
 火山活動は、依然活発で再び津波の発生の恐れがある状況。

2018/12/22

-09:32-
◎20日の短期地震予測

12/21   13:13   福島県沖 M 4.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/21/2018-12-21-13-13-40.html

前兆雲 ↓
http://www.menokami.jp/shakusky.html

21日未明、カムチャツカ半島付近に M 7.3の地震エネルギー解放があり、予測より規模は小さくなりました。

-22:35-
 現在、佐久の夜空には、かなり大きな鱗雲が、特に北方向の鱗雲の勢いが強いです。全天に広がっており、震源の目安がありませんが、
巨大鱗雲が現れるときには、遠方に確りした地震が起きる事が多いです。

千島列島付近に低気圧の渦巻きがあるので、その付近かとも思うのですが、21日カムチャツカ半島付近でM 7.3が起きているので・・・・。

予測エリアとしては、三陸沖付近、 関東南東沖付近が 少し懸念されます。

_____________________________
_____________________________
>>上記予測結果
北方向にM 5.6

12/25   03:54  択捉島南東沖 M 5.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/25/2018-12-25-03-54-51.html

 

2018/12/18

-20:00-

九州南部の火山活動に変化

「シャク暦」  12月<地球ダイナミズム>
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#december 

__________________________

より一部転載 ↓

写真・図版    

  •  気象庁は18日、鹿児島県屋久島町の口永良部(くちのえらぶ)島の新岳が午後4時37分に噴火し、火砕流が発生したと発表した。火砕流の発生は、爆発的噴火があった2015年5月以来。噴火警戒レベルは噴火前の3(入山規制)を維持する。
  • _____________________________

<追記 -22:55-
発光現象

夕刻から現在まで、佐久の真西の空が発光しています。
夕刻(17:30頃)には、少し赤みのある発光でしたが、現在は白っぽい発光になっています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
>上記前兆結果
12/20  15:58   富山県東部 M 4.2
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/20/2018-12-20-15-58-30.html

 

2018/12/13

-08:30-
焼岳(長野県/岐阜県)

長野と岐阜の県境に位置する焼岳(やけだけ)では、先月24日をピークに火山性地震は減少しているが、付近が震源の地震は続いている。

12/13  04:54  岐阜県飛騨地方 M 3.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/13/2018-12-13-04-54-58.html
12/13  04:53  岐阜県飛騨地方 M 2.6

 地象と気象
長野県では、今月に入ってからも濃霧注意報が断続的に続いており、昨日も出ている。   (* 関連「一言」  11月24日・12月3日)参照ください。

 
-22:12-
::::::::::::::::::::::::::::::::::☆
☆ふたご座流星群

佐久の空、幾つもの流星が とても美しく見えています。

 

 

2018/12/12

-08:09-
◎12月の彗星近日点は、7つ。うち4つは(11日~13日)に集中しています。→http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#december

今日は、北日本で暴風雪になるようです。特異日期間は低気圧が発達します。

*12月6日から熊本県  日向灘  豊後水道 などに微小地震が続いています。

14日頃まで、上記エリア付近は注視エリアです。
現在レベル3の桜島の活動にも変化があるかもしれません。

_______________________________
▲口永良部(くちのえらぶ)島-新岳 

12月18日午後4時37分に、鹿児島県屋久島町の口永良部島-新岳の噴火で、火砕流が発生し、火口の西側をおよそ1000メートル流れた。火砕流の発生は、爆発的噴火のあった2015年5月以来。噴火警戒レベルは3の「入山規制」を継続。

2018/12/11

-16:57-
高速太陽風  彗星近日点- 地震

12月8日から高速太陽風が続いています。10日夕方迄620㎞/秒を保ち、
11日昼頃には550㎞/秒になっていますが、高速の状態は現在も続いています。
今日の宇宙天気ニュース↓
http://swnews.jp/2018/swnews_1812111204.html

11日は彗星近日点です。

海外で大きな地震
12/11  11:26   南大西洋 M 7.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/11/2018-12-11-11-26-40.html 

2018/12/09

-07:23-
◎コロナホール

8日から コロナホール(27日周期)の影響が始まっています。

日本時間 8日午前 3 時頃には、太陽風速度が 500㎞/秒 に上昇。
( 前週期の高速太陽風は4日間ほど続いています。)

現在も速度は高くなっています。

2018/12/08

-08:18-
◎冬型強まる

______________________________JIJI.COMニュース(2018/12/06-17:58)  より一部転載 ↓

気象庁は6日、低気圧が発達しながら通過し冬型の気圧配置が強まる影響で、北日本(北海道と東北)では7日から8日にかけて、大雪や暴風に警戒するよう呼び掛けた。吹雪などによる交通機関への影響や高波にも注意が必要。
 近畿地方北部や中国、九州北部地方でも7日~9日ごろ、山地を中心に積雪や路面凍結が予想される。 -転載 ここまで-
______________________________

 から 
気温差10℃前後 温暖化のスパイラル

夏の北極海では、2030年代後半に氷がなくなる::::

氷河や氷床融解による後戻りできない危機的状況の気候変動に

ジオエンジニアリングで人工的に地球を冷やす対策も考えられて
いるが、いずれも重病人に劇薬投与で、副作用考慮は必須だ。

 

2018/12/07

-20:10-
●7日夜、発光現象

佐久の(東←→南東)にかけて発光現象が観られます。
色は淡いのですが、かなり広範です。

茨城県・千葉県付近に 明日8日、地震発生が懸念されます。

_______________________
___________________

>>上記前兆結果
12/8   08:13   茨城県沖  M 4.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/08/2018-12-08-08-13-58.html
12/8  10:54   福島県沖 M 5.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/08/2018-12-08-10-54-13.html

