作成者別アーカイブ: tokida

2019/07/23

-05:53-

◎今週後半から
長く続いた梅雨空も、今週後半あたりから
梅雨明けの兆しがみえてくるようです。

雨、曇りの日には目立つ地震は発生しません。
最大震度4の地震発生は、6月24日から
今日でほゞ1ヵ月間発生していません。

梅雨明け、確りした高気圧下で
地象活動が活発化してきます。

 

………………………………………….
23日は、7月に入り4個目の彗星近日点です。
7/23  05:47 宮古島北西沖 M 5.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/07/23/2019-07-23-05-47-18.html

 

2019/07/21

-05:50-
◎。。今日も傘マーク。。。。。。

梅雨明け発表されたのは、沖縄 奄美地方
だけで、他はまだ 少し先になるようです。
列島は今日も傘マークが並んでいます。

雨や曇りの日には 目立った地震発生確率は
かなり低くなります。

震度4以上の地震は、
6月24日以来、発生していません。

 

-21:43-  追記
発光現象  
現在 北西方向に淡い発光があります。
長野県北部、上越地方付近に明日あたり、
小地震エネルギー解放がありそうです。
_________________
対応地震 発生せず。

 

 

2019/07/20

-12:59-
◎「大雨特別警報」     
20日午前10時5分、長崎県の五島列島と
対馬に「大雨特別警報」が発表された。
(これまでに経験した事のないような大雨で
警戒レベルは「5」の最大級の警戒になった。)

台風5号と太平洋高気圧周辺の間に、
線状降水帯が停滞している状況。
..(台風5号からの風と高気圧からの風が合わさる
あたりの九州の西に線状降水帯が停滞)…..

 

____________________
tenki.jp より↓
実況天気図

 
北海道地方 
東北地方 
関東・甲信地方 
関東・甲信地方 
北陸地方 
東海地方 
近畿地方 
中国地方 
四国地方 
九州地方 
沖縄地方 
沖縄地方

2019/07/13

-15:19-
◎13日、梅雨明け、広域地震

7/13 09:58 奄美大島北西沖 M 5.9(深発)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/07/13/2019-07-13-09-58-18.html

……………………………………………………….
*気象庁は13日、奄美地方が
「梅雨明けしたとみられる」と発表した。
平年より14日遅い梅雨明け……………………

奄美地方は、<5月14日頃>に梅雨入りしており、
約2ヶ月雨が続いた。……………………………………..
統計のある1951年以降、3番目に遅い梅雨明け。

 

2019/07/11

-20:34-
◎エルニーニョ監視速報
*気象庁は10日、昨年秋から発生したエルニーニョ現象
が終息したとみられると発表した。
……………………………………………..
……………………………………………..
7月も、ほとんど連日傘マーク。

 

2019/07/09

-07:18-

◎7月9日は 上弦トリガー日
未明に
7/9 03:35 与那国島近海 M 4.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/07/09/2019-07-09-03-35-50.html

7/9 20:34 オホーツク海南部 M 5.8 (深発)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/07/09/2019-07-09-20-34-38.html 

 

 

-20:19- <追記>

↓台湾から45時間、与那国島に到着 3万年前の旅再現

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM7934MPM79ULBJ006.html 

 

-21:48- <追記>
現在、佐久の空には、薄くかなり大きな鱗崩れが
広がっています。全体方向は南西に向かっています。
雲の合間の夜空は澄んでいます。

_________________
<2019.07.10 07:42 -更新->

>>佐久の南西に

7/10  06:13  紀伊水道 M 3.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/07/10/2019-07-10-06-13-39.html

7/10  20:33 岐阜県美濃中西部 M3.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/07/10/2019-07-10-20-33-05.html

 

 

 

2019/07/08

-07:57-
やわらかな 青空

曇り・雨の朝がつづきましたが、
今朝は、やわらかな水色とふんわりした白雲。
そよ風に木の葉が揺れて、美しい朝です。

国内は、6月24日<千葉県南東沖 M 5.5>以来、
現在まで地震活動は静かです。

明日9日は上弦トリガー日です。

 

 

 

2019/07/06

-18:09-
◎カリフォルニア州南部の地震
7/6    12:19    北米西部  M7.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/07/06/2019-07-06-12-25-06.html

ほゞ同じ震源で、日本時間5日未明 M 6.4の地震が
起きており、その後も余震が連続。

: 6月5日はEF(地球遠日点)とMN(月が最近)が重なる
強引力日、6日は彗星近日点です。

↓ 7月の「シャク暦」
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#july 

 

- 07:49-
地球ダイナミズム  


< 竜巻 >
__________________________

中国東北部で竜巻、6人死亡 200人近くが負傷

2019年7月4日 13:52 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

中国東北部で竜巻、6人死亡 200人近くが負傷

中国東北部遼寧省の開原で、竜巻の被害を受けた壁や建物
(2019年7月3日撮影)。(c)AFP
  • 中国東北部遼寧省の開原で発生した竜巻(2019年7月3日撮影)。(c)AFP

【7月4日 AFP】中国東北部・遼寧(Liaoning)省の開原(Kaiyuan)で3日午後、竜巻が発生し、6人が死亡、200人近くが負傷した。地元当局が4日、発表した。
_______________________________

_______________________________

  • < 雹 >
  • メキシコ中西部グアダラハラ現地時間6月30日未明から大量の雹が降り、降った雹は、翌朝までに2メートルまでに降り積もった。
  • 雹が降る前後数日間の気温は31℃前後で、上空に強い寒気が入った事
  • が原因。この雹で家屋200軒近くが損傷し、少なくとも50台の車が雹の濁流に押し流された。

_______________________________
< 高温・熱波 >
欧州各地の異常高温
6月下旬1週間ほど、アフリカからの熱波で、酷暑に見舞われた。

フランス南部では、6月28日観測史上最高の 45.9℃ を観測した。
ドイツでも、38℃ を超え、6月の気温としては国内史上最高気温を更新。
スペイン中部では熱波による山火事が広がった。

______________
………………………………………..
-18:51-  追記
過去20年間で最大規模
米カリフォルニア州南部で、現地時間4日午前10時33分頃、
(M)6.4の地震が起きた。この地域では、過去20年間で
最大規模の地震になった。

カリフォルニア州南部では、6月に入ってから、
1000回以上の群発地震が続いていた。

 

 

 

2019/07/02

-08:03-
今年も -線状降水帯-
////////////////////////////////

九州南部を中心に活発な雨雲が かかり続け、
土砂災害警戒情報 避難勧告 避難指示
<氾濫危険水位 が絶え間なく 報道されている。
7月5日頃までは本降りが 続きそうだ。

7月に集中する豪雨災害は、2000年以降、
頻度が増え、新しい気象用語が生まれる。

全地球的な気温上昇が一因である事は確か。

:7月の「シャク暦」
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#july 

 

 