 

 

2018/12/5

-07:22-
乱れ気象

5日、冬型気圧配置で、北海道の日本海側は雪や吹雪

4日、京都 -竜巻注意情報出る / 大阪 -ゲリラ豪雨で道路冠水 /
66の観測地点で(25℃)以上の夏日。

*3日には、「異常天候早期警戒情報」が出されています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

12/3(月) 17:12配信

時事通信

 気象庁は3日、異常天候早期警戒情報を発表した。

北海道と東北地方では8日ごろから約1週間、平均気温が平年よりかなり低くなる可能性があり、農作物などの管理に注意が必要。

東北地方の日本海側のほか、青森県・下北半島、岩手県内陸部、宮城県西部では大雪になる恐れがあるという。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

*12月11日~13日までに4つの彗星が近日点を通過します。
「シャク暦」 12月 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#december

___________
*海外で大地震
12/5  13:18   南太平洋 M 7.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/05/2018-12-05-13-14-31.html 
12/5  15:43  南太平洋 M 7.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/12/05/2018-12-05-15-43-08.html

2018/12/03

-08:41-
◎焼岳の火山性地震と霧

火山性地震
先月22日以降、長野県/岐阜県境の焼岳山頂付近を震源とする火山性地震が連続し、24日をピークに、26日午前11時半時点でも1時間に100回以上確認された。27日からは落ち着いてきている。


11月11日~27日まで長野県全域にほとんど毎日、濃霧注意報が出されていた。12月1日夕にも県全域に濃霧注意報が出された。

地象と気象の繋がりを見ていると、地象も気象も元は、気の流れであると・・自然現象の奥深さを感じます。

佐久市は、現在 薄曇りの空から細い雨が静かに降っています。
今週は全国的に曇り・雨が続くようです。

 

2018/11/24

-07:35-
◎火山性地震増加
北海道雌阿寒岳で23日、火山性地震が増加し、噴火警戒レベルが2に引き上げられた。

北アルプス焼岳(長野県/岐阜県)山頂付近を震源とする火山性地震が増加。23日午後7時までに速報値で428回観測。

これに伴った微小地震(M 2~3クラス)が続いている。
長野県中部を震源とする微小地震は、23日19時23分頃から現在までに13回発生している。
11/23   19:23  長野県中部 M 1.8  最大震度1(岐阜県高山市)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/23/2018-11-23-19-23-17.html 

◎23日は満月でした
11/23  23:30  福島県沖 M 5.0 最大震度4(福島県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/23/2018-11-23-23-30-23.html 

震度4の地震は、11月5日以来です。

 

 

2018/11/23

-09:18-
緩やかな太陽風が続いています。
14日午後から太陽風速度は300㎞/秒~400㎞/秒で推移しています。
地殻活動も落ち着いています。
__________________
23日現在までの震度4以上の地震は(2回)です。
11/2  紀伊水道  最大震度4
11/5  国後島付近  最大震度4

因みに先月1ヵ月間の震度4以上の地震は(6回)でした。

北海道地震の余震は入っていません
__________________

11月の「シャク暦」特異日期間も少ないです。
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#november

__________________
追記  -19:45-
23日の気象衛星から
短期地震予測
エリア  (福岡県 熊本県)の付近
日時    11月24日~25日
規模    M 4クラス

__________________
>>上記予測結果
予測より東でした。
11/25 18:19 徳島県南部 M 4.1 最大震度3(徳島県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/25/2018-11-25-18-19-11.html 

2018/11/20

-15:13-
◎2018年-北海道
気象
*道内 かなり遅い初雪
( )内は平年比
11月14日に初雪:稚内(23日遅い):旭川(22日遅い):網走(14日遅い)

11月20日に初雪:札幌(23日遅い)
今日、札幌管区気象台で観測された札幌の初雪は、統計開始以来、1890年と並ぶ最も遅い初雪になりました。

*8月の初雪
8月17日、北海道大雪山系-黒岳の石室付近で雪
8月に初雪が観測されたのは、2003年8月30日以来でした。

*猛暑から一転 記録的冷え込み
8月5日、午前6時までの最低気温は、稚内市沼川で6.1℃まで下がりました。この時季にここまで低い気温になったのは2013年以来。

被害地震
9月6日 胆振地方中東部 M 6.7 最大震度⑦  北海道(厚真町)

_____________________________
・大きな地震の発生前後には稀有な気象現象が発生しています。

< 気象と地震の繋がり >
気象と地震のエネルギーは同根である(佐々木理論)。

 

 

2018/11/19

-18:59-
◎11月の彗星近日点3個も過ぎ、地象・気象ともに静穏に推移しています。

太陽では、北半球に次の第25活動周期の黒点磁場分布、左側にS極(黒)-右側にN極(白)が現れ始めています。

 

2018/11/14

-17:00-
◎11月の彗星近日点は、3個(2日・3日・10日)と少ないです。
2日と5日にはオホーツク海南部にM 6クラスが2回発生しましたが、その後列島は比較的穏やかに推移しています。