2019/06/30

-07:02-
◎「西日本豪雨」なみの恐れも・・・

梅雨前線+低気圧で大雨

29日午後10時40分現在の24時間降水量
・鹿児島県→錦江町211ミリ、日置市188ミリ
・宮崎県→えびの市175ミリ など

30日午後6時までの予想24時間降水量
・九州北部→ 300ミリ
・近畿、四国→200ミリ
・北陸、東海→180ミリ
・中国、九州南部→150ミリ となっており
気象庁は警戒を呼び掛けている。
これからも更に降り続く雨・・・・・

-17:59-
◎熊本県 「避難勧告」
熊本県の12の市町村にレベル4の「避難勧告」
が出された。前線はこの後も停滞・・降り続く

 

 

 

 

2019/06/28

-07:41-
◎台風3号
27日18時、室戸岬の南南西約200㎞で
台風3号になった。

28日06時45分現在
千葉県館山市の南南西約60㎞に在り、
東北東へ進んでいる。最大風速は20m/s。
/////////////////////////////////

高知県の雨
高知県から徳島県にかけて激しい雨が・・
27日11時までの24時間降水量が、
高知県仁淀川町の池川で201.5ミリを観測。

6月23日にも・・・
高知県いの町で、18時までの1時間に93ミリ、
高知市で45ミリを観測している。
////////////////////////////////

極端な気象現象が観られた付近は、
地震発生確率の高いエリアです。

_________________
 付近に小地震発生
6/29  03:46   土佐湾 M 3.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/29/2019-06-29-03-46-18.html

 

 

2019/06/26

-07:25-
梅雨前線 + 熱帯低気圧
//////////   //////////

熱帯低気圧が沖縄付近を北上中。

梅雨前線と相乗し、
沖縄・奄美→九州南部→四国→近畿
は、これから、27日・28日大荒れに
なるようです。

______________
26日、最も遅い梅雨入り発表

tenki.jp より↓
………………………………………………………….

2019年6月26日 11:20
26日、九州北部と四国、中国、近畿の梅雨入りが発表されました。今年は、平年より大幅に遅れていて、統計がある1951年以降で最も遅い記録です。これで、梅雨がない北海道を除くすべての地域が長雨の季節に入りました。
…………………………………………………………

 

2019/06/24

-06:47-
今年の梅雨?? 「変」

九州北部 四国 中国 は
平年と比べて、今日までに 約17日ほど
遅れており、記録を取り始めの1951年以降
最も遅くなってる。梅雨入りしないのだろうか?

近畿も記録的に遅れている。

1951年以降、最も遅い日は  
九州北部地方  1967年6月22日
四 国       1967年6月21日
中 国       1968年6月24日
近 畿       1958年6月25日

因みに
関東・甲信 東海 東北南部 北陸では
6月7日に梅雨入りが発表されている。

関東・甲信 東海は平年並み。
東北南部 北陸は平年より5日早い。

東北北部は平年並みの6月15日に梅雨入り。

今年、西日本は東北北部より遅くなっている。
__________________
気象の 「変」 は 地象の 「変」

__________________
__________________

<追記>  -10:17-

21日、「記録的短時間大雨情報」が出された
千葉県に

6/24  09:11 千葉県南東沖 M 5.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/24/2019-06-24-09-11-54.html 

6月21日の 「今日の一言」 参照ください。

_____________
海外で大きな地震
6/24  11:54  インドネシア付近 M7.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/24/2019-06-24-11-59-35.html 

 

 

2019/06/21

-19:56-
記録的短時間大雨情報

ウェザーニュースより ↓

/////////////////
2019/06/21 15:25 ウェザーニュース

6月21日(金)、千葉県成田市付近で猛烈な雨が降った
とみられるとして、気象庁は記録的短時間大雨情報を
発表しました。

夕方にかけて雷雨に警戒

 ▼千葉県で猛烈な雨
15時までの1時間に、
 成田市付近で約110mm(解析雨量)

局地的に雨雲が発達している千葉県に
記録的短時間大雨情報が発表になりました。
15時までの1時間に成田市付近で約110mmの雨が
降ったと見られます。激しい雨が数時間程度続く
おそれがあります。大規模な道路冠水や河川の増水、
土砂災害などに警戒が必要です。
//////////////////

 

「シャク暦」 6月↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#june 

 

_________________
▲ライコケ(雷公計)島 噴火

6月22日未明、千島列島のライコケ(雷公計)島の
火山が95年ぶりに噴火した。
ライコケ島は千島列島中部に在る。

 

 

 

 

 

 

2019/06/18

-17:48-
四川省の地震
中国南西部の四川省で17日夜(M)6.0
の強い地震が発生し、これまでに少なくとも
12人が死亡。

【6月18日AFP】 ↓
https://www.afpbb.com/articles/-/3230465 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国の地震予測

(6月14日「一言」参照ください。)

http://www.menokami.jp/daily.html 

台湾付近に長期間停滞していた梅雨前線は、
18日、やっと北上し始めました。

(6月12日「一言」参照ください。)

 

 

2019/06/16

-08:42-
◎海外で大きな地震

6/16  07:55  ニュージーランド付近 M7.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/16/2019-06-16-07-54-55.html 

16日は大潮(満月:17日)トリガー日です。
17日・18日は彗星が近日点を通過。

_________________
_________________
◎17日朝、最大震度4
6/17   08:00  茨城県北部 M5.2
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/17/2019-06-17-08-00-20.html 

6月の「シャク暦」↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#june 

 

が2019/06/15

- 10:20-
◎令和元年の梅雨∥ 大荒れ
15日~16日にかけ、全国的に雨・風強まる。

発達しながら西日本の南岸~東北地方を
北上する低気圧の動きは遅く、
長時間の雨、風による土砂災害に警戒注意
が呼び掛けられている。海上も大荒れの恐れ。

16日、北日本や北陸は台風なみの暴風雨に
なるようです。

低気圧が特に発達する東北日本海側は、
晴天になった頃、
M4クラスほどの地震が 発生しそうです。
__________________
山形県沖震源 M6.7
6/18  22:22 山形県沖 M 6.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/18/2019-06-18-22-22-24.html

 

 

2019/06/14

-18:22-
◎中国南東部の梅雨
今年の梅雨は台湾付近の停滞が長い。
台湾の西隣、福建省や江西省では、
6月6日からの大雨で、
10日、大規模な土砂災害が発生し、
これまでに、
61人が死亡、14人が行方不明になった。

中国南東部・台湾付近は 梅雨が過ぎ
晴天になった頃 確りした地震発生が
懸念されます。

________________
________________
中国南西部の四川省で、
6月17日22時55分(日本時間同11時55分)
頃 (M) 6.0の強い地震が発生した。

 

 

2019/06/12

-06:58-
◎台湾付近 と 梅雨前線   

梅雨前線は一向に北上しない。
九州北部、中国、四国、近畿は いまだ
梅雨入りが発表されていない。
(平年なら6月5日~7日頃)

5月28日から現在まで梅雨前線は、まるで
台湾を起点としているように付近を上下してる。
………………………………………………………………..

tenki.jp より ↓
>過去の天気図カレンダー
https://tenki.jp/past/2019/06/chart/ 
……………………………………………………………….

*台湾では4月から地震発生が顕著です。
2019年4月18日の「一言」参照ください。
http://www.menokami.jp/daily.html 
以降も、
5月23日-東部・花蓮県でM 4.8、震度⑤
6月4日-台湾南東部の海域でM 5.6 震度⑤

 

 

2019/06/10

-07:13-
◎梅雨空
南西諸島
梅雨前線近くの南西諸島では雨雲が発達、
非常に激しい降りになっている。
10日午前3時前、沖縄本島では1時間に
50ミリ以上(非常に激しい滝のような雨)が
観測されたところもある。

前線の動きに注視しましょう。
長く停滞するエリアは後の地震発生に
繫がります。

*太陽風は  
5月31日で高速太陽風は終わり、その後
現在まで低速ぎみの太陽風が続いています。

2019/06/07

-08:16-
◎ほゞ全国 傘マーク

tenki.jp
2019年6月07日06:31 より一部転載 ↓
…………………………………………………
予想雨量は

この低気圧は、発達しながら日本海から東日本を進むため、西日本や東日本では、8日土曜日にかけて、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。西日本では7日金曜日の夜にかけて、東日本では7日金曜日の昼過ぎから夕方にかけて、断続的にカミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。
8日6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、四国地方200ミリ、九州南部、近畿地方、東海地方120ミリ、九州北部100ミリとなっています。低い土地の浸水や土砂災害、川の増水に警戒・注意が必要です。
………………………………………………….転載ここまで

*7日彗星近日点
8日はMN(月が最近)、10日は上弦です。

-08:38-
佐久では08:34、大降りになってきました。

2019/06/04

-09:10-
◎梅雨前線

5月29日からの高速太陽風は、31日午後で
終わり、6月からは低速風が続いています。

6月7日~8日は九州から近畿で大雨の恐れ
があり、九州北部~関東甲信で梅雨入り
と予報されています。

梅雨前線停滞エリアに注視しましょう。
長く停滞するエリアは
後に地震発生確率が高い(佐々木地震論)。

___________
___________
6月3日:新月の大潮トリガー日

3日付近 伊豆・小笠原諸島近海に
6/4  13:40 鳥島近海 M 6.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/04/2019-06-04-13-40-22.html

6/2  05:14 硫黄島近海 M 5.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/02/2019-06-02-05-14-51.html

 

 

2019/06/01

-12:04-
◎6月
6月の彗星近日点は7個です。明日2日から
大潮(3日:新月)トリガー日です。
シャク暦 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#june 

太陽風は29日~31日まで500㎞/秒台の
高速風が続いています。

朝、(5月25日千葉県南部)で発生した地震と
震源の深さが同じ地震が発生。

6/1  07:58  千葉県北東部 M 4.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/01/2019-06-01-07-58-17.html

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
◎2日 大潮トリガー日 M 5.7

6/2  05:14 硫黄島近海 M5.7(やや深発)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/06/02/2019-06-02-05-14-51.html 

2019/05/29

-17:26-
太陽風速度-上昇      

2019/5/29 12:31 更新 宇宙天気ニュース↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1905291231.html 

極端な気温上昇が現れた北海道東部は、
少し地震が懸念されます。

_________________
結果
5/31  14:27 釧路沖 M 3.8
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/31/2019-05-31-14-27-17.html 

5/30  01:02 十勝地方北部 M 3.8
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/30/2019-05-30-01-03-00.html

5/29 23:09 釧路地方中南部 M 3.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/29/2019-05-29-23-09-32.html

 

 

2019/05/26

-18:41-
北海道東部 で 猛暑

北海道佐呂間町
26日午後2時10分時点で 39.5度 を観測し、
5月の全国最高気温を更新した。

(帯広市 池田町 足寄町) は 38.8度

その他
福島県伊達市 35.9度
埼玉県鳩山市 35.8度
茨城県大子町 35.5度
東京都心    32.6度(3日連続真夏日)

___________________
海外の大きな地震
5/26  16:41 南米西部 M 8.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/26/2019-05-26-16-41-14.html

26日はMF(月が最遠)トリガー日。

 

2019/05/25

-09:43-
2019年5月の異常高温    
                          
24日の最高気温は、アメダス926地点の
173地点が真夏日を記録。 東京都心も
今年初めての真夏日(31℃)になった。

高知県の四万十市では、最高気温が34℃
まで上がり、全国一番。<1976年の統計開始
以来 5月としては最も高くなった>

*今日は更に上がり
25日08:00発表 (tenki.jp)
大分県日田市や福島市 などで 35℃。
山梨県甲府市や名古屋市 などでも 34℃
と予想されている。

佐久の空も緊張状態の青空が広がっている。

___________________________
千葉県南部に  M 5.1
5/25 15:20 千葉県南部 M 5.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/25/2019-05-25-15-20-53.html

前兆雲 ↓ (予測より南でした)
http://www.menokami.jp/shakusky.html 

2019/05/19

-08:10-
◎気象(極 端 化)

〓豪雨
屋久島町に「記録的短時間大雨情報」
18日午後6時過ぎ、屋久島町南部付近で、
1時間に 約120ミリ の猛烈な雨が降った。

∵渇水
愛知県、豊川用水-宇連ダム-の貯水量、
ゼロの恐れ(18日の貯水率は1%)。
…… ……….. .. …  ….
高知県、福島県の農業用ダムの貯水量も
激減している。
国土交通省によると 5月10日時点で
国管理河川で渇水対策支部を設置する
河川は 9水系 10河川。
取水制限する河川は 5水系 6河川になる。

 

佐々木地震論
-地象と気象のエネルギーは同根である- 

極端な気象現象・気象変化に注視しましょう。

 

 

 

 

2019/05/17

- 07:38-
濃い霧  
16日朝、道南~東北北部の太平洋側を中心に
濃い霧が発生しました。

18日から大潮(満月:19日)トリガー日です。

18日頃 十勝沖 青森県東方沖 付近
少し、地震が発生するかもしれません。

太陽風
昨日から 速度・南向き磁場ともに 静穏状態です。

 

___________________
18日 予測エリアより南に
5/18 宮城県北部 M 4.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/18/2019-05-18-10-18-14.html 

 

 

2019/05/14

-23:07-
◎海外で
5/14  21:58 ニューギニア付近 M 7.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/14/2019-05-14-22-05-41.html

 

14日、500㎞/秒台の高速太陽風   

2019/05/14 13:38  更新 宇宙天気ニュース↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1905141338.html 

>>追記
5月7日も ニューギニア付近を震源とするM 7.1
の地震が起きています。

tenki.jp より↓ 転載
________________
海外の大きな地震

海外で発生した大きな地震の発生場所(震源)やその規模
(マグニチュード)の情報です

発生時刻 震源地 マグニチュード
2019年05月14日21:58頃 ニューギニア付近
パプアニューギニア、ニューブリテン
M7.7
2019年05月14日21:58頃 ニューギニア付近
パプアニューギニア、ニューブリテン
M7.7
2019年05月07日06:20頃 ニューギニア付近
パプアニューギニア、ニューギニア東部
M7.1

 

 