明日15日付近は、上弦MF(月が最遠)トリガーが重なり、地震が発生し易い環境になります。

14日13時9分頃、千葉県南東沖を震源とする M 4.3 の地震がありました。

11月4日、5日頃から 伊豆諸島~小笠原諸島付近の雲の湧き出しが続いています。今日も確り湧き出ています。

15日~17日の間 伊豆諸島・小笠原諸島付近に地震エネルギーの解放が起きるかもしれません。

2018/11/13

-09:57-
オホーツク海の地殻活動
11月に入ってからも、地震・火山活動ともに活発です。
地震
2日、オホーツク海南部 M 6.1
5日、国後島付近 M 6.2
火山
クリル諸島のパラムシル島にあるエベコ火山は4日、上空4500メートル、9日には上空4000メートルの噴煙柱を噴き上げた。

オホーツク海付近の地震エネルギーは、ある程度解放されたようですが、活発な火山活動は続いており、今後も注視が必要です。

2018/11/10

-14:06-
◎8日は新月10日は彗星近日点です。
この間、海外では顕著な特異日となりました。

:ぺトラ遺跡の土石流
中東ヨルダンで9日、大雨による洪水が各地で発生。世界遺産のぺトラ遺跡は土石流に襲われ、観光客3500人超が避難。

:大規模山火事
8日、カリフォルニア州で大規模山火事が発生。9日時点で州内の16ヶ所の山に広がり、これまでに9人が死亡した。被害が特に大きかったロサンゼルス郊外のベンチュラ郡は、7日夜に銃乱射で12人が死亡した事件現場近く。

明日も高気圧が広がるようです。
11日、知床半島-国後島の付近にM 4~5クラスの地震エネルギー解放がありそうです。
_____________________
>上記予測結果
知床半島-国後島付近に地震の発生はありませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・
↑つづき
予測より3日遅れ、規模も小さ目でしたが、上記エリアに地震発生。

11/14  18:10  根室地方中部 M 3.9 最大震度2(根室市) 稍深発
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/14/2018-11-14-18-10-03.html 

 

2018/11/05

-07:04-
カムチャツカ , オホーツク海南部に続き大きな地震

11/5  04:26  国後島付近 M 6.2 最大震度4(北海道)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/05/2018-11-05-04-26-17.html 

<追記>
4日夕から太陽風磁場強度が強まり、5日未明には10nTに達しています。

宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2018/swnews_1811051352.html

2018/10/31

-10:32-
◎10月13日、カムチャツカ半島付近に大きな地震(M 6.9)が起きています。
31日現在もオホーツク海南部には磁気エネルギーが活発な渦雲が巻いています。

11月の彗星近日点3個(2日・3日・10日)です。
明日1日は下弦トリガー日。http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#november

北海道東部、(茨城県・千葉県)の東方沖、伊豆諸島付近は、2日頃に
M 4~5クラスの地震エネルギー解放が起きそうです。

_____________________________

>> 上記予測結果 <<

11/03  03:19   茨城県沖  M 4.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/03/2018-11-03-03-19-50.html

前兆雲 ↓
http://www.menokami.jp/shakusky.html

 

11/02  20:02   オホーツク海南部 M 6.1 
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/02/2018-11-02-20-02-29.html 

 

///////////////////////////
2日、紀伊水道にM 5.4

11/02  16:54  紀伊水道 M 5.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/11/02/2018-11-02-16-54-01.html

2018/10/29

-08:19-
◎日本海上空に強い寒気が流れ込み渦を巻いています。
北日本の日本海側や北陸では荒天になるようです。

北海道南部・東部、青森県東方沖、北陸は、天気が回復し高気圧になった頃に、小地震がありそうです。

 

______________________________
北日本の天気は十分回復していませんが・・
10/29  23:29  秋田県沖 M 4.3   最大震度2(青森県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/29/2018-10-29-23-29-15.html 

 

2018/10/25

-20:51-
◎25日満月の夜空
20時15分頃までは、澄んだ空に満月が輝いていました。
次第に大きな変形鱗が空を覆いはじめ、東北東へと集まっています。
雲の範囲は広いのですが、ホンワリした薄い雲です。今夜から明日午前中くらいに、(福島県・茨城県)付近に少し地震エネルギー解放がありそうです。

____________________
>>上記前兆 対応地震
10/26  03:36  宮城県沖 M 5.7  最大震度4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/26/2018-10-26-03-36-19.html 

満月付近 地震エネルギー解放活発
10/26  12:05  国後島付近 M 5.4 最大震度3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/26/2018-10-26-12-05-06.html 

海外にも
10/26 07:54 地中海、イオニア海 M 6.8
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/26/2018-10-26-07-54-00.html

2018/10/24

-10:14-
◎24日、大潮(満月:25日)トリガー日付近

10/24  01:04  与那国島近海 M 6.3 最大震度3(沖縄県)
10/23  13:35 与那国島近海 M 6.1 最大震度3(沖縄県)

2018/10/21

-06:55-
◎今朝は冷え込みました。
雨雲が発達した関東一都六県全域は、昨日(20日)雷注意報が発表されました。

今日は、久しぶりに広く高気圧に覆われます。

関東は、21日・22日頃までにM4クラスほどの地震エネルギー解放が起きそうです。

__________________________________________________________________
10/21  20:02 千葉県東方沖 M 4.4 最大震度 3(千葉県)

2018/10/20

-09:25-
◎19日(彗星近日点)付近-気象変化顕著

記録的短時間大雨情報
・石川県
珠洲市付近 約100ミリ (19日午前9時50分までの1時間雨量)

竜巻注意情報
・石川県 加賀  19日 14:36~15:50
・鳥取県 東部  18日 17:17~18:30
・島根県 隠岐  18日 17:05~18:20