2019/05/13

-17:24-
地象と気象の つながり

* 日本の最西端、与那国島で13日、
『記録的短時間大雨情報』が出された。

与那国島では13日朝、1時間に100ミリ以上の
猛烈な雨が降り、午前11時までの総雨量は、
与那国空港で451ミリを超え、観測史上最大。

4月18日には、台湾付近を震源とする
M 6.1 最大震度⑦(台湾東部-花蓮県)の被害
地震が起きている。

晴天になった頃、与那国島近海付近に また
地震エネルギー解放が懸念されます。

 

 

2019/05/10

-08:01-
◎地象と気象の つながり

8日朝は、九州~東北南部にかけて
最低気温が 3月~4月なみに、低下しました。

九州南部にM 5.6
5/10 07:43 日向灘 M5.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/10/2019-05-10-07-43-31.html

つづき
5/10  08:48 日向灘 M6.3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/10/2019-05-10-08-48-52.html

 

◎太陽活動
5月5日から断続的に フレア活動が続いています。

日本時間9日14時半 C6.7 フレア発生
2019/5/10  14:56 更新 宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1905101456.html 

 

2019/05/08

-08:51-
◎太陽活動と地象活動

* 2019/5/7  14:02 更新 宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1905071402.html

 

* 2019/05/07  12:07 ウェザーニュースより転載 ↓
________________________

box3

その後、火山性地震は1日あたり10回未満で経過していましたが、
5月に入り10回を超えるようになって、3日(金)には32回を観測。

5日(日)にはさらに増えて49回、今日7日(火)も9時までに22回発生しています。
_______________転載ここまで

-21:50-
◎発光現象  
東の空に淡い赤系の発光現象があります。

……………………………….
佐久の東方向に
5/9  21:42 千葉県東方沖 M 3.2
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/09/2019-05-09-21-42-40.html

 

 

2019/05/07

-08:47-

太陽フレア発生
5日からCクラス小規模フレア 連続

:宇宙天気情報BOX
フレア(GOES)の最新状況(5/7 08:41)
より ↓
________________________________________
5/6  5回(最大 14:03→C9.9
5/5  1回
________________________________________

* 7日朝
5/7 06:20 ニューギニア付近 M7.1 (深発地震)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/07/2019-05-07-06-24-04.html 

2019/05/02

-14:08-
◎高速太陽風到来     
1日遅くから 高速太陽風に・・・

2日の宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1905020855.html 

4日は大潮(新月:5日)と彗星近日点が
重なります。

◆予測
根室半島南東沖付近に、4日頃
小地震が起きそうです。

_____________
>>結果
5/5  01:40  根室半島南東沖 M 5.3 (やや深発)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/05/05/2019-05-05-01-40-37.html 

2019/04/30

-07:39-
低速太陽風   
4月は月を通して低速太陽風でした。
最大震度④以上の揺れは、
4/28-④ の1回で終わるようです。

2018年の 震度④以上発生最少月は12月、
12/8日-④ と 12/30日-④ でした。

5月に近日点を通過する彗星は
3個(今年最少数)です。

5月の「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#may 

<追記
今月は深発地震が目立ちました。
28日、あざやかな彩雲が観測されました。
翌日、遠州灘を震源とする深さ 約320㎞の
地震が起きています。

前兆彩雲→ http://www.menokami.jp/shakusky.html

 

 

 

2019/04/26

-07:07-
季節外れの寒気   

強い寒気が北海道-東北北部の上空に
流れ込み、
北海道は「平地でも積雪」、 関東北部や北陸でも
「標高の高い処では雪」。連休入口は、寒の戻りに
見舞われるようです。

27日は下弦トリガー日、
29日彗星近日点MF(月が最遠)が重なります。

28日頃、(北海道東部 青森県東方沖)付近に
少し地震エネルギー解放が起きそうです。

・・・・・・・・・・・・・
太陽風   
太陽風は、23日の遅くから-24日22時頃まで
400㎞秒/台前半の平均速度まで上がりましたが、
その後はまた低速太陽風に戻っています。

*4月25日の宇宙天気 ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1904251229.html 

-09:10-  追記
25日、震度③  2回
4/25 21:00  宮城県沖 M 4.3  最大震度③
4/25  00:19  釧路地方北部 M 2.3 最大震度③

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◎上記 (  
予測結果
4/28 02:25 十勝地方南部 M 5.6   深発
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/28/2019-04-28-02-25-02.html 

3月27日以降、1ヵ月ぶりの 最大震度④です。

 

 

 

 

2019/04/22

-07:00-
◎震度4以上 -発生間隔-

3月27日(宮崎県-震度4)以降、
昨日4月21日までの 25日間
国内で 震度4以上の揺れ は発生していません。

20日間以上、震度4以上の揺れがなかったのは、

直近で、2018年12月8日(福島県-震度4)~
12月30日(北海道-震度4)までの 21日間です。

:太陽風    
4月は、(300㎞~400㎞)秒/台の平均・低速傾向
太陽風が続いていましたが、23日からは太陽風
速度に変化が現れ始めるようです。

*4/21 11:02 更新の宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1904211102.html 

________________
<04/24    00:21 -記- >
◎発光現象  
南東の狭い範囲に青白系の発光があります。
____________
>結果
4/25 02:19 千葉県東方沖 M3.9
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/25/2019-04-25-02-19-14.html

 

 

2019/04/19

-20:22-
◎明日20日彗星近日点です。

(千葉県南東沖、三重県南東沖)付近に
地震エネルギー解放がありそうです。
_________________
上記付近の発生はありませんでした。

2019/04/17

-18:39-
◎つづく低速太陽風   
4月7日から低速傾向の太陽風が続いています。
17日も、350㎞/秒台後半の低速です。

地震も比較的 おとなしめが続いています。

明日18日は大潮(満月:19日)。
20日彗星近日点です。

予測注意エリア
( 九州南部~豊後水道 )付近

___________________
上記結果
4/17 23:04 豊後水道 M 3.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/17/2019-04-17-23-04-52.html

4/21 04:09 トカラ列島近海 M 4.3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/21/2019-04-21-04-09-54.html

 

 

 

2019/04/15

-08:50-
前半地象 まとめ

4月の彗星近日点は 6回です。
4月の「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#april 
後半は20日と29日の 2回です。

<M 5.0以上の地震(4/1~現在まで)
15日 釧路沖  M 5.2       最大震度 ③
12日 父島近海 M 5.6     最大震度 ①
(震源の深さ約550㎞)
12日 沖縄本島近海 M 5.0  最大震度 ①
11日 三陸沖  M 6.0     最大震度 ③
8日  沖縄本島近海 M 5.5 最大震度 ②
5日  鳥島近海 M 5.9    最大震度 ②
(震源の深さ約420㎞)

<最大震度4以上の地震(4/1~現在まで)
発生 なし

14日阿蘇山の噴火警戒レベルが 2 に引き上げ
られました。

前半の特徴
M 5.0以上の地震発生頻度は高く、震度は低め。

_____________________
◎追記
福岡管区気象台は16日、阿蘇山で18時28分頃、
噴火が発生したとの速報を発表した。
噴火はごく小規模で、噴煙の高さは200メートルほど。
警戒レベル 2 は継続。

2019/04/11

-17:17-
低気圧
関東東方沖付近に発達した低気圧があります。

(関東~東北南部)は、13日頃少し地震エネルギー
解放が起きそうです。
13日彗星近日点上弦トリガーが重なります。

4月11日12時の天気図 ↓
_______________________

tenki.jpより↓

実況天気図

________________________
________________________

上記投稿1分後 広域地震発生

4/11  17:18  三陸沖 M 6.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/11/2019-04-11-17-18-43.html

________________________
12日夕  M 5.6

4/12  16:31   父島近海 M 5.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/12/2019-04-12-16-31-12.html

________________________
13日午後  震度3

4/13 15:12 千葉県東方沖 M 3.3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/13/2019-04-13-15-12-47.html

________________________
4/12  03:50   福島県沖 M 3.8
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/12/2019-04-12-03-50-38.html

2019/04/09

-09:08-
彗星近日点付近         

「シャク暦」 4月↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#april

彗星近日点付近には明瞭な気象変化が現れます。

9日-彗星近日点
今日は冷たい北風—-_明日10日は更に気温降下。
東北日本海側・信越などで冷たい雨や雪。北部山沿い
では降雪強まり冬に逆戻りのようです。

6日-彗星近日点。
5日、各地で20℃を超える暑さ。

熊谷では関東初の夏日(25℃以上)を記録。

■地象
彗星近日点前日の発震
4/8  13:13  沖縄本島近海 M 5.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/08/2019-04-08-13-13-02.html

2019/04/03

-17:01-
◎今日もつづいている
(東北南部~関東)太平洋側の地震

4/3  15:57  福島県沖 M4.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/03/2019-04-03-15-57-00.html

先月25日から(宮城県・福島県・茨城県)
付近は小地震発生が続いています。

〇明日4日は大潮(新月:5日)トリガー日です。
3日の宇宙天気は 太陽風→平均的速度
磁気圏活動→少し活発

(宮城県・福島県・茨城県)付近は4日、少し確りした
地震エネルギー解放が起きるかもしれません。

 

tenki.jpより ↓
____________________
震源地ごとの地震観測回数

期間:2018年12月24日~2019年04月03日

2019年04月03日16:30更新

地震観測回数 震源地 地震規模
の最大
30回 熊本県熊本地方 M5.1
25回 宮城県沖 M4.6
23回 福島県沖 M5.9
22回 茨城県沖 M4.9
17回 奄美大島近海 M4.8

※震度1以上を観測した地震の集計です
____________________

2019/03/31

-07:56-
◎つづいている
(東北南部~関東)太平洋側の小地震

3月25日~31日現在までに、
(宮城県-福島県-茨城県)付近に<12回>
の地震がつづいている。
少し気がかりです。

○明日4月1日はMF(月が最遠)トリガー日です。

○30日から太陽風速度は平均的速度になり、
磁気圏活動も静かです。

___________________
_____________________________________________________
<2019.04.01  -21:46- 記>

東北南部に
4/1  21:17  宮城県沖 M 4.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/01/2019-04-01-21-17-42.html

___________________
………………………………………………………………
<2019.04.02  -20:38- 記>

(東北南部~関東)太平洋側
4/2  19:08  福島県沖 M 3.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/02/2019-04-02-19-08-17.html

4/2  11:32  茨城県南部 M 3.3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/04/02/2019-04-02-11-32-08.html

 

 

 

2019/03/30

-07:06-
◎九州南部の動き
3/19 ・ 21  「一言」つづき)

火山
3月28日午後11時~29日日午前0時にかけて
桜島の南岳山頂火口で連続的に噴火が起きた。

地震
3/30  05:55  種子島近海 M 5.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/30/2019-03-30-05-55-48.html

○28日、高速太陽風到来    
http://swnews.jp/2019/swnews_1903291258.html 

-11:08-
○30日、太陽風は平均的速度に
http://swnews.jp/2019/swnews_1903301017.html 

2019/03/29

-19:13-
小地震頻発 
(東北南部~関東)太平洋側に
小地震(M 3.0~M 5.0)が頻発しています。
3月25日~29日現在までに8回です。↓
http://www.menokami.jp/shakusky.html

宇宙天気  
3月11日から低速太陽風が続き、今日から
久しぶりの高速風になっています。

 

2019/03/22

-07:42-
21日 夏日地点も
昨日は、全国的に気温上昇。各地で4月から6月
並みの陽気になり、夏日地点も出ました。

大分県では、大分市(26.7℃)、佐伯市(26.9℃
など県内4つの観測地点で25度を超える夏日。

徳島県美馬市(27.3℃) 愛媛県松山市(25.3℃
鳥取県青谷(25.2℃

今日は、冬型気圧配置で気温差10度以上になる
地点も。

22日、北海道東部で低気圧が発達します。
国後島付近は低気圧通過後に小地震が
起きそうです。

2019/03/21

-08:19-
◎九州南部の動き
3/20  22:11  奄美大島北西沖 M 4.4
3/19  11:18  種子島近海 M 3.1
3/19  05:49  奄美大島近海 M 3.5

19日「一言」に繫がっている地震です。

3月11日から低速太陽風傾向が続いています。

-19:59-
満月の周りに小さな月暈が出ています。
ほんのりとした赤系の月暈です。
東には 静かな地震雲が流れています。
明日あたり 茨城県北部にM 4.0ほどの
地震が起きそうです。
_________________
_________________

>>隣県北部に極小地震
3/22  08:20  栃木県北部 M 2.9
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/22/2019-03-22-08-20-26.html

3月22日、国内の有感地震は上記地震と
鹿児島県薩摩地方M 2.0の2件のみでした。

**********************************
<追記    2019.04.01 >

九州南部の地震
3/27  15:38  日向灘 M 5.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/27/2019-03-27-15-38-13.html
3/30   05:55  種子島近海 M 5.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/30/2019-03-30-05-55-48.html

 

2019/03/19

-08:16-
◎九州南部の動き
¦¦雨
19日未明、鹿児島県屋久島町の尾之間で
1時間に63.5㍉の非常に激しい雨が降った。
1976年の統計開始以来から 3月1位。

桜島噴火
3月15日午後12時3分頃、鹿児島県の桜島で
噴火発生。南岳山頂火口から黒い噴煙が
上空2700メートルに達した。
先月7日にも南岳山頂火口で
爆発が起きている。

顕著な気象現象-火山活動-地震
これらのエネルギーは同根です。
-佐々木理論-

-22:12-
○  月暈   
18日・19日、二夜続きの月暈が現れています。
明日20日はMN(月が最近)と大潮トリガーの
重なる日です。

太陽風は今日も低速です。

 

2019/03/18

-07:09-
◎18日,北海道~九州まで広く晴れ。
現在佐久の空も真っ青に晴れています。

千葉県南東沖
3月14日から現在までに千葉県南東沖を震源と
する小地震が7回発生しています。

今日は3月最後の彗星近日点です。
関東南部にM 4クラスの小地震エネルギー解放
が起きそうです。

-21:48-
◎発光現象
佐久の東~南東に淡い赤系発光が観測されます。

_____________________
>>関東南部に地震
3/19  23:35  新島・神津島近海 M 3.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/19/2019-03-19-23-35-50.html