*顕著な気象現象発生が観られたエリアは(25日:満月)付近の晴れた頃、地震に繫がりそうです。

_____________________________________________________
10/24  06:32 鳥取県沖 M 2.7 最大震度1(鳥取県)

31日、全国的に晴れました。11月1日は下弦トリガー日。
10/31  21:20  石川県能登地方 M 2.4 最大震度1(石川県)

2018/10/15

-10:09-
◎10月前半は、3個づつ まとまって <6個>の彗星が近日点を通過しています。 国内外の地球ダイナミズムは活発でした。

後半の彗星近日点は19日の<1個>です。
月の前半に比べ、比較的おだやかに推移するでしょう。

17日(上弦)・18日MF(月が最遠)・19日(彗星近日点)付近は、少し注意日です。その後は、24日(満月:25日)の大潮トリガー日付近でしょう。

__________________________________________________________
10/17  三重県中部 M 3.4   最大震度 3
10/18  空知地方南部 M 4.1  最大震度 3
10/19  熊本県天草・芦北地方 M 3.6  最大震度 3

 

2018/10/11

-09:14-
◎海外で大地震
10/11  05:48  ニューギニア付近 M 7.3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/11/2018-10-11-05-55-25.html 

ξ アメリカでは「カテゴリー3」のハリケーン
現地時間10日(水)3時のマイケルは、ハリケーンの階級で3番目の「カテゴリー3」の強さになって、10日午後にフロリダ州に上陸し、その後ノースカロライナへと進む見込み。

11日~14日は10月に入り、2回目の彗星近日点連続日です。
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#october
_________________________
___________________
13日 オホーツク海南部 M 5.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/13/2018-10-13-06-39-30.html
___________13日
カムチャツカ半島付近 M 6.9(深発地震)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/13/2018-10-13-20-12-44.html

 

 

2018/10/09

-14:02-
高速太陽風
日本時間7日23時から、高速太陽風が続いています。
http://swnews.jp/2018/swnews_1810091215.html

9日、台風25号の進路先付近に地震
10/9  13:16  青森県東方沖 M4.1 最大震度2(青森県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/09/2018-10-09-13-16-58.html

10日、北海道東部も天気は回復しそうです。晴れた頃の地震に注意。
:::::::::::::::::::::::

>>秋晴れになった13日 M 5.0
10/13  06:38  オホーツク海南部 M 5.0 最大震度1(北海道 青森県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/13/2018-10-13-06-39-30.html
>>つづき M 6.9
10/13  20:10 カムチャツカ半島付近 M 6.9 最大震度2(北海道)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/13/2018-10-13-20-12-44.html

 

2018/10/06

-08:01-
北海道胆振地方中東部-余震
9月6日の本震から1ヵ月、最大の余震が起きました。
10/5  08:58  胆振地方中東部 M 5.2 最大震度5弱(北海道)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/05/2018-10-05-08-58-53.html 

10月の「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#october

ζ台風25号
7日朝には、北日本の日本海側でバラケるようです。
台風通過後のよく晴れた日、北海道東部に地震エネルギー解放が起きるかもしれません。

台風情報

25号拡大(2018年10月06日 07時現在)

 

2018/10/04

-12:55-
インドネシアの地震と噴火
10月3日午前8時頃、インドネシア中部のスラウェシ島北部にあるソプタン山が噴火した。
スラウェシ島では、先月3日M 7.5の地震が起き、壊滅的な被害を受けている。死者はこれまでに1400人以上となった。

大きな地震と噴火が、近いエリアに連動して発生する事例はいくつもあります。地震と噴火のエネルギーは同根です。

2018/10/02

-08:25-
台風と地震

台風24号は、非常に強い勢力を保ったまま9月30日午後8時頃、和歌山県田辺市付近に上陸。その後、近畿から東北を縦断し、10月1日正午に温帯低気圧になる。
ζ台風24号進路図→ http://www.imocwx.com/typ/tyani_24.htm

*上陸付近に微小地震
10/1  03:42  京都府南部 M 3.2 最大震度1(京都府)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/01/2018-10-01-03-42-10.html 
9/28  11:50  紀伊水道 M 2.4 最大震度1(和歌山県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/09/28/2018-09-28-11-50-13.html

*台風が抜けた付近に小地震
10/2  04:29  岩手県沖 M 4.3  最大震度1(青森県 岩手県 宮城県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/02/2018-10-02-04-29-36.html
10/1  21:10  岩手県沖 M 3.6 最大震度2(青森県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/10/01/2018-10-01-21-11-09.html 

2018/09/30

-14:36-
「非常に強い台風24号」 
ζ台風24号は、30日12時現在、宮崎市の東南東約70㎞にあり、北東へ毎時45㎞で進んでいる。中心気圧は950hPa。

(非常に強い勢いを持ったままの上陸は、9月4日の台風21号が徳島県南部、神戸市付近に上陸して以来です。)

これまでの上陸台風進路 ↓
http://www.menokami.jp/duck/joyful.cgi

 

2018/09/29

-06:01-
◎台風24号・・29日午前5時現在
大型で非常に強い台風24号は宮古島の東約150㎞を北に進んでいます。中心気圧は950hPaで最大瞬間風速は60m/s。
*30日から10月1日に西日本から北日本を縦断するようです。

海外で大地震
9/28  19:02  インドネシア付近 M 7.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/09/28/2018-09-28-19-02-47.html

2018/09/28

-22:58-
夜空に、躍動的な鱗雲が かなりの範囲で広がっています。
29日午前中迄に、関東地方に地震エネルギー解放があるかもしれません。
*追記
(29日早朝、雨が降ってきましたので、上記地震発生の可能性はなくなりました。台風が接近している頃の予測は難しいです。)

2018/09/25

-14:21-
台風進路と磁気エネルギー
ζ台風24号は、発達しながら週末28日頃には、沖縄方面へ接近の恐れがあるようです。

9月22日、沖縄本島近海にM 5.5の地震が起きています。
9/22  19:58  沖縄本島近海 M 5.5 最大震度1(鹿児島県 沖縄県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2018/09/22/2018-09-22-19-58-22.html 

*台風は、高気圧-偏西風-海水温-前線-上空の寒気など、複合的な影響を受けて進むという事ですが、地殻の磁気エネルギーも台風進路の大きな要因と考えています。 台風は磁気エネルギーが多く蓄積中のエリアに進路をとります。

2018/09/21

-08:42-
◎西日本の磁気エネルギー

「記録的短時間大雨情報」発表
熊本県益城町付近  20日15時20分までの1時間に 約110ミリ
熊本県御船町付近  20日15時30分までの1時間に 約120ミリ

///////////////
平成30年7月豪雨
7月には、6日から8日にかけて 「大雨特別警報」 が11府県(福岡 佐賀 長崎 広島 岡山 鳥取 京都 兵庫 岐阜 愛媛 高知)に出された。
*一つの災害で4都道府県以上に出されたのは初めての事

気象と地象のエネルギーは同根である(佐々木理論)。
線状降水帯 猛烈な雨 豪雪 台風進路 竜巻 季節外れの気温など、明瞭な気象現象から地殻の磁気エネルギー蓄積の大まかな予測をする事が出来ます。

西日本(特に四国沖付近)は、暫く注視が必要です。

 

2018/09/16

-19:57-
16日-彗星近日点に M 5クラス

9/16  01:24  沖縄本島近海 M 5.8 最大震度2(沖縄県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180916012457.html 

9/16  00:37  沖縄本島近海 M 5.1 最大震度1(鹿児島県 沖縄県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180916003820.html 

17日は上弦トリガー日です。
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#september 

2018/09/16

-08:30-
◎「フローレンス」
ζ 大型のハリケーン「フローレンス」は、14日(米東部時間)、ノースカロライナ州に上陸し、同日夜にはノースカロライナ州、サウスカロライナ州で約72万件が停電。高潮や大雨により河川が氾濫、被害をもたらした。

 

※ お知らせ
9月12日より、「雲のスタジオ」への執拗な妨害連続投稿が止まらず、大変ご迷惑をお掛けしています。

( 何らかの目的を持った人からの攻撃だと考えています。)

対応を検討しておりますが、

それ迄 「アヒルのイヌかき」 を代替ページにします。何卒ご了承ください。http://www.menokami.jp/duck/joyful.cgi

2018/09/13

-07:18-
13日・14日は彗星近日点
13日朝、佐久市には勢いのある鱗雲が観測されました。

 「雲のスタジオ」に分刻みの執拗な妨害が、連続投稿されており、ご迷惑をお掛けしております。

とりあえず鱗雲の画像は「アヒルのイヌかき」へも投稿致しました。
http://www.menokami.jp/duck/joyful.cgi

 

-11:06-
ζ台風22号・23号 (9月13日9時現在)

:今年4個目の、1番強いランク「猛烈な」台風22号は、フィリピンの東を西に進んでいます。

:台風23号は南シナ海にあり、西に進んでおり、14日9時にはベトナムへ。

2つとも日本への影響はありません。

2018/09/12

-08:58-
◎11日、磁気圏活発

日本時間11日5時頃から500㎞/秒の高速太陽風到来。
南向き磁場強まり、磁気圏活動活発。
http://swnews.jp/2018/swnews_1809110857.html 

9/11  22:25  青森県東方沖 M 5.0 最大震度2(北海道 青森県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180911222613.html 

:13日・14日・16日、彗星近日点が続きます。

 

-15:11-
ξ大型ハリケーン 「フローレンス」

日本時間12日朝、5段階中2番目に強い< カテゴリー4>の勢力を維持。
15日には、<カテゴリー2~3>の勢いで、米南東部に上陸の見込み。
フローレンスに続き、「ヘレン」と「アイザック」もハリケーンに達し、現在大西洋上にはトリプルハリケーン。

 

 

 

2018/09/09

-10:49-
◎大潮トリガー日です。10日は彗星近日点
9日、全国的に傘マークですが、関東は晴れマークです。

関東南部は、10日頃までに小さな地震エネルギー解放が
ありそうです。

-18:20-
吾妻山(福島/山形県境)
仙台管区気象台は、9日16:00に「火山の状況に関する解説情報(臨時)」を発表。
8日20:00頃から、吾妻山で火山性地震が増加しており、8日は9回、9日は15:00までに42回観測された。

-20:04-
◆発光現象
佐久の東空には、7日よりも広範に、赤系の発光現象が現れています。

 

2018/09/07

-08:10-
◎8日は、MN(月が最近)トリガー日

海外で大地震
9/7  00:49  南太平洋 フィジー諸島 M 8.1
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180907005532.html

:6日未明に発生した北海道史上初、震度7の地震は、
「平成30年北海道胆振東部地震」と命名されました。

この地震のトリガーは、台風21号と考えています。
台風21号は5日0時頃、渡島半島付近
を975hPaで通過しています。

東北北部~北海道の日本海側で稀に発生する
爆弾低気圧通過後にも、
付近には確りした地震が発生しています。

追記
台風20号は、「平成30年北海道胆振東部地震」の
震源域上空に大きくカーブしています。

8月24日の「一言」参照ください。
(台風20号の進路図)