2019/03/15

-07:55-
ξ大気不安定 ξξ
今月に入ってから低気圧と強い寒気が
次々に通過し、大気不安定が続いています。

15日~16日にかけても(上空5500m付近で
氷点下30度以下)の寒気が入り込み
西日本中心に雷雲が発達しそうです。

低気圧通過の晴れ間を縫うように地震が
発生しています。

* 現在太陽風は低速ですが、コロナホールは
地球に影響する位置に近づきつつあります。

17日頃に、小地震がまた多発するかもしれません。

………………………………………………………
北海道太平洋側は15日晴れています。
十勝沖~根室半島南東沖付近に大気の渦巻が
続いています。今日あたり少し地震エネルギー
解放がありそうです。……………………………

渦巻(14日の気象衛星画像)

____________________
____________________

 渦巻付近に小地震
3/15  19:49  十勝地方南部 M 3.8
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/15/2019-03-15-19-49-24.html 
3/16  17:01  三陸沖 M 4.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/16/2019-03-16-17-01-18.html 

 

2019/03/12

-06:56-
◎急速発達
11日から急発達した低気圧は、12日には北海道の東海上を離れ
千島近海へ進むようです。

tenki.jp より転載 ↓
_______________________

実況天気図

_____________転載ここまで_____

青森県東方沖~根室半島南東沖付近は
14日の上弦頃までに M 5クラスの地震エネルギー
解放が起きそうです。

 

2019/03/10

-20:42-
◎彗星近日点付近から気象変化が
始まります。10日彗星近日点

今夜から明日朝にかけ、関東は雨のピーク。
明日は、東日本~北日本の太平洋側を中心に
暴風雨の大荒れ天気になるようです。

気象活発なとき 地象は静かです。

2019/03/08

-16:26-
◎9日は広く晴れ – 10日彗星近日点

3月の彗星近日点は(4回)です。

10日頃までに 伊豆大島近海付近に
小地震(M 3.0~M 5.0)エネルギー解放が
起きそうです。
_________________

<2019.03.09  -06:50-

8日の予測より かなり西にM 4.5

3/9 01:08 岐阜県美濃中西部 M 4.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/09/2019-03-09-01-08-10.html

 

2019/03/07

-06:55-
◎7日 -大潮 彗星近日点 -

今日は新月彗星近日点が重なる日です。
明け方 小地震(M 3.0~M 5.0)が2回発生しました。

3/7  04:50  小笠原諸島西方沖 M 4.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/07/2019-03-07-04-50-54.html 

3/7   04:26  宮城県沖 M 4.6
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/07/2019-03-07-04-26-13.html

2019/03/04

-08:15-
◎今週も晴れが交互に変化するようです。

4日はMF(月が最遠)トリガー日ですが、

雨の日は目立った地震は発生しません。

-23:50-
◎発光現象     
現在南東方向に 薄い黄色を帯びた小さな
発光現象があります。
5日午後晴れた頃 千葉県付近に
小地震が起きそうです。
______________
>> 対応地震 <<
3/5   19:09  茨城県南部 M 3.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/05/2019-03-05-19-09-08.html 

5日、国内で発生した有感地震は この1件のみでした。

2019/03/02

-12:44-
2日 彗星近日点 M 6.2

 3/2  12:23   根室半島南東沖 M 6.2
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/02/2019-03-02-12-23-22.html

3月 「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#march 

* 28日からの高速太陽風は 今日も続いています。

 3/2  12:51  更新 宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/2019/swnews_1903021251.html 

2019/03/01

-13:17-

◎高速太陽風                       

昨日、500㎞/秒の高速太陽風到来。
1日は570㎞/秒へと高まっています。

3/1  12:31 更新 宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/2019/swnews_1903011231.html 

2日彗星近日点です。

* 気象衛星を見ると 昨日28日から1日早朝まで
ボリュウムのある雲が通過し続けました。

九州南部は、明日午前中頃までにM 3~4クラスの
小規模地震エネルギー解放がありそうです。
_____________________

海外で深発地震 M 7.1 
3/1  17:51  南米西部(ペルー中部) M 7.1
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/01/2019-03-01-17-51-06.html 

_____________________

>>上記予測結果
3/1  18:39   熊本県阿蘇地方 M 3.3 最大震度 3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/01/2019-03-01-18-39-26.html

_____________________
追記 小さな発光現象 
-23:10- 観測
南東方向に 小さな 青白系の発光現象があります。

 翌朝 M 4.5
3/2  06:032   茨城県沖 M 4.5  最大震度3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/03/02/2019-03-02-06-03-33.html 

2019/02/27

-18:24-
長野県中部の地殻活動

2/27  16:25  長野県中部 M 3.9 最大震度3(松本市 木曽町)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/27/2019-02-27-16-25-37.html

tenki.jp より転載:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

震源地ごとの地震観測回数
期間:2018年11月19日~2019年02月27日

2019年02月27日18:00更新

地震観測回数 震源地 地震規模
の最大
53回 長野県中部 M3.9
31回 宮城県沖 M4.7
28回 熊本県熊本地方 M5.1
24回 茨城県沖 M4.9
20回 福島県沖 M5.1

※震度1以上を観測した地震の集計です
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::転載ここまで

▲<焼岳> 昨年11月の火山性地震急増に関連した有感地震多発
と考えています。小規模地震ですが かなり長期に続いている事
が懸念されます。

2019/02/26

-09:20-
◎彗星近日点:下弦トリガー:M 5.4

2/26  02:14  択捉島南東沖 M 5.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/26/2019-02-26-02-14-28.html

* M 5クラスの地震発生は 2月に入り(2回目)です。
1回目は 21日の胆振地方中東部の M 5.8。

* 25日・26日彗星近日点
26日は下弦トリガー日。

「シャク暦」 2月 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#february 

2019/02/25

-07:46-
◎彗星近日点
25日・26日彗星近日点
26日は下弦トリガー日です。

 24日午前の宇宙天気ニュースを見ると
太陽風は低速、磁気圏も穏やかですが、
26日~27日あたりから コロナホール由来の
太陽風変化が始まるようです

24日宇宙天気ニュース ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1902240955.html

 

2019/02/21

-23:40-
◎北海道胆振東部地震

2/21  21:22  胆振地方中東部 M 5.8  最大震度6弱(厚真町)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/21/2019-02-21-21-22-46.html 

先ほど 気象庁の会見があり 「昨年9月6日の北海道胆振東部地震の
一連の地震活動」との事です。

現在までは、大きな被害情報は無いようです。

2019/02/20

-08:04-
◎濃霧     
佐久は早朝から現在も 視界30mほどの濃霧です。

昨日19日(MN(月が最近))と大潮が重なる日、
長野県北部と静岡県西部に小地震が
発生しました。

2/19  21:04  長野県北部 M 4.5
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/19/2019-02-19-21-03-51.html