_______________________________________________________________
-20:35-
現在、東(茨城県 千葉県)方向に ごく薄い赤みの
発光現象があります。
_________________________________
9日、千葉に小地震
9/9  09:57  千葉県南東沖 M 3.3 最大震度1(千葉県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180909095759.html

2018/09/06

-07:24-
北海道でM 6.7

9/6  03:08  胆振地方中東部 M 6.7  最大震度6強(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180906030805.html 

:上記地震の最大震度は、6強(北海道 安平町)でしたが、
厚真町鹿沼で震度「7」の揺れを観測した為、
最大震度が更新されました。北海道で震度7の揺れは、史上初めてです。

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180906030805.html

TBSニュースより ↓
_______________________________
6日未明に北海道・胆振地方中東部で発生したマグニチュード6.7の地震について、気象庁は震度のデータが送られてこなかった厚真町と、むかわ町の震度データを分析した結果、厚真町鹿沼で震度7に相当する揺れを観測したと認め、この地震の最大震度を6強から7に更新しました。

 国内で震度7の激しい揺れを観測したのは、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震の2回に次いで6回目となります。_____________________________

:道内全域の停電は、約295万戸。
(土砂崩れ 液状化 停電) 大きな被害地震になりました。

 

 

台風21号がバラケたエリアに大きな地震が起きました。

台風21号 温帯低気圧に変わりました

2018/09/05

-07:29-
台風21号 (5日午前6時現在)

礼文島の南南西約80㎞に在り、
北北東に75㎞/hで進んでおり、
中心気圧は975hPaで、
最大瞬間風速は45m/s

5日15時には沿海州に達して、温帯低気圧に変わる見込み。

5日、台風21号が避けたエリアにM 5.6の稍深発地震
9/5  05:11  茨城県沖 M 5.6 最大震度4(茨城県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180905051134.html 

台風は、地震エネルギーが多く蓄積中(ing)に進路をとり、地殻が緊張状態で発震直前のエリアは避けて(斥力)通ります。

 

2018/09/04

-08:27-
今年最強ζ台風21号

(風)台風21号は、4日の日中には、非常に強い勢力で四国~近畿に上陸の見通しです。非常に強い勢力で上陸すれば25年ぶりの事で、厳重警戒が呼び掛けられています。

・逆走台風12号は、7月29日午前1時頃に三重県伊勢市付近に上陸しています。
・台風20号は、8月23日午後9時頃に徳島県南部に上陸しています。

ζ台風21号の進路予報円の中心は、6月18日に発生した 大阪府北部地震(M)6.1 ↓ と重なります。
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180618075838.html

<台風21号 4日 07:00 現在>
中心気圧 945hPa
中心付近の最大風速 45m/s
最大瞬間風速 60m/s

:台風21号は4日、正午頃に 徳島県南部 に上陸しました。
(1961年9月16日、室戸岬に上陸し、大阪湾岸に大きな被害をもたらした「第2室戸台風」とコースが似ている。)

:徳島県や和歌山県北部で過去最高潮位を上回りました。

:和歌山市では、13時19分頃に最大瞬間風速(57.4m/s)を観測。
関西空港では、13時38分頃に最大瞬間風速(58.1m/s)を記録。

:午後2時頃、非常に強い勢力を保ったまま、神戸市付近に再上陸した。

2018/09/03

-10:52-
◎3日はトリガー日
シャク暦 9月 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2018#september 

台風21号進路方向にM4.7

9/3 06:47 山口県北西沖 M4.7 最大震度3(島根県 山口県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180903064753.html 

ζ台風21号  (9月3日午前9時)
南大東島の東北東約220㎞に在り、北北西に20㎞/hで進んでいる。
中心気圧は、840hPaで、最大瞬間風速は65m/s。

 

2018/08/31

-20:38-

◎「猛烈」台風21号

8月28日午前9時、南鳥島近海で発生した台風21号は、今年1番の「猛烈な」勢力の台風です。

9月1日防災の日が発達のピークで、中心気圧は905hPa。西から北上し、4日~5日には接近-上陸するようです。

31日、東北や北陸は前線による大雨で、河川の氾濫や土砂災害が発生しています。

 

気象と地象の繋がり

栃木県宇都宮気象台は30日午後4時11分に竜巻注意報第4号を出した。

8/31  19:04   栃木県南部 M 3.6 最大震度1(稍深発地震)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180831190450.html

 

2018/08/29

-07:05-
◎台風21号発生
8月28日午前9時、南鳥島近海で早くも台風21号が発生した。

統計開始以来、2番目のハイペース(8月だけでも9個)で発生している。

** 2018年の夏は2004年の夏と似ている **

① 気温・・・・・   ともに7月に40℃を超えた

② 7月の豪雨・・・・・   2004年(新潟・福島豪雨  福井豪雨)
2018年(平成30年7月豪雨)

③ 8月の台風発生数・・・・・  2004年(8個)
2018年(8月28日で9個)

④ 秋雨前線の早い南下・・・・・  2004年(8月中旬)
2018年(8月上旬)
追記
★新潟県中越地震( M 6.8 最大震度7 )は、2004年10月23日に発生しています。

 

_______________________
____________________
海外の大地震、8月、5回目発生

8/29  12:52   南太平洋  M 7.0
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180829125155.html