2/19  17:57  静岡県西部 M 3.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/19/2019-02-19-17-57-37.html 

フォッサマグナ(中央地溝帯)の西縁→糸魚川静岡構造線
の地震です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
TBS NEWS より一部 転載 ↓
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

関東地方で濃霧 JRなど影響

2019年02月20日 08時45分

関東の広範囲で濃霧注意報、JR湘南新宿ラインなどに影響

関東の広範囲で濃霧注意報、JR湘南新宿ラインなどに影響

 関東の広い範囲で濃霧注意報が出されています。このため、交通にも影響が出ています。

JR宇都宮線は濃霧の影響で東京・宇都宮間の上り線に遅れが出ているほか、下り線の一部列車にも遅れが出ています。また、湘南新宿ラインは宇都宮線から横須賀線の一部列車が運休となっています。_________転載ここまで

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2019/02/19

-08:00-
◎今日は….(.雨水.)……

雪から雨へと変わってくる節気ですが、
九州~東北にかけて 雪 ではなく
雨(2月にしては雨も風も強い日)になり、
今日を境に、春に移るようです。

2月-現在まで震度3以上の地震は3回。
比較的 静穏に推移しています。

2019/02/14

-08:57-
◎伊豆大島近海         

*12日午後(極小地震 3回)につづき・・・

14日未明 伊豆大島近海を震源とする(極小・小)地震連続4回。

2/14  01:54  伊豆大島近海  M 2.0
2/14  01:23          〃      M  2.1
2/14  01:13     〃      M 3.4
2/14  00:30     〃      M  2.5

引き続き 関東地方の前兆に注視してゆきます。

____________________
____________________

<< 2019.02.15  -記-  >>

◎小笠原諸島に M 4.7   

2/15  12:35   硫黄島近海 M 4.7  (やや深発)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/15/2019-02-15-12-35-50.html 

 

2019/02/10

-19:35-
彗星近日点(11日)付近 震度4

2/10   14:34   奄美大島近海 M 4.8 最大震度4(鹿児島県)
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/10/2019-02-10-14-34-30.html 

小地震( M 3 以上 5未満 )ですが 震度4・・・
震度4の揺れは、
1月26日、岩手県沖を震源とする地震以来です。

2月9日から やや高速の太陽風になっています。

2019/02/08

-18:12-
◎めまぐるしい気象

今日8日、北日本は強烈寒波で猛吹雪、北海道は日中でも最高気温が-10℃以下になっている。明日は…………………………

tenki.jp より 一部転載____________________23区も積雪か

あす9日(土)、関東地方は朝から広い範囲で雪が降り、大雪となるでしょう。

10日0時までの24時間に予想される雪の降る量は、多い所で、
関東南部 5~10センチ
関東北部の山沿い10~20センチ
関東北部の平野部 5~10センチ
です。

東京23区でも多い所で5~10センチの雪が降ると予想され、大雪となる所がありそうです。_______転載ここまで___________

◎7日朝には、九州から東北にかけて濃い霧が発生。交通への影響が出ました。日中は各地4月中旬並みの陽気になり、宮崎市では20℃超えに。

気象が目立っている時 地象は比較的静かです。
3連休最後の11日は彗星近日点
2月の「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#february 

2019/02/07

-08:57-

長野県中部
tenki.jp より転載 ↓
………………………………………………………………………….
震源地ごとの地震観測回数

期間:2018年10月30日~2019年02月07日  2019年02月07日07:50更新

地震観測回数 震源地 地震規模 の最大
54回 長野県中部 M3.2
33回 宮城県沖 M4.7
24回 熊本県熊本地方 M5.1
24回 茨城県沖 M4.7
21回 胆振地方中東部 M4.7

※震度1以上を観測した地震の集計です

……………………………………………………………….転載ここまで

◎長野県中部の小地震
昨年11月23日、火山性地震が2千回以上に急増した(岐阜/長野)県境に位置する▲焼岳(現在噴火警戒レベル1)の活動に関連したものと思いますが、関東の地殻活動も気になります。

<< 6日 関東の小地震 >>

2/6   19:25   栃木県北部   M 2.1
2/6   17:26   茨城県南部   M 3.6
2/6   10:14    神奈川県西部  M 3.3
2/6   01:52    千葉県東方沖  M 4.0

 

::::::::::::::::::::::::::::::::
< 追記 > -23:44-
◎発光現象       
23時過ぎから南東方向に発光現象が現れています。
白色系のかなり明るい発光です。

2019/02/04

-14:49-
◎コロナホール由来の高速太陽風は 今日から下がり始め 終わりに近づいています。

:明日5日は、彗星近日点-新月-MF(月が最遠) が重なります。
2月の 「シャク暦」 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#february

< 追記。。。気温急上昇

↓ 読売新聞 ニュースより 一部転載
_______________________________
暦の上で春の始まりを示す「立春」の4日、全国的に3月から4月並みの陽気になった。南からの暖気が上空を覆ったことが原因で、東京都心の最高気温は平年を約10度上回る19・4度まで上昇し、北陸では今季初の「春一番」が吹いた。_____________転載ここまで

 

 

2019/02/02

-09:41-
今日 2日は 彗星近日点
彗星近日点付近には 気象変化 が現れます。

………………………………………………………………………………….

↓ 日本気象協会 2019年02月01日 17:07 より一部転載
_______________________________3日(日)は、南から暖かな空気が流れ込んで、最高気温は3月から4月並みの所が多いでしょう。場所によっては、さくらが満開になる頃の暖かさになりそうです。___転載ここまで_________________

 

<追記>  -22:50-
発光現象    
東←→南東に白色系の発光が見られています。
…………………………………………………………….
____________________________________________________
>>対応地震<<
2/3  04:10  千葉県東方沖 M 4.8
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/02/03/2019-02-03-04-10-20.html

2019/02/01

-20:32-
宇宙天気    
太陽風→  日本時間1日6時過ぎから 500㎞/秒前後の高速風が続いている。 AE指数→ 800nT~1000nTに達する変化があり、磁気圏活動も高まっている。http://swnews.jp/2019/swnews_1902011226.html

カムチャツカ半島付近に発達した低気圧が渦巻いています。明日2日彗星近日点

2019/01/31

-07:14-
◎2月の彗星近日点は6回(2日・5日・11日・16日・25日・26日)です。
彗星近日点付近は気象変化が現れ易いです。

2月の「シャク暦」↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#february 

関東、東海も今日は所々に雨や雪のようですが、十分な雨からは、程遠い状態は続きそうです。昨年12月24日から続く 関東の カラカラ天気 。

渇水と地震
1994年は、各地で春から少雨傾向・・夏には記録的高温、晴天が続き・・ 西日本から関東地方までの多くの地域で 降水量が平年の30~70%に下回った。 翌1995年1月17日兵庫県南部地震が発生した。