大地震の背景

26日  磁場強度18nTに強まる。太陽風磁場が南向きに切り替わり-  16nTに達した。

27日  -10nTを超える強い南向きが未明まで続き、AE指数が最大で  2000nTを超えた。太陽風速度も550㎞に上昇。

28日  太陽風速度が630㎞/秒に上がってきた。

29日  550㎞/秒に下がってはいるが、550㎞/秒の高速状態は続いている。

(詳しくは宇宙天気ニュースをご覧ください)
http://swnews.jp/2018/swnews_1808291411.html

 

 

2018/08/26

-16:29-
26日・27日は彗星近日点。磁場強度が-16nTまで上がってきた。

*宇宙天気ニュース ↓2018/ 8/26 13:20 更新
太陽風の乱れが到来し、磁場が南向きに強まって磁気圏の活動を強めています。
http://swnews.jp/2018/swnews_1808261320.html 

-20:03-
◎20時現在、佐久の東空に静かな帯状鱗雲が収束しています。27日頃、茨城県北部~沖に小地震(M 3~5)発生がありそうです。

_________________________
>上記予測結果
28日現在まで、地震の発生はありませんでした。

*8月25日未明、 茨城県北部を震源とするM4.1 最大震度3(茨城県)の地震が起きています↓
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180825021748.html

鱗雲は、地震発生前の前兆鱗雲と、地震発生後にも類似の雲(勢いのない)が出る事があります。26日夜は、地震発生後の鱗雲だったようです。

>> つづき    
29日 茨城県南部に M 4.0
8/29  14:30  茨城県南部 M 4.0 最大震度2 (やや深発地震)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180829143030.html
29日 茨城県沖に M4.0
8/29  07:35  茨城県沖 M 4.0 最大震度2 (震源の深さ約50㎞)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180829073608.html

予測日より2日ほど遅くなりましたが、地震が発生しました。
26日夜の(静かな鱗状雲)は前兆雲でした。

2018/08/24

-07:33-
◎強い台風20号は、23日午後9時ごろ、徳島県南部に上陸。24日午前0時前に兵庫県姫路市付近に再上陸し、北陸沖を北上して北海道へ向かう。

進路先(バラケる付近)に地震
8/24  05:52  浦河沖 M4.0 最大震度1(青森県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180824055258.html

8/23  00:06  青森県東方沖 M4.8 最大震度2(北海道 青森県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180823000642.html

-2018.08.25  追記-
8/25  06:30  岩手県沖 M 4.1 最大震度2(青森県 岩手県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180825063037.html



8/24  23:15  青森県東方沖 M 5.1  最大震度3(青森県 岩手県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180824231613.html

台風20号再上陸付近にも地震
8/25  00:00  京都府南部 M 3.4  最大震度3(京都府)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180825000021.html

8/24  13:34  和歌山県北部 M 2.9 最大震度1
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180824133427.html

_____________________________ 

台風20号

震源の深さは約 600 ㎞の深発地震でした。8月19日に起きたフィジー諸島M 8 .2の震源も約 570 ㎞の深発地震でした。

2018/08/22

-06:22-
◎22日の空は快晴に近く、緊張状態になりつつあります。

21日朝の前兆雲、「雲のスタジオ」画像№3606 参照ください。
http://www.menokami.jp/joyful/joyful.cgi

関東~東北南部太平洋側は23日頃までに広域地震が懸念されます。

 

◎海外でまた大地震
8/22  06:31  中米(ベネズエラ沿岸) M7.3 稍深発
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180822063004.html

**8月16日から高速太陽風は続いています。

日本時間20日18時以降は、650㎞/秒前後で推移しています。
2018/8/21 更新の宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2018/swnews_1808211304.html

2018/08/19

-08:35-
◎19日、朝の空
昨夜、東に広く発光現象がありましたが、今朝は空全体に壮麗な絹雲が現れており、地殻は緊張状態になっていません。

今日も台風19号・20号が発生中ですが、台風シーズンの地震予測は難しいです。

_____________________________
◎海外で巨大地震発生
8/19  09:20  南太平洋(フィジー諸島) M 8.2 震源の深さは約570㎞
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180819092607.html

震源の深さから、昨夜の発光現象は関係していると思います。

**16日~18日まで500㎞秒台の高速太陽風が続きました。

インドネシア・ロンボク島でも
日本時間19日午後1時10分頃 インドネシア・ロンボク島でM 6.3の地震が起きました。ロンボク島では、先月末からM 6前後の地震が相次ぎ、今回は4度目です。

ζ台風19号は、16日午前9時頃、マリアナ諸島付近で発生。
ζ台風20号は、18日午後9時頃、太平洋西部のトラック諸島近海で発生。

また地震
インドネシアのロンボク島で日本時間19日午後11時56分頃、またM6.9の地震が発生しました。

2018/08/18

-20:12-
◎夜空に、広範な発光現象と帯雲
佐久の東の空は、広く(南北に長く)薄赤みを帯びた発光現象がみられます。   数本の帯雲も東西に架橋しています。

7月8日から40日間続きの全国的猛暑から解放され、2日目です。気温が急に下がるときは、地震に警戒です。

19日頃までに、千葉県、茨城県、福島県付近に確りした地震でしょうか・・。

__________________________
>上記前兆結果
8/21  02:47  茨城県南部 M 4.0 最大震度2(茨城県 栃木県 埼玉県 千葉県)http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180821024717.html

*発光前兆は、翌日に地震が発生するのですが、台風発生時は変化があるようです。

2018/08/17

-08:34-
◎17日未明、火山島付近でM 6.6。  16日は彗星近日点でした。

8/17  03:21  硫黄島近海 M 6.6 最大震度1(東京都)http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180817032404.html

:16日の宇宙天気ニュース ↓
500km/秒の高速太陽風が到来し、磁気圏の活動も高まっています。
http://swnews.jp/2018/swnews_1808161213.html

-20:40-
今日の最低気温は、平年を4~5℃ほど下回り、9月上旬から中旬なみのところもありました。明日18日は更に下回るところがあるようです。17日、北海道大雪山系の黒岳では、初雪が観測されました。

プリンスルパーツ現象であれば、発震は、18日か19日でしょう。
台風が上陸したエリア、バラケたエリア、記録的短時間大雨情報が出されたエリアなどが予測されます。

プリンスルパーツ・ドロップが示す地震体積説の正しさ

弾性反発説では、地震のエネルギーは断層の両側に同じように蓄えられているととらえているので、震央は余震域のほぼ中央に位置していなければならないのだが、実際の観測ではそうなっていず、端の方から起こっている・・・・・という矛盾が、地震体積説においては解決される。

熱してドロドロに溶かしたガラスを水の中にたらすと、ガラスは細長いラッキョウのような形に固まる。急速に冷えたため、このラッキョウには歪エネルギーが蓄積されている。
そしてラッキョウの尾は細くなっているが、その細いところをつまんで折ってみると、ラッキョウの本体もいっせいにはじけて粉々になって四方に飛び散る。(右図) 同時にかなりの音を発する。

これはラッキョウに蓄積されてかろうじてバランスを保っていたエネルギーが、尾を折られたことをきっかけにして運動のエネルギーになったからである。
(『新・地震の話』 坪井忠二著・岩波新書)

ちなみに、これは『ルパートの滴』(Prince Rupert’s drop)と呼ばれ、同名のカナダの町(プリンス・ルパート/ブリティッシュ・コロンビア州西部の湾岸都市)など寒地でできるツララに同じ現象が起こることが古くから知られている。

歪エネルギー:
物体に外力が加わったときに生じる体積や形の変化。押しの力によって地殻に蓄えられるエネルギー。アメリカのショルツらによって実験されている。

 

 

 

 

 


 

2018/08/16

-09:05-
16日は彗星近日点(8月4個目の)__前線活発化。

北日本の日本海側を中心に局地的に猛烈な雨や雷になっています。
青森県では、15日16時10分に記録的短時間大雨情報が発表されました。

低気圧が発達・停滞する地域は、地殻の磁気エネルギー蓄積が活発です。高気圧に移行した頃、地震発生確率が高くなります。

 

 

2018/08/15

-07:17-
◎台風15号上陸

ζ 台風第15号は、15日3時前に宮崎県日向市付近に上陸しました。

2018年08月15日06:45発表
15号拡大(2018年8月15日 6時現在)

台風15号が久留米市付近を北北西に進んでいます

_____________________________
* 追記
上陸エリアは、8月12日「今日の一言」の地震発生予測エリアでした。
地震発生は、現在迄ありません。
_____________________________
_____________________________

口永良部(くちのえらぶ)島

今日未明から火山性地震が増え、午前10時までに26回。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
口永良部島 噴火警戒レベル4に

8/15(水) 10:39配信

気象庁は屋久島町の口永良部島の噴火警戒レベルを午前10時半に2の火口周辺規制から4の避難準備に引き上げました。
新岳火口からおおむね3キロの範囲の移住地域では噴火に伴う大きな噴石や火砕流に厳重に警戒をしてください。

MBC南日本放送 | 鹿児島
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

2018/08/14

-15:22-
◎続く千葉県東方沖の地震活動
8/14  12:35 千葉県東方沖 M4.8 最大震度3(千葉県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180814123557.html

↓tenki.jp より
_________________________
震源地ごとの地震観測回数

期間:2018年05月06日~2018年08月14日

2018年08月14日15:00更新

地震観測回数 震源地 地震規模
の最大
50回 大阪府北部 M6.1
29回 長野県北部 M5.2
28回 千葉県東方沖 M6.0
28回 熊本県熊本地方 M4.4
25回 福島県沖 M5.4

※震度1以上を観測した地震の集計です
_________________________

2018/08/12

-09:58-
2つの台風 -8月12日午前6時現在-
ζ台風14号は、宮古島の北北西約50㎞にあり西に20㎞/hで進んでいる。

ζ台風15号は、小笠原近海にあり、北西に15㎞/hで進んでいる。

*追加掲載 琉球新報より ↓
____________________________

2018年8月12日 09:32

台風15号の経路図(12日午前3時、気象庁HPより)

 気象庁によると、台風15号は12日午前6時、小笠原近海を1時間におよそ15キロの速さで北西に進んでいる。

24時間後の13日午前6時には父島の西南西約290キロの地点を1時間におよそ30キロの速さで北北西に進んでいる。14日午前3時には熱帯低気圧に変わる見通し。沖縄地方に接近するかどうか現時点の予報では分からないが、現在の進路をそのまま進めば鹿児島県地方に近づくと見られる。

12日午前6時現在の中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで中心の東側220キロ以内と西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。【琉球新報電子版】
_______________________________

 

地震発生予測   -8/12 -09:58-
日向灘・豊後水道付近  M3~4  8月14日頃までに

__________________________
>上記予測結果
地震の発生はありませんでした。

*台風15号は、15日午前3時頃に宮崎県日向市付近に上陸しています。