渇水後の地震は、その他にも例があり 関東の カラカラ天気 は気になります。

2019/01/27

-14:47-
◎高速太陽風     M 5.7

1月24日→570㎞/秒
1月25日→600㎞/秒

25日の宇宙天気 ↓
http://swnews.jp/2019/swnews_1901251338.html

1/26   17:23   岩手県沖 M 5.7
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/26/2019-01-26-17-23-11.html 

1月27日→450㎞/秒
太陽風速度は下がりはじめました。
日本時間26日22時に(C5.0)の小規模フレアが発生しました。
C5に達するフレアの発生は約1年ぶりです。

2019/01/26

-08:33-
◎今季一番の寒気     

tenki.jp より転載__________________

1/25(金) 16:10配信
tenki.jp

関東にも今季一番の寒気 平野部で積雪も

日曜日にかけて、関東の上空にも強い寒気が流れ込みます。今シーズン一番強い寒気で、平野部でも積雪になる所があるかもしれません。路面の凍結や交通機関への影響などにも注意が必要です。
______________________転載ここまで

◎関東の降水量
関東は今月いっぱいも カラカラ天気 が続きそうです。
1ヵ月の降水量は(0.5ミリ)で 平年の1% 43年ぶりの少雨記録を更に更新しそうです。

気象は地殻の状態を現します。 カラカラ天気も地殻のシグナルです。

 

2019/01/24

-09:11-
◎北日本-ホワイトアウト      

24日朝、寒気が南下して北海道、東北は大荒れ。日本海側中心に見通しがきかないホワイトアウトに・・・北海道東部も記録的大雪になるようです。

26日・27日には再び雪が強まり大荒れ猛吹雪になるようです。

24日 27日)は2月最終の彗星近日点です。28日は下弦トリガー日。

気象が活発なとき 地象活動はうちわです。
地象と気象のエネルギーは同根(佐々木理論)。

*激しい気象活動に見舞われたエリアは、低気圧が去った後の地震発生確率が高いエリアです。

2019/01/22

-08:21-
◎彗星近日点        

2月下旬の彗星近日点は 24日(木)・27日(日) です。

午前6時発表-佐久市の天気予報は1日を通し晴れマークですが
朝から雪が降り続き一面真っ白です。空は灰色一色です。

全国的に、23日(春先の暖かさ)、24日(この時期らしい気温)
26日・27日(寒気が入り込み厳しい寒さ)と報じられています。

彗星近日点付近には気象変化が目立ちます。

2019/01/18

-23:06-
◎18日-彗星近日点 M 5.3        

1/18   21:46  千葉県北東部 M 5.3
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/18/2019-01-18-21-46-33.html

 

宇宙天気ニュース ↓
2019/ 1/18 10:48 更新
太陽風の速度がやや高速になっています。
http://swnews.jp/2019/swnews_1901181048.html

__________________________
__________________________

2019.1.19  -11:06- 記

昨夜 関東にM 5クラスの地震が起きていますが、地殻は現在も緊張状態です。

関東地方は、21日頃まで再びの発震が懸念されます。
>>経過観察  -14:17-  記
午後から次第に地殻の緊張はゆるんできました。
発震しても微小地震でおさまるようです。

2019/01/17

-10:58-
◎18日-彗星近日点付近 (噴火 暴風雪)      

噴火

産経ニュースより ↓

_______________________________
口永良部島が噴火 気象庁が噴火速報発表

鹿児島県口永良部島で発生した噴火をとらえた気象庁監視カメラの映像=17日午前9時32分

 17日午前9時19分ごろ、鹿児島県・口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生し、火口から約500メートルまで噴煙が上がった。気象庁は噴火速報を発表した。火口から飛散する噴石や火砕流に注意が必要だ。

新岳は昨年12月18日に火砕流を伴う爆発的噴火が発生し、噴火が続いていた。同20日には連続噴火が止まったが、その後も高感度カメラによる監視で新岳の火口で白い噴煙が確認されていた。

_______________________________
ξ 暴風雪

産経ニュースより ↓

北海道で暴風雪の恐れ 18日明け方まで警戒を

 気象庁は17日、北海道の日本海側で18日明け方まで猛吹雪になる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。吹雪で全く見通しが利かず運転が困難になる恐れがあるほか、吹きだまりによる交通障害、暴風にも注意が必要だ。

気象庁によると、北海道付近で18日にかけて冬型の気圧配置が強まり、上空1500メートル付近には氷点下21度以下の強い寒気が流れ込む見込み。特に日本海側では17日夕方をピークに猛吹雪になる恐れがあるという。

_______________________________

 

 

2019/01/16

-06:41-
◎爆弾低気圧
低気圧が北海道の北で急発達。
17日の夜から寒気は市街地にも・・・大荒れ。
____________________________

実況天気図

実況天気図

____________________________

低気圧が去り、晴天になった頃 北海道北部付近に地震エネルギー解放が起きそうです。

 

2019/01/13

-15:36-
◎14日は上弦トリガー日

明日は広く晴れるようです。
成人の日に日本海側が晴れるのは かなり珍しい事です。

彗星近日点付近から気象変化が現れ、その後 地象変化が現れてきます。8日から連続した5つの彗星近日点は今日で終わります。
( ※訂正 8日から→9日から )
シャク暦 1月 ↓
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#january 

__________________
上弦トリガー付近 M 4.9

1/13   21:14  福島県沖 M 4.9
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/13/2019-01-13-21-14-53.html
1/14   13:23    茨城県南部 M 4.9
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/14/2019-01-14-13-23-53.html

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2019.01.14  -08:46- 記

◎ 昨日13日の天気予報では、日本海側も広く晴れマークが並んでいたのですが、今日14日(06時発表)の予報では 曇りマークが殆どになりました。

追記 14日(10時発表)天気予報
北海道と新潟は曇りマーク。その他の日本海側は晴れマークが出ました。
______________________________________________________

実況天気図実況

実況天気図

 

2019/01/08

-16:18-
◎明日9日は 1月最初の彗星近日点です。

彗星近日点(特異日)付近から気象変化が始まります。

8日夜から9日 強い冬型
今夜から9日にかけて東北日本海側~北陸(雷も伴う)を中心に雪が強まり吹雪、北部山沿いは大雪に と予報が出ています。

東京都心は、昨年12月24日から 雨が降らず、1月13日にやっと傘マークが出てきますが一時的のようです。

関東のカラカラ天気 異常な気象は地殻の異常も伴っている事が多いです。

8日 M 6.4
1/8   21:39  種子島近海  M 6.4
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/08/2019-01-08-21-39-35.html 

2019/01/07

-07:26-
◎6日新月、7日未明 M 7.0

1/7   02:27   インドネシア付近  M 7.0
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/07/2019-01-07-02-32-11.html

 

-17:47-
太陽   
日本時間6日19時半、半年ぶりにC1.6の小規模フレアが発生した。
7日、太陽風は530㎞/秒 高速太陽風は続いている。

-21:29-
発光現象
:東-南東 の山際が ボーと薄く発光しています。
(茨城県/千葉県)境あたりに
8日頃、小地震エネルギー解放ありそうです。

____________________
>発光結果
1/8  01:35   千葉県南部 M 4.2
https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/detail/2019/01/08/2019-01-08-01-35-34.